ブルーロック【109話】最新話ネタバレ!U-20日本代表はブルーロックにとっては通過点

最新話ネタバレ

2020年11月25日に週刊少年マガジン51号に掲載された「ブルーロック」(金城宗幸/ノ村優介)の最新話【109話】のネタバレと感想をまとめました。

1絵心が考えたチームは、凛を中心として超攻撃特化型布陣になっていました。

次々とメンバーが発表され、ラストピースは”主張”と”共存”を繰り返した人物を選んだ絵心。

そのラストピースは、凛の最良のパートナー・潔でした。

ブルーロック【全話】ネタバレ

▼ブルーロックの最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

ブルーロック【109話】最新話ネタバレ

士遠が選ばれなかった理由

名前を呼ばれた潔は、右手でガッツポーズをして喜ぶ。

”ブルーロック”のレギュラーに選ばれた潔。

選ばれなかったメンバーの中でも、一番悔しがっていたのは馬狼だ。

「なぜ士遠君が選ばれてないんですか?」と雪宮が、絵心に尋ねる。

士遠はゴールも決め、No.2だったのに…

トライアウトで1試合平均2ゴールをあげ、凛に次ぐストラーカーとしての能力を見せた士遠。

プレー以外の素行は目に余る。

それでも士遠の個人能力値は、高いスコアを叩き出している。

そして士遠のゴールは、全て個人技で奪っていた。

つまりこのトライアウトの中で、士遠は凛と化学反応を一度も起こせていなかったのだ。

そして選考終了直後の暴行。

もしU-20の試合中に始まったら、一発でレッドになり圧倒的不利に陥る。

「以上の理由で、凛と士遠を同じピッチに立たせるべきではないと判断した」と答えた絵心。

ブルーロックと冴

今のメンバーでは、士遠というエゴイストを扱いきれない。

士遠のプレーレベルを引き上げる人間が、”ブルーロック”には存在しないのだ。

でも士遠の能力を使わないのは、もったいないのではと雪宮が言う。

だから絵心は、士遠をチームが窮地になった時凛に代わる”切り札”にしたのだ。

戦場の流れを一変させる劇薬として、緊急時に試合に投入するつもりだった。

しかし絵心がメンバーを決めた後、不乱蔦から電話がかかってきたのだ。

内容は冴がU-20の日本代表のFWに、不満を持っているというもの。

冴のいう条件を飲まなければ、集客の見込めない試合は中止になってしまう。

このまま”ブルーロック”も自然消滅だと脅してきた不乱蔦。

冴の出した条件は、”ブルーロック”から冴の臨人間をU-20の代表に加えることだった。

冴が選んだ男

今から3時間前、士遠は拘束されていた。

士遠が部屋から出せと抵抗していると、部屋の扉が開く。

「悪魔君、お前にここは狭いだろ」と言う男。

その男は冴で、士遠のエゴが欲しいと話す。

冴は士遠に、自分のために暴れろと言った。

冴が選んだのは士遠なのだった。

そして支援は、U-20の日本代表として凛たちと戦う。

絵心の中で、凛か士遠のどちらかの選択しかなかった。

凛の個人技は周囲を巻き込み、相乗効果を生む。

それに対して士遠は誰とも連動しない自己完結型。

同じ個人技でも、性質の異なる2つのエゴイズム。

絵心の選択が正しかったかは、15日後の試合で分かるだろう。

ゴールではない

ベンチ入登録可能選手は23名。

レギュラーメンバー以外の残り12人は、まだ決まっていない。

今回落選したメンバーは、アピールしてその座を掴むことになった。

負けたら”青い監獄”の消滅。

そして皆の未来も消える一戦だ。

残された時間は15日。

その時間で絵心は、U-20日本代表を粉砕するチームを作っていく。

「全てを賭けて挑め、これから失敗は許されない」と話す絵心。

凛は、こんな試合は世界一までの通過点だと言う。

蜂楽や凪なども、試合を楽しみにしている。

レギュラーに選ばれることは、ゴールではないのだ。

”ブルーロック”は、U-20に勝ってその先の世界へ行くためのチーム。

そして絵心は「そのエゴだ、これより”最終合宿”を始める」と言ったのだった。

ブルーロックなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ブルーロック【109話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、「ブルーロック」のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-nextU-NEXTで【ブルーロック】を無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえます!

感想

冴が選んだのは、まさかの士遠でした。

絵心は、ブルーロックでは士遠を扱いきれないと言っていました。

日本代表なら、士遠と化学反応を起こせるメンバーがいるかもしれません。

士遠が”共存”できるようになったら、さらに強くなると思います。

そしてブルーロックは、最終合宿でチームを叩き上げることになりました。

ベンチ入りの12人はこの合宿で選ばれるはずです。

馬狼などレギュラー入りできなかった人たちが、どのようにアピールするのか楽しみです。

まとめ

以上、「ブルーロック」【109話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ブルーロック」【110話】ネタバレあらすじの掲載は12月2日の予定になります。

「ブルーロック」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ブルーロック【最新話】ネタバレまとめ