ブルーロック【102話】最新話ネタバレ!潔のあと一歩は凛との差

最新話ネタバレ

2020年9月30日に週刊少年マガジン44号に掲載された「ブルーロック」(金城宗幸/ノ村優介)の最新話【102話】のネタバレと感想をまとめました。

潔がこのチームでできる武器は、凛と士道を”連動させる”動きかもしれないと覚悟を決めました。

乙夜と烏のしつこいマークにも耐えながら、潔は食らいついていきます。

士道がゴールを決め同点になり、いよいよ潔の反撃が始まろうとしていました。

【ブルーロック】全話ネタバレ

ブルーロック【102話】最新話ネタバレ

潔たちのコンビネーション

烏からボールを奪った潔。

潔の動きに、七星と氷織は連動している。

そこで潔はカウンターアタックを選んだ。

目の前には乙夜が立ちはだかる。

乙夜の戻りは早いが、七星が潔をフォローして動き回っていた。

そして氷織の抜群のパスセンス。

敵の陣形が戻る前に、潔たち3人は中盤を切り崩そうとしていた。

七星にパスの指示を出した潔。

ここで外に展開すれば、氷織をフリーにできる。

パスをもらった氷織だが、前から千切が迫っていた。

千切が距離をつめてくる前に、氷織はシュートかパスを出す相手を探す。

周りを確認する氷織の前に、士道が現れた。

あと一歩

さっきと同じように士道はボールをもらおうとして、氷織の近くに走ってくる。

その裏が、一瞬だけ生まれる無人空間なのだ。

そこが士道を”凌駕”する潔だけのシュートポイントになる。

走り出した潔に合わせて、氷織はパスを出した。

2人の完璧なイメージ共有だ。

最後のピースはここしかないと、潔は足を精一杯伸ばす。

しかしボールまであと一歩届かない。

見えていたのに、理解しているのに…

潔は自分の身体能力では、届かないのかと思ってしまう。

乙夜がクリアして、そのこぼれ球に凛と烏が競り合いながら走り込んでくる。

凛は競り勝つ、潔は信じていた。

潔には届かない最後の一歩だが、凛なら届く。

そして潔はシュートを決め、4-4の同点に追いついた。

氷織のアドバイス

凛はシュートを撃つ瞬間、烏の身体を引っ張る力で軸をブラさずに蹴っていた。

「あの凡が活性化してから、別チームになっててムカつく」と言う烏。

潔・七星・氷織は、凛と士道に役に立てている。

何ができるか”主張”して、チームとして”共存”。

しかし潔がしたいサッカーではなかったのだ。

「あと一歩だったね」と氷織に声をかけられる。

潔はナイスパスと伝える。

あのタイミングであそこにしか出せなかったと言う氷織。

潔は「あのパスは完璧だ、ただ俺の身体能力では届かなかった」と悔しがる。

思考は合っているのに、体が追いついてこない。

「頭で考えていたら遅い」と氷織は言う。

ここまでの戦いは今までのスピードで、通用する相手だったかもしれない。

凛と士道の間でゴールを狙うなら話は阿部つだ。

あの2人と同じ身体能力ではないのに、同じプレースピードをイメージしても足りない。

それならばもうどうすることもできない、そう潔は思ってしまう。

すると氷織は「その思考の反射をやってみて、感じる世界が変わる」と言った。

あと1点

次にゴールを決めたチームが勝利となる。

ボールをキープする烏の前を、凛がマークする。

烏が乙夜にパスを出そうとした時、潔がやってきた。

「読んで挟みに来たのか?お前の抜けたスペースが狙いだ」と言う烏。

そして烏は大きなパスを出した。

そのボールは千切に繋がろうとしている。

右サイドを完全に抜け出され、やばいと潔は思った。

千切よりも先にボールに触れたのは士道だ。

自分が決めると、潔は意気込んでいたのだった。

感想

なんとか同点まで追いついた潔たち。

うまく3人が機能して、チームとしてパスを繋げています。

連携するようになり、5人のコンビネーションが良くなりました。

あと1点で勝敗がつきます。

どんなミスも許されない状況で、潔はゴールを狙っています。

代表を目指すなら、ゴールを決めるのは必須かもしれません。

烏に目をつけられている中、潔がゴールを決めるのは厳しいと思いました。

七星や氷織もチャンスがあれば、アピールしたいはずです。

どちらが勝者となるのか、次回も楽しみです。

まとめ

以上、「ブルーロック」【102話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ブルーロック」【103話】ネタバレあらすじの掲載は10月7日の予定になります。

「ブルーロック」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ブルーロック【最新話】ネタバレまとめ