【ブルーロック:104話】最新話ネタバレ!潔が感じたあの感覚の正体

最新話ネタバレ

2020年10月14日に週刊少年マガジン46号に掲載された「ブルーロック」(金城宗幸/ノ村優介)の最新話【104話】のネタバレと感想をまとめました。

氷織のアドバイスを参考に、潔は超混戦を制した人間がゴールを手にすると考えました。

そして氷織のパスに士道と凛が反応するが、2人の間を割った潔がそのままシュートを決めます。

モニターで試合を見ていた絵心は「奇跡を起こす方程式に入ったな」と言いました。

【ブルーロック】全話ネタバレ

【ブルーロック:104話】最新話ネタバレ

歓喜の瞬間

三次選考”トライアウト”。

5-4で凛・士道・潔・七星・氷織のチームAが勝利を手にした。

七星は興奮しながら潔に駆け寄り、すごいとシュートを褒めてくれる。

スーパーゴールと言いながら、七星は潔に抱きついた。

「あんだけ届かなかった2人を追い抜いてゴール、どうやったんだ」と興奮が収まらない七星。

潔自身もよくわかっていなかった。

なんとなく氷織に言われた通りにプレーしたのだ。

思考を”反射”でやったら、潔の身体は2人の間を走っていた。

士道は潔に「いいぞ、お前の細胞がスパークしている」と言う。

潔の爆発が好きになりそうだと士道は話した。

相変わらずの士道と凛

「自分でシュートの内訳すら理解できないのに、やっぱりお前イラつく」と言う凛。

士道は凛に認めろと話しかける。

他人の動きを認められない2流は3流だと…

「少なくともラストプレーのナンバー1は潔だ」と言う士道。

凛は試合は終わったと、何をしてもカードは出ないと言い返す。

潔たちが止めに入るが、士道と凛は殴り合いを始めてしまう。

味方にゴールを奪われてヘラヘラしている士道。

凛はそんな士道が世界一にはなれないと言う。

そして士道は他人の美しさが見えない凛が、世界一になれるかと言い返す。

烏は「こんな奴らに負けたのか」とつぶやく。

選考中のそれ以上の暴力は失格とするとアナウンスが流れた。

「直ちに解散して、次の試合に備えろ」と指示が出される。

こうして三次選考”トライアウト”の第一試合は終わった。

大事な分析

モニタールームでゴールシーンを見直す七星と潔。

潔はフェイントから烏の裏を抜ける。

そのまま乙夜と凛の死角に潜り込んでいた。

「この時は全部思いついてから動き出したのですか?」と七星が尋ねる。

潔は考えながら動きながら、反応している感じだと答えた。

そしてラストは凛と士道の間を避けながら、抜け出してシュートを打っている。

その全部が一瞬の感覚だとわかり、七星はすごいと言う。

「こんな複雑な動きは初めてできた」と言う潔。

氷織もまさか潔がシュートを決めるとは思っていなかった。

凛か士道がゴールを決めると思って、氷織はパスを出していた。

「自分のプレーを見返して分析するのは大事」と氷織は話す。

潔の夢中な状態

潔は氷織に、なんで”反射で思考しろ”とアドバイスをくれたのか尋ねる。

このアドバイスがなければ、あのゴールは生まれていなかった。

かなりのゲーマーの氷織は、テトリスを例に説明していく。

最初はゆっくりとしたスピードから始まり、どんどん落ちるスピードが早くなる。

そして最後は考える暇もなくなってしまう。

「凛くんたちと共存できるスピードは、それぐらい難しいこと」と氷織は話す。

ブロックを消すためのノウハウは知っている。

”把握”して”思考”して”行動”することだ。

すごいゲーマーは脳でそれを超高速で処理。

反射で自分にできる最善のボタンを入力している。

「サッカーでも同じこと、当てはめて考えてみて?」と氷織は言う。

潔はあの瞬間、能力の全てを同時に超高速で処理できていた。

だから誰よりも早く、あのシュートポイントにたどり着けたのだ。

「それは今までの蓄積があってこそ」と氷織は話す。

他者からは急にすごいことができたように見える。

でも実際は”できること”が、一瞬に象徴されてスピードが跳ね上がっただけ。

「新技ではなく、内容はそのままで本体のアップグレードだ」と言う七星。

潔はあの感覚の正体は、自分で自分を忘れるほどの”トリップ”だと気付いた。

やり切った3人

あのゴールは、いろんな条件が重なって生まれたと思った潔。

凛と士道がやり合っていたから、潔は裏で動きやすくなっていた。

何より七星と氷織がいなければ無理だったと、潔はお礼を伝える。

七星は、潔にしかついていけなかっただけだと話す。

凛と士道の動きは、七星には異次元すぎて理解できない。

でも潔のプレーなら、ギリギリついていけると思った七星。

「そのおかげでプレーの幅が増えたしいいよ」と潔は言う。

氷織はいつも通りプレーしていた。

最後にあんな面白いゴールが見れて、テンションが上がっていた。

「潔のゴールで僕らも存在アピールできた、3人ともできることはやったと思う」と言う氷織。

3人とも後悔はなく、あとは結果を待つだけだった。

潔は新しい感覚を手に言いれたが、まだものにはできていない。

”トリップ”するあの感覚の再現性を高め、自由自在に使えればもっと高みにいけると潔は思った。

そして第二試合が始まろうとしていた。

チームA対チームC。

御影はやっとここまできたと気合が入っている。

「俺をちゃんと見てろよ」と御影は凪に声をかけた。

そして御影が凪の隣で戦える第二試合が始まったのだった。

感想

凛たち3人は、全力を出し切れたようです。

そしてゴールを振り返ったことで、潔はトリップだと気づきました。

トリップをものにできたら、潔にとって大きな武器になるはずです。

一番気になるのは、絵心が3人のプレーをどう評価したのかです。

全試合が終わってからになりそうなので、結果がとても待ち遠しいです。

凛と士道は、第二試合に臨んでいます。

潔たちとメンバーチェンジしたチームで、2人がどうプレーするのか少し不安です。

そして御影にとっては、凪の隣で戦える大事な一戦です。

御影は復活できるのか、第二試合も楽しみです。

まとめ

以上、「ブルーロック」【104話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ブルーロック」【105話】ネタバレあらすじの掲載は10月21日の予定になります。

「ブルーロック」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ブルーロック【最新話】ネタバレまとめ