ブルーロック【106話】最新話ネタバレ!新たなスタイルを見つけた玲王

最新話ネタバレ

2020年10月28日に週刊少年マガジン48号に掲載された「ブルーロック」(金城宗幸/ノ村優介)の最新話【106話】のネタバレと感想をまとめました。

”トライアウト”第二試合が始まりますが、凪は玲王のまだ先にいました。

No.5雪宮は1on1のエンペラースタイルで、士道たちを抜いていきます。

雪宮のシュートを凪が止め、そのままシュートを決めました。

ブルーロック【全話】ネタバレ

ブルーロック【106話】最新話ネタバレ

遠い凪の背中

凪のシュートが決まり0-1になる。

玲王は今のゴールは、自分では生み出せないと思っていた。

雪宮のドリブル突破からのジャイロシュートを、止められると判断して凪はトラップしていた。

あれは連動ではなく、スーパープレーをぶつけ合うことで高めあう2人の関係性。

今の玲王では、凪と雪宮のレベルには届かない。

もう凪を満足させられない、そう玲王は感じた。

楽しそうな顔を見せる凪。

やる気なさそうにパスを受けていた凪は、もういなくなっていた。

目の前にいる凪を見て、玲王は自分の宝物ではなくなったんだと痛感する。

化け物たちの化学反応

プレーは再開して、士道と凛がパスを回していく。

相変わらず言い合いをしている2人。

士道と凛をみた玲王は、やはりTOP6は別格だと思う。

並の人間がどれほど努力してもたどり着けない武器を持つTOP6。

それに対して、玲王は武器を持っていないバランス型のオールラウンドプレイヤーだ。

どれほどプレーの質を高めても、玲王のMAXは99点止まりのまま。

このスペックでどのようにTOP6に立ち向かえば良いのか、玲王は分からなかった。

五十嵐は凛からパスをもらおうとする。

しかし凛がパスを出したのは、石狩だった。

石狩は高さを生かして、ヘディングで蟻生にパスを繋げる。

高身長同士でのヘディングパスから、フィニッシャー凛のシュート。

そんな化け物たちの化学反応を、玲王は止めることができない。

1-1の同点になる。

吹っ切れた玲王

玲王は今までの人生で、欲しいものは全て手に入れていた。

そんな玲王にも手に入らないものが、サッカーの世界にはあるのかもしれない。

”ワールドカップ優勝””世界一のストライカー”

TOP6はそれ以外に何も求めていない人間だろう。

それ以外のものでは昂れないのがTOP6なのかもしれない。

とんでもないバカだからこそ、眩しく見えるんだと思った玲王。

青い監獄で負けて帰っても、玲王は生きていける。

玲王はくだらないと思った。

あそこに戻っても、”退屈”しかないのだ。

玲王がほしいものは青い監獄にしかないのだ。

このまま消えてしまう夢なら、玲王は全部脱ぎ捨ててバカになることにした。

玲王の新たなスタイル

雪宮のプレーで再開するが、五十嵐がマークに付く。

あっさりと抜きさる雪宮。

しかし凛にボールを奪われてしまう。

そのこぼれ球を手にしたのは玲王だった。

どれだけ能力を高めても99点の人間ならば…

玲王の才能は、オールラウンドに全てを高水準でプレーできる”器用さ”だ。

勇気を持って開き直ることにした玲王。

もう器用貧乏ではない。

玲王はこのオール99点の能力で、TOP6と渡り合う。

凪がパスを求めるが、玲王は出さない。

青い監獄で凪が変わっていくように、玲王も何色にも変わっていくのだ。

そして玲王は蟻生を超すシュートを放った。

まるで雪宮のジャイロシュートのような軌道で飛んでいくボール。

玲王のシュートが決まり、1-2になる。

”カメレオン”が玲王の新しい戦法なのだった。

感想

玲王が一皮剥けました。

どんどん成長する凪に、玲王は置いてかれていました。

ここにたどり着くまで、かなり厳しい試練を乗り越えている玲王。

TOP6との差を痛感した玲王は、新たなスタイルを見つけ出しました。

このシュートを凪がどう思ったのか、とても気になりました。

玲王のプレーで、士道と凛は刺激されたはずです。

蟻生と石狩、そして五十嵐にとっても負けられない試合です。

次の1点を奪うのはどちらのチームなのか、次回も楽しみです。

まとめ

以上、「ブルーロック」【106話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ブルーロック」【107話】ネタバレあらすじの掲載は11月4日の予定になります。

「ブルーロック」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ブルーロック【最新話】ネタバレまとめ