ブルーロック【103話】最新話ネタバレ!潔がついに覚醒する

最新話ネタバレ

2020年10月7日に週刊少年マガジン45号に掲載された「ブルーロック」(金城宗幸/ノ村優介)の最新話【103話】のネタバレと感想をまとめました。

最後のピースはここしかないと潔は足を伸ばすが、ボールまであと一歩届きません。

何ができるか”主張”して、チームとして”共存”しなければならない潔。

次のゴールは自分が決めると、潔は意気込んでいました。

ブルーロック【全話】ネタバレ

ブルーロック【103話】最新話ネタバレ

氷織のアドバイス

4-4に追いついた潔たち。

七星は潔にパスを繋げる。

ボールをもらった潔は行くぞと、残された最後の攻撃だと気合が入っていた。

凛と士道を超えるビジョンが見えたとしても、今の潔の身体能力ではたどり着けない。

その思考を反射でやってみたら、そう氷織は言った。

それがどう意味なのか考える潔。

潔の読みは見て考えて、動くから成り立つ武器だ。

それを反射でするなんて人間にできることなのか…

仕掛ける潔たち

潔の前には烏が立ちはだかる。

「息の根を止める」と烏は言う。

烏はずっと嫌な位置にくる。

すると凛がパスを要求してきた。

潔は凛が連動してくれていて、七星も来ているのに気づいた。

このトライアングルなら、烏と乙夜相手でも抜ける。

密集した高速パスで押し上げていく潔たち。

その裏で待っていた氷織に、潔はパスを出した。

氷織に左サイドから切り崩してもらう作戦だ。

すぐに千切がマークにつく。

潔は氷織に向けて、心の中で頼むとつぶやいた。

氷織がお明日を上げるタイミングに、凛と士道は合わせて駆け上がる。

この超混戦を制した人間がゴールを手にする、そう潔は思っていた。

自分を信じる潔

凛と士道のいない空間に飛び込んでも、潔の身体ではさっきのように届かない。

それならどこを狙うべきなのか…

士道の裏が空いたのに気づいた潔だったが、凛の死角かと悩んでしまう。

”見て”から”考え”ていては遅いのだ。

潔はそんな思考回路ではダメだと感じた。

頭で考えるのではなく、感覚で動く。

潔は自分の全能力・全神経・全感覚を信じて動いていく。

この一瞬に”反射”する。

氷織のパスに、士道と凛が反応する。

その2人の間を割っていく潔。

凛と士道は、反応した潔に驚く。

そして潔のシュートは、ゴールキーパーをすり抜けネットを揺らした。

5-4でAチームの勝利となった。

どうやったかわからないが、凛と士道を超えた実感があった潔。

挑戦的集中への没頭状態”FLOW”。

絵心は「奇跡を起こす方程式に入ったな」と言ったのだった。

感想

潔のゴールで、勝負が決まりました。

もがきながらもゴールを決められないのかなと思っていました。

氷織のアドバイスがきっかけとなり、潔は覚醒したようです。

まさか凛と士道を超えてくるとは…

このプレーは、潔の自信につながるはずです。

気になるのは絵心が、潔のゴールをどう捉えているかです。

TOP2を超えてきた潔。

絵心は絶対に抜かれるなと、上位のメンバーに言っていました。

潔のプレーをどう評価するのか、次回は絵心のコメントに注目したいです。

まとめ

以上、「ブルーロック」【103話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ブルーロック」【104話】ネタバレあらすじの掲載は10月14日の予定になります。

「ブルーロック」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ブルーロック【最新話】ネタバレまとめ