少年のアビス【最新話】ネタバレまとめ

ネタバレまとめ

こちらでは漫画「少年のアビス」のネタバレ一覧をまとめています。

少年のアビスは毎週木曜日発売の週刊ヤングジャンプに掲載されますので、発売後に「少年のアビス」の最新話ネタバレを更新しています。

少年のアビス【最新話】ネタバレ

U-NEXTで「少年のアビス」連載中の週刊ヤングジャンプが無料で読めちゃいます!

▼少年のアビスの最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTで週刊ヤングジャンプを無料で読む!

▼読みたい話数をクリック!
少年のアビスの各話ネタバレ
55話56話57話58話
59話60話

少年のアビスのネタバレ一覧

60話のネタバレ

玄はチャコの家に来ていた。

玄は、チャコに会わせて欲しいとチャコの父親にたずねる。

チャコの父は、それは出来ないから帰ってほしいと玄を静かに追い返した。
少年のアビス【60話】のネタバレ

59話のネタバレ

玄はこれまで通り、高校へ登校する。

しかし、今日はいつもと違い、やけに他の生徒がザワついているのを感じた。

通り過ぎる同級生殆どが令児の話題でもちきりだった。
少年のアビス【59話】のネタバレ

58話のネタバレ

柴ちゃん先生は一体何が起きたのか直ぐには理解できなかった。

車から降りて状況を確認し、そこで自分が誰に何をやったのかを理解する。

しかし、生存確認も救急要請をすることなく柴ちゃん先生は、令児がいる家へ駆け込む。
少年のアビス【58話】のネタバレ

57話のネタバレ

玄は地元の商店街に原付バイクで来ていた。

車両は通行できないと注意する店のおじさん。

その注意に重ねるように玄は、チャコと令児がこの街から出ていったことを伝える。
少年のアビス【57話】のネタバレ

56話のネタバレ

いつもより深くて暗い嵐の夜。

無情にも仕事中のナギを連れ出したあの時。

死ぬのにはもってこいの日。
少年のアビス【56話】のネタバレ

55話のネタバレ

令児はもうこの町にいないのかもしれないという柴ちゃん先生の言葉に耳を疑う玄。

何を言ってるのか分からなかった玄は、それがどういう意味なのか柴ちゃん先生に問いかける。

しかし柴ちゃん先生は、やっぱり何も知らないという事に呆れてしまい、時間の無駄さを感じてしまう。
少年のアビス【55話】のネタバレ

少年のアビスなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、少年のアビスのコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【少年のアビス】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらます!

合わせて他にも下記のVODサービスを活用すれば、コミックス3〜4冊を無料で読むことができます。

サービス名無料ポイント読める冊数
U-NEXT600pt
(600円分)
今すぐ1冊分が無料で読める
FOD900pt (※)
(900円分)
1〜2冊分が無料で読める
music.jp600pt
(600円分)
今すぐ1冊分が無料で読める

※FODは登録時100ポイント&8日、18日、28日に400ポイントずつ貰える

少年のアビスのあらすじ

黒瀬令児には未来はありませんでした。

担任には大学進学を進められるも、この町から抜け出せないと、将来を悲観していた彼。

看護師である母親に育てられ、認知症を患ってしまった祖母と引きこもってしまった兄。

そんな家族を放っておけない、母親を少しでも楽にさせてあげたいと就職を希望していた令児。

でもこの町にいれば、ずっと囚われてしまう事になる。

幼馴染のチャコに誘われる様にこの町から抜け出そうとするも、母親を捨てる事が出来ず、将来をこの町で過ごすのだと、そう決めていた自分の人生に令児は囚われていました。

かつての幼馴染の玄の小間使いとしてタバコを買いにいかされ、生活苦の母を一人には出来ず、自分の人生を歩めない令児。

唯一の心のよりどころは、アイドルの青江ナギが歌い踊る姿を見る事。

そんなささやかな幸せにしがみつく人生の中で、偶然に出逢ってしまった彼女。

コンビニのバイトをしている青江ナギと偶然に出逢ってしまった令児。

何かが始まろうとして、そして終わりに向かおうとしていました。

少年のアビスの見どころ

若き青少年の心の闇を投影する透明感のある作風で、死を彩り輝かせる内容で進んでいく。

深淵の物語となる「少年のアビス」は、漫画家・峰浪りょう先生によって描かれていく作品です。

主人公の令児は、閉塞していく己の人生に悩む青少年として登場し、家族の事や自分が住む町でのこれからの人生で、一つの局面に向かっていました。

そんな中で、スマホ越しの世界の住人であるナギと出逢ってしまいます。

彼女の闇と関わっていくことで、人の持つ心の闇が今作の根幹のテーマとなっています。

登場人物達の心の闇に触れながらも、ナギの心の闇に深く飲み込まれ囚われてしまう令児の深淵、アビスの深さが最大の見どころとなります。

幸せとはと考えてしまう時に、自分を見詰め直させてくれる、そんな心の響く作品です。