ブルーロック【117話】最新話ネタバレ!凛を起点に生まれた凪のシュート

2021年2月3日に週刊少年マガジン10号に掲載された「ブルーロック」(金城宗幸/ノ村優介)の最新話【117話】のネタバレと感想をまとめました。

「ミットフィルダーの俺より得点能力が低いやつを、ストライカーとは認めない」と言う冴。

練習と本番の決定的な違いは、”負荷”があるか無いかです。

凛の覚醒が勝利への前奏だと絵心は考えていました。

ブルーロック【全話】ネタバレ

▼ブルーロックの最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえる!

ブルーロック【117話】最新話ネタバレ

凛が狙うシュート

ゴール前へと抜け出した凛。

U-20日本代表のゴールキーパーは不角だ。

不角はシュートを打つなら、このタイミングだと考える。

しかし凛は、さらにドリブルで切り込んだ。

角度の無いコースに驚く潔。

さらに凛は利き足では無い左足で、シュートモーションをしている。

もしかして凛は、わざと冴と同じシュートを狙っているのか…

凛のシュートに反応した不角。

不角の指がボールに触れた。

舌打ちをして悔しがる凛。

こぼれ球に反応したのは雪宮だった。

ゴール前左で、雪宮はドリブルの体勢だ。

そんな雪宮の前に立ちはだかるのは音留。

この状況は、ブルーロックメンバーが練習した攻撃の形だった。

努力が身を結ぶ

1on1で仕掛ける雪宮。

そして相手ディフェンダーの視界に入り込んでパスの選択肢になることで、一瞬の迷いを生む妨害工作。

潔の動きで、音留は迷い反応が遅れた。

雪宮は潔にナイスと言い、ゴールを狙う。

しかし雪宮のシュートは、愛空に右足で止められてしまう。

蛇来がこぼれ球をクリアしようとする。

そんな蛇来を抜き去ったのは乙夜だった。

ゴール前のこぼれ球への乙夜の超反応も、練習通りだった。

凛のプレーが、この状況を創り出している。

相手の陣形を崩している今なら、やってきた練習の成果が身を結ぶ。

観客を驚かせた凪のシュート

乙夜はシュートを放つが、仁王が顔面で止めた。

潔はまだだと思い、凪に託す。

凪はシュートモーションから、瞬間吸収でU-20日本代表を翻弄する。

さらにジャンピングターンをした後、凪はシュートを放った。

俺が凪誠士郎だと心の中で言いながら…

ゴールを決め、1-1に追いついた。

会場が静かになった後、一気に観客たちは歓声を上げる。

U-20日本代表も凪のシュートに驚いていた。

愛空は、ブルーロックは全員がゴールしか考えてないのかと気づく。

「ハマれば破壊的だ」と言う愛空。

凪は右手を高くあげたのだった。

ブルーロックなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ブルーロック【117話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、「ブルーロック」のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【ブルーロック】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

感想

今までやってきた練習が、ついに結果へと繋がりました。

前回までは圧倒的なレベルの違いを感じ、潔たちは焦っていました。

凛の一言がきっかけとなり、ブルーロックメンバーは落ち着きを取り戻しています。

それぞれの良さが出てきたことで、凪のシュートが生まれました。

スタジアムが静寂に包まれるほど、衝撃的なプレーでした。

このゴールがきっかけで、ブルーロックに勢いがついて欲しいです。

ただU-20日本代表も、このまま黙っているようなメンバーではありません。

愛空たちなら、さらに驚くプレーを見せてきそうです。

次回はどんなプレーが見れるのか楽しみです。

まとめ

以上、「ブルーロック」【117話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ブルーロック」【118話】ネタバレあらすじの掲載は2月10日の予定になります。

「ブルーロック」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ブルーロック【最新話】ネタバレまとめ