ブルーロック【113話】最新話ネタバレ!潔たちが痛感した世界への壁の高さ

最新話ネタバレ

2021年1月6日に週刊少年マガジン6号に掲載された「ブルーロック」(金城宗幸/ノ村優介)の最新話【113話】のネタバレと感想をまとめました。

ブルーロックとU-20日本代表の大一番を迎え、潔たちは不思議と落ち着いていました。

愛空は潔に声をかけ、今日士道は出ないと伝えます。

潔は、自分のゴールで世界を変えると意気込んでいました。

ブルーロック【全話】ネタバレ

▼ブルーロックの最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

ブルーロック【113話】最新話ネタバレ

超攻撃型ブルーロックシステム

U-20日本代表のスタメンに士道がいないとわかり、ブルーロックのメンバーは驚く。

絵心は気にするなと言う。

ブルーロックがやることは変わらないのだ。

「作戦を遂行しろ原石たちよ」と言う絵心。

”ブルーロック”イレブンが、ついに始動した。

試合が始まり、凛からパスを受け取る潔。

潔は自分のゴールで、世界を変えると気合十分だ。

ボールを持つ潔の前には、冴が立ちはだかる。

ブルーロックの攻撃の形は、潔・凛・凪の3人で組み立てる中央の三角関係が基本。

このフォーメーションの基本は、凛を1トップにした4-5-1型になっている。

これは守備の時のもので、攻撃時は中核のキーマン・烏が位置を下げる。

そしてセンターバック2人の間に入って、スリーバックを形成。

両サイドバックが位置を上げ3-6-1になり、中盤に人数をかけた爆薬陣形で戦う。

ストライカーだけの人選だからこそできるフォーメーション。

どこからでも点を奪えるようになっていた。

絵心はこれが、超攻撃型”ブルーロック”システムだと言った。

潔が感じる手応え

U-20日本代表は、ブルーロックが手数を増やしたことに気付く。

相手が対応するまでの一瞬を逃してはいけない。

潔は蜂楽にパスを出した。

颯が来るかと、蜂楽を挑発する。

すると蜂楽は速いダブルダッチフェイントで翻弄する。

それを見た颯は来ると思ったが、蜂楽はトップスピードのまま空中突進回転で抜き去った。

蜂楽は間髪を入れずに、ゴール前へ押し込もうとする。

周りを確認した蜂楽は、最高のプレーに最適に連動している潔にパスを出す。

U-20日本代表もこの試合も俺たちでぶっ壊そうと…

裏を抜けた完璧な蜂楽のパスに、潔は反応する。

俺たちはいける、そう潔も思っていた。

潔が見つけた目標

しかし目の前に愛空がいて、ヘディングでクリアされてしまう。

なぜ愛空がここにいるのかと、潔は驚く。

愛空の今のプレーは、全部見て一瞬で反応しなければ説明がつかないカバーリングだ。

これがU-20日本代表のディフェンダー・愛空なのだ。

愛空は潔に、知っているかと話しかける。

ストライカーは泥棒、ディフェンダーは警察に例えられる。

「俺の目が届くところでゴールは盗ませない」と言う愛心。

潔と蜂楽の全力のプレーが、愛心に一瞬で見抜かれ封じられてしまった。

U-20日本代表はこんなに凄いのか、そう潔は感じた。

潔が”挑戦”したい存在で、愛空が”FLOW”に導いてくれる目標だと思ったのだった。

ブルーロックなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ブルーロック【113話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、「ブルーロック」のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-nextU-NEXTで【ブルーロック】を無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえます!

感想

やはり世界の壁は分厚かったようです。

蜂楽も潔も素晴らしいプレーでした。

しかし愛空の前では、全てが見抜かれていました。

早く愛空を攻略しなければ、ゴールを決めるのは厳しそうです。

潔は愛空が”FLOW”に導いてくれる目標だと思ったようです。

強敵であればあるほど、潔は燃えるタイプのはず。

この試合で潔が覚醒できるのか、期待したいなと思いました。

まとめ

以上、「ブルーロック」【113話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ブルーロック」【114話】ネタバレあらすじの掲載は1月13日の予定になります。

「ブルーロック」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ブルーロック【最新話】ネタバレまとめ