ブルーロック【114話】最新話ネタバレ!日本代表の高い壁に動揺してしまう潔たち

2021年1月13日に週刊少年マガジン6号に掲載された「ブルーロック」(金城宗幸/ノ村優介)の最新話【114話】のネタバレと感想をまとめました。

絵心は超攻撃型”ブルーロック”システムを考えていました。

俺たちはいけると潔は思いますが、愛空のプレーに驚かされます。

そして潔は愛空が”挑戦”したい存在で、”FLOW”に導いてくれる目標だと思いました。

ブルーロック【全話】ネタバレ

▼ブルーロックの最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

ブルーロック【114話】最新話ネタバレ

本物のディフェンダー

愛空のスーパークリアにスタジアムが沸く。

今の愛空のプレーは、最終ラインからパスの出所と全体のポジションを見た上での守備だった。

全てを一瞬で把握して、一番危険なシュートポイントへ迷いなく走り込まなければ成立しない。

潔がゴール前で使いたい”反射”を、愛空は守備で使いこなしている。

さらに強靭な身体能力を持っている愛空。

空間認識に優れた”眼”と、ダッシュやジャンプに長けた”肉体”だからできたプレーなのだ。

今まで戦ってきたディフェンダーとは次元が違い、これが本物のディフェンダーだと潔は思った。

愛空を潰さなければ、試合には勝てないだろう。

レベルの違い

試合が再開するが、潔はどう戦えばいいのか迷っていた。

いろんな可能性を考えた潔は、裏だと考えた。

”ブルーロック”の攻撃の第二の選択肢は、右サイドから抜ける乙夜だ。

蛇来が乙夜の前に立ちはだかる。

戦場は”陰”と”陽”でだと言う蛇来。

ボールを持って表に立つプレーヤーと、裏で一撃必殺を狙う影。

蛇来は乙夜の動きについてきた。

乙夜が抜けたい裏のゾーンに、蛇来は先回りしていて抜け出せない。

それに気づいた潔は、蛇来が乙夜の武器を消す能力を持っているのかと思った。

理由は分からない潔だが、これではパスが出せないと動揺してしまう。

凛に思考を切り替えろと言われ、潔は逆サイドの雪宮へパスを出す。

鉄壁のカルテット

雪宮の前に音留が現れるが、瞬間縦一閃で抜き去ろうとする。

なぜか抜いたはずの音留が付いてくる。

「速さじゃ負けない」と言う音留。

1on1で無敵だった雪宮は、突破できないのだ。

相性が悪いと感じた潔。

こぼれ球を拾ったのは凪だが、崩すのは難しいと思っていた。

トラップで正面を向うとするが、背後に仁王がいて向きを変えられない。

仁王は圧がすごく、体幹が強い。

凪はゴールを向いてプレーできなかった。

仁王はパワー型プレスマンなのだ。

そこに愛空も加わり、抜け目のない守備の連鎖からボールを奪われてしまう。

これがU-20日本代表の鉄壁のカルテットなのだ。

「止まってるぞ?」と余裕の愛空。

愛空は最終ラインから前線へ一気に縦パスを出す。

ブルーロックの一瞬の隙を逃さない攻守反転だ。

その先にいたのは糸師冴なのだった。

ブルーロックなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ブルーロック【114話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、「ブルーロック」のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-nextU-NEXTで【ブルーロック】を無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえます!

感想

U-20日本代表をなかなか攻略できず、ブルーロックは苦戦しています。

一人一人のレベルが高すぎます。

さらに連携プレーも完璧で、抜け目がありません。

潔たちブルーロックメンバーは、レベルの差に動揺しています。

ついに冴が登場します。

凛は絶対に負けたくない相手です。

冴がどんなプレーを見せるのか、とても気になります。

技術は間違いないですが、どのようなタイプの選手なのでしょうか。

ブルーロックは誰が冴のマークにつくのか…

次回は冴のお披露目回になるので、とても楽しみしです。

まとめ

以上、「ブルーロック」【114話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ブルーロック」【115話】ネタバレあらすじの掲載は1月20日の予定になります。

「ブルーロック」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ブルーロック【最新話】ネタバレまとめ