ブルーロック【105話】最新話ネタバレ!雪宮と凪の超異次元対決

最新話ネタバレ

2020年10月21日に週刊少年マガジン47号に掲載された「ブルーロック」(金城宗幸/ノ村優介)の最新話【105話】のネタバレと感想をまとめました。

チームAが勝利を手にして、潔のゴールにみんなも興奮していました。

モニタールームでゴールシーンを見直す潔は、あの感覚の正体が”トリップ”だと気付きます。

そして御影が凪の隣で戦える第二試合が始まりました。

ブルーロック【全話】ネタバレ

ブルーロック【105話】最新話ネタバレ

負けられない試合

”トライアウト”第二試合が始まった。

玲王はナギに選ばれなかった時より、成長している自覚があった。

凪に追いつくために、玲王は必死に勝ち上がってきたのだ。

でも凪は、玲王のまだ先にいる。

玲王はこの試合で、凪の隣には自分しかいないと証明するつもりだった。

玲王のマークには蟻生がつく。

凪の欲しい球もタイミングも一番知っている玲王がパスを出す。

そのパスは凪に繋がらず、高校No.1高身長の石狩に奪われてしまった。

石狩から凛に繋がり、士道もカウンターを狙いにいく。

五十嵐は「俺を支え」と凛に叫ぶ。

凛にパスを出してもらい、ランキングNo.1からのパスだと五十嵐はテンションが上がる。

今凛とカウンターを決めている、そう五十嵐は思った。

五十嵐の運命

五十嵐の前には玲王が立ちはだかる。

簡単にはいかせてくれない玲王に、五十嵐の表情が歪む。

ゴール前では、五十嵐にパスはこないだろう。

ここが五十嵐にできるラストパスだった。

士道か凛、どちらに出すべきか五十嵐は考える。

どっちの天才についていくべきなのか…

ここが運命の分かれ道だと感じた五十嵐。

2人のどちらが次のステージへ引き上げてくれるのか、ついていく天才を間違えてはならない。

「何をしているんだ」と士道に怒鳴られ、五十嵐は焦ってパスを出してしまった。

士道へのパスを奪おうとする我牙丸。

我牙丸は高いジャンプでパスを奪い、雪丸へとパスを繋いだ。

雪宮の自信

雪宮のマークにつく凛。

一度止まった雪宮は、あっという間に凛を抜き去った。

ボールを動かしながら、敵の重心をずらしている。

一気にスピードを上げて抜きさる雪宮のテクニックに、玲王は驚いた。

凛が1対1で子供扱いされているのだ。

サッカーの基本は1対1でそのシチュエーションに持ち込めば、日本最強だと雪宮は自負している。

それを聞いた士道は面白いと、雪宮の前に立ちはだかる。

雪宮はノロマと挑発する。

蜂楽のテクニックとアイデアでかわしていくのが”柔”のドリブルだとすれば…

雪宮はパワーとスピードで押し切る”剛”のドリブルだ。

これがNo.5雪宮の1on1のエンペラースタイルだった。

超異次元共演

士道もあっさりと抜かれてしまう。

五十嵐と石狩もカバーに入る。

玲王が使えと指示を出しても、それはないと雪宮は言う。

ゴールまで30mでコースがない中、雪宮はシュートを放った。

雪宮のシュートは急激に堕ちながら、外に逃げていく。

平和主義者だと言う雪宮を、玲王は化け物だと思った。

ゴールの前に蟻生が現れる。

五十嵐は止めろと叫ぶ。

さらに凪までやってきて、足でシュートを止めた。

雪宮の強力なシュートをピンポイントで止めた凪に、玲王は驚いていた。

雪宮のジャイロシュートと、凪のスーパートラップ。

これが超異次元共演だった。

凪はそのままシュートを決めてしまう。

玲王が知っていた凪ではなくなっている。

「ごめん、奪っちゃった」と凪は言ったのだった。

感想

凪は潔たちを選んでから、さらに成長しています。

ずっと一緒にサッカーをしていた玲王も、凪の成長には驚いていました。

サッカーの楽しさを知ったことが、さらに成長できた理由かなと思います。

第二試合の先制点は、凪のシュートでした。

ボールを奪われた雪宮は、さらにスイッチが入ったのではないでしょうか。

まだ試合は始まったばかりですが、ワクワクする展開が盛りだくさんでした。

次回はどんなプレーが見れるのか、とても楽しみです。

まとめ

以上、「ブルーロック」【105話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ブルーロック」【106話】ネタバレあらすじの掲載は10月28日の予定になります。

「ブルーロック」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ブルーロック【最新話】ネタバレまとめ