記事タイトルバナー
2012年3月5日
rss

【イオン】
ベトナム1号店を14年上期に出店、ホーチミン市内

 イオンは2014年上期にもベトナム1号店を同国最大の都市、ホーチミン市内にオープンする。同社は昨年10月に同市から1号店の投資ライセンスを取得し、現地法人イオンベトナムを設立。店舗の土地使用権の移転手続きが完了したことに伴い、現地法人は3月2日から事業を開始した。

 

 1号店の「イオンタンフーセラドンショッピングセンター」(仮称)はホーチミン市の中心地から西に7キロメートルのタンフー区にオープンする。敷地面積は3万5120平方メートル。総合スーパー「イオン」を核店舗とし、約130店舗の専門店が入居する予定。

 

 ベトナムでは高島屋も15年初旬にホーチミン市内に百貨店を出店する計画のほか、コンビニエンスストアのファミリーマートとミニストップは現地企業とライセンス契約してフランチャイズ店舗の展開を始めている。

 

 ベトナムの人口は9000万人弱でASEAN(東南アジア諸国連合)加盟国では、インドネシア、フィリピンに次ぐ規模。1人当たりGDP(国内総生産)は1000ドルを超えてインド並みとなっており、今後も消費市場の拡大をにらんだ日本企業の進出が続きそうだ。

過去の記事過去の記事

Special topics

PR

DF online 関連記事

新着記事

記事icon

【第1415回】なぜか 北海道と沖縄県 小売業ランキング 

 現在、小売業界は2月期決算企業の決算発表終盤戦というところにある。  アークス(北海道/横山清社長)とサンエー(沖縄県/上地哲誠社長)と

記事icon

【英テスコ】 2期連続の営業減益、本国での販売不振続く、14年2月期 

 英テスコが発表した2014年2月期の業績(速報値)は、営業利益が前期比6.0%減の33億ポンド(約5700億円)となった。同社は13年2月期に20年

記事icon

【ライフコーポ】 清水会長の資産管理会社から自社株取得、三菱商事が筆頭株主へ ⋯

 食品スーパー最大手のライフコーポレーションは4月16日、清水信次会長兼最高経営責任者(CEO)の資産管理会社である清信興産(東京都)から550万10

記事icon

【ファミリーマート】 ドリップコーヒーSサイズを100円に値下げ 

 ファミリーマートは4月21日、セルフ式ドリップコーヒー「ファミマ・カフェ」のSサイズの価格を現行の税込120円から100円に値下げする。 &nbs

インフォメーション

【ディスプレイコンテスト】

エントリーして陳列技術を腕試し!

【注目店舗】

オープンしたばかりの注目店舗をピックアップ!

【書 籍】

ダイヤモンド・フリードマン社の書籍情報

【統計データ】

最新の統計数値をエクセルデータでご提供!

【DIAMOND流通倶楽部】

未来を切り開く流通学際フォーラム