ブルーロック【119話】最新話ネタバレ!U-20日本代表の守備を崩すブルーロックの三本の矢

2021年2月17日に週刊少年マガジン12号に掲載された「ブルーロック」(金城宗幸/ノ村優介)の最新話【119話】のネタバレと感想をまとめました。

凪のゴールでこの試合のヒーローが誰なのか、分からなくなってしまいました。

ここまでの選考で、潔たちは”アドリブ”力を身につけていたのです。

1-1で試合が再開すると、凛と冴の兄弟喧嘩が始まりました。

ブルーロック【全話】ネタバレ

▼ブルーロックの最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえる!

ブルーロック【119話】最新話ネタバレ

凛と冴の決着

代表選で兄弟喧嘩を始めた凛と冴。

ボールをキープする冴を見て、潔は技術の高さに驚く。

冴は凛のタックルを反動にして、ブロック&ターンをする。

そんな冴の行動を、凛は読んでいてギリギリで喰らいついている。

一進一退の攻防だった。

「まだ弟でいるうちは、俺を超えられない」と言う冴。

そして冴は、凛を股抜きで突破。

冴の中央突破で、兄弟喧嘩は兄の勝ちになった。

二子が選ばれた理由

U-20日本代表が一気に流れ込んでくる。

蟻生は二子に、最終ラインに警戒だと伝えた。

身長でも速さでも”並”の二子。

絵心になぜレギュラーに選ばれたか、分かるかと聞かれていた。

二子が視野かと聞くと、絵心はうなずいた。

圧倒的な”読み”の能力は、ブルーロック最大のセンサーになる。

そう絵心に言われていたのだ。

二子は、冴に連携する全ての選手をキャッチしていく。

ボール保持者ではなく、その周りで蠢く存在の中。

二子はその中から迅速かつ適切に、一番危険な侵入者を駆除していく。

害虫駆除

冴の出したパスに、閃堂が反応する。

パスの弾質はとらぷしやすいバックスピンで、減速することに気づいた二子。

二子が全力のスピードで突っ込んでも、落下地点には半歩届かない。

これは二子を引きずり出して陣形を崩す罠だった。

簡単なワンタッチで裏を取るための、冴が仕組んだ罠で突っ込んだら終わり。

そこで二子は、罠にかかったフリをすることにした。

半歩前で二子が緊急停止する。

閃堂が浮いたトラップをしていたので、そこを二子は的確に狙った。

二子のセカンドボールに、烏が反応した。

ブルーロックの韋駄天・千切

烏は実戦の中で、大体の分析はできていた。

U-20日本代表の守備戦法は三段構えになっている。

相手ボールになった瞬間に、颯がプレスで潰してくる。

その間に背後で、強力なディフェンダーがそれぞれのエリアで鉄壁を作る。

そこに弱点は無い。

烏は、無いなら創るまでだとつぶやいた。

最強の飛び道具の乙夜に、烏はパスを出す。

打ち抜くと言う乙夜の前には、蛇来が立ちはだかっていた。

乙夜はスピードを上げて、蛇来の裏を狙う。

そこには愛空が待ち受けていた。

乙夜は、こっちの狙いはここだと言う。

右サイドギリギリから駆け上がる第三の矢・千切が現れた。

千切は、ブルーロック最速の韋駄天なのだ。

乙夜は風穴をあけろ、烏はいけと千切に言ったのだった。

ブルーロックなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ブルーロック【119話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、「ブルーロック」のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【ブルーロック】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

感想

糸師兄弟の対決は、凛の負けとなってしまいました。

それでも冴のフェイントを読んでいます。

敗因の原因は、冴のセリフから精神面なのかなと思いました。

その部分を克服しない限りは、1対1では勝てないかもしれません。

試合では、ブルーロックが主導権を握れるようになってきました。

千切の韋駄天で、U-20日本代表を驚かせて欲しいです。

この千切がきっかけとなり、ブルーロックは逆転できるのでしょうか。

次回はどんな展開が待っているのか、とても楽しみです。

まとめ

以上、「ブルーロック」【119話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ブルーロック」【120話】ネタバレあらすじの掲載は2月24日の予定になります。

「ブルーロック」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ブルーロック【最新話】ネタバレまとめ