ブルーロック【101話】最新話ネタバレ!潔が見つけた生き残るためのプレー

最新話ネタバレ

2020年9月23日に週刊少年マガジン43号に掲載された「ブルーロック」(金城宗幸/ノ村優介)の最新話【101話】のネタバレと感想をまとめました。

焦る潔は千切のプレーから、生き残る手段を見つけました。

”直撃蹴弾”の撃てるポイントのゴール前でチャンスを待つことに専念する潔。

士道と凛の相性が最悪だと気づいた潔は、これがつけ入るピースかもしれないと思いました。

【ブルーロック】全話ネタバレ

ブルーロック【101話】最新話ネタバレ

2人を繋げる動き

険悪になる士道と凛。

凛は頭で計算して、シュートポイントにたどり着いた。

そして士道は直感的に、ゴールを決められる場所に飛び込んでいる。

だから2人はぶつかってしまったのだ。

凛と士道は、自分のゴールのためにしかプレーをしていない。

だからこそここまで登り詰めた。

そんな2人が同じチームで共存できるのか…

2人は交わらない、そう潔は思った。

潔がこのチームでできる武器は、凛と士道を”連動させる”動きかもしれない。

あと1点奪われたら、試合が終わってしまう。

潔は自分の存在を示すために、やるしかないと覚悟を決めた。

乙夜と烏のしつこいマーク

失敗は許されない中、試合は再会した。

凛は氷織とのワンツーで攻めていくが、乙夜が凛をマークしている。

「パスを出してみろ」と乙夜は挑発。

氷織は乙夜にやりにくさを感じていた。

潔は奥へは仕込んで、凛たちに俺を使えと叫びパスをもらおうとする。

「いいとこ走っているけど逃さない」と烏にマークされた。

結局烏を突破しなければ、潔は何もできないままだ。

すると七星が走り込んできた。

凛と士道の動きは、天才すぎて理解ができない。

「潔さんの動きならイメージが合う」と言う七星。

凛を意識してサポートする潔の動きを読んで、近くでサポートしようとしている。

チームワーク

いけると思った潔。

氷織はパスを出す。

潔は、七星に一瞬気を取られている烏の死角を狙う。

バッシングスルーパスで烏を交わした潔。

潔はゴールへのビジョン見えた。

ここからシュートは少し遠く、千切が邪魔な場所にいる。

凛が来ていて、パスを出せばゴールを決めてくれる。

しかし乙夜にマークされていて、かなり難易度の高いパスでなければボールを奪われる。

チームで掴んだ1点

士道がボールをもらいに、潔の方に走り込んでいた。

しかしゴールは士道の背中側だ。

ワンツーで潔が千切を外して、士道が撃つコースを作るための動きだと気づく。

潔からパスをもらった士道は、軸回転でドライブシュートを決めた。

この士道の能力があれば、ペナルティーエリア内は無双可能だ。

そんな人間にパスを求めたのがバカだった、そう潔は思った。

七星が近くにいてくれたことで、潔の選択肢は広がり今のゴールが生まれた。

潔がお礼を言うと、「ついていけるのは潔さんだけなので、もっと使ってください」と言う七星。

そして潔は新しい関係性を見つけて、試合にも入れてきた。

あとはゴールを決めるだけ。

終わらせない

試合が再会して、潔は烏からボールを奪おうとする。

「お前じゃムリだ」と凛が加わる。

弱いのしかつぶせないのかと、烏を挑発する凛。

潔は2人の眼中になさそうだ。

凛と烏は手足を使い、激しい攻防を繰り広げる。

タイミングよく肘を上げて、烏の手を弾いて距離感をつぶす凛。

そこで烏は抜くのを諦め、パスを選んだ。

烏が一旦下げてパスを出そうとした時、2人の死角から潔が現れる。

ボールを奪った潔の反撃が始まろうとしていたのだった。

感想

試合の展開がコロコロ変わり、読んでいてとても楽しいです。

潔もやっと流れに入れるようになりました。

士道と潔のコンビネーションが生まれれば、最強のチームになるのにと思ってしまいます。

プレーに合わせてくれる七星の存在は、潔にとって大きいはずです。

2人がうまく機能すれば、チームプレーがやりやすくなるのかなと思いました。

もしボールを奪われゴールを決められたら試合終了。

そんな中潔はゴールを狙っていますが、少し不安な部分もあります。

ここから潔は反撃できるのか、次回は注目したいです。

まとめ

以上、「ブルーロック」【101話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ブルーロック」【102話】ネタバレあらすじの掲載は9月30日の予定になります。

「ブルーロック」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ブルーロック【最新話】ネタバレまとめ