【ブルーロック:122話】最新話ネタバレ!U-20日本代表の悪魔が出てくる

2021年3月10日に週刊少年マガジン14号に掲載された「ブルーロック」(金城宗幸/ノ村優介)の最新話【122話】のネタバレと感想をまとめました。

U-20日本代表の勝利確実だと思われていたが、まさかのブルーロックがリード。

アディショナルタイムは1分で、冴にボールが渡りました。

冴のシュートを蟻生が足で弾き、ブルーロックのリードで前半戦を終えました。

【ブルーロック】全話ネタバレ

▼ブルーロックの最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえる!

【ブルーロック:122話】最新話ネタバレ

誇らしい息子の活躍

ブルーロックのリードで前半戦が終わり、解説者たちは興奮している。

終了間際のU-20日本代表の猛攻を凌ぎ切ったブルーロック。

ここまでどうかと聞かれた夏木は、ブルーロックを凄いと話す。

今までの日本サッカーのイメージには、無かったタイプのチームだ。

でも実力は五分で、夏木はこのまま冴が負けると思えないと言った。

後半の展開はより注目となるだろう。

この試合は90分で決着がつかなかった場合、延長・PK無しの引き分けとなる。

潔の母・伊世は、ヤバいと言う。

父・一生は隣の席の観客に、あれが息子だと自慢する。

伊世はレギュラーで出てるだけでも凄いのに、チームも勝っていると嬉しそうだ。

そして一生もサッカーはよく分からないが、すでに嬉しいと言う。

「何やってるの、ゴールをもっと狙え」とヤジを飛ばすのは、蜂楽の母・優だった。

お互いに挨拶をすると、優は息子とサッカーしてくれてありがとうと言う。

伊世はそんなの当たり前だと言った。

優は蜂楽があんなに楽しそうにプレーをするのは、初めて見る気がすると話す。

そして千切は、姉と母にこっち向いてと声をかけられる。

千切は恥ずかしくなってしまった。

納得のいかない不乱蔦

法一は、不乱蔦にどうなっているんだと問い詰められる。

なんとしても勝てと言っただろ、そう不乱蔦は怒っていた。

「こっちには糸師冴もいる、試合の意味がわかっているのか?」と叫ぶ不乱蔦。

もちろんと答えた法一は、想定以上に相手が曲者でと言う。

不乱蔦は言い訳はいらない、スポーツは結果が全てだと話す。

勝てば正義で、負ければ悪だ。

この試合に勝って、冴を日本代表のスターにする。

そして日本サッカーの大正義になる。

「どんな手を使っても”ブルーロック”を潰せ」と不乱蔦は言った。

冴の答え

U-20日本代表のロッカールームでは、焦りの空気に包まれていた。

リードされて折り返すとは、誰もが思っていなかった。

「俺が決めていれば」とつぶやく閃堂。

ロッカールームの冴がやってくる。

仁王は冴に、後半の修正について相談していると伝えた。

狐里は監督に、フォーメーションをいじってもらうかと聞く。

「好きにしろ、もう関係ない」と言う冴。

仁王は何を言っているんだと驚く。

すると冴は、帰ると言い出した。

颯は冴に、君がいないと成立しないと言う。

「俺はキャプテンとの賭けに乗っただけだ」と冴は話す。

U-20日本代表に冴が何を起こせるのか、

愛空の言う通り、冴が戦った結果がコレだった。

冴にとっては、使い物にならない不良品だと言う。

もともとブルーロックに興味があって、冴はここに来ただけだった。

ブルーロックはまだ未熟だが、見てる世界や目指す場所がU-20日本代表とは違う。

それが分かった今、冴はこの試合に意味はないと言った。

ヘッドライナー

愛空は冴に、待ってくれと引き止める。

勝手な賭けをしたことを、愛空はみんなに謝る。

愛空はU-20日本代表の実力を試したかったのだ。

そして自分の現在地を知りたかった。

「俺たちは弱くて、このままでは負けて乗っ取られて消える」と話す愛空。

冴は今さら気付いても遅いと言う。

そして冴が抜けるU-20日本代表に勝利は無いと…

愛空は、まだ悪魔が残っていると言う。

法一はこのままではムリだから、指示をくださいと不乱蔦にお願いする。

「自分で考えろ、勝てばなんでもいいんだよ」と不乱蔦は言った。

そして不乱蔦は13番を使えと指示を出す。

この試合の興行が最優先で、このまま黙っているよりはマシだと言う不乱蔦。

それは冴が望んだブルーロックからの刺客・士道だった。

士道は俺ではお前の戦う理由にならないかと、冴に言う。

冴はこの流れが目的かとつぶやく。

そして冴は士道に、暴れろと言った。

”ヘッドライナー”は俺たちだと言い、冴はユニフォームに手を伸ばしたのだった。

ブルーロックなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ブルーロック【122話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、「ブルーロック」のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【ブルーロック】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

感想

士道が出てくることになりました。

ブルーロックのメンバーについて、士道は知っています。

もしかしたら士道を出さなければならないほど、U-20日本代表は焦っているのかもしれません。

これで試合の流れが変わりそうです。

ブルーロックの中で、一番のエゴイストは士道だったと思います。

そんな士道相手に、潔たちはどう戦うのか楽しみです。

点差はまだ1点なので、後半戦でどうなるのか分かりません。

士道と冴のコンビネーションに、次回は注目したいです。

まとめ

以上、「ブルーロック」【122話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ブルーロック」【123話】ネタバレあらすじの掲載は3月17日の予定になります。

「ブルーロック」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ブルーロック【最新話】ネタバレまとめ