【ブルーロック:124話】最新話ネタバレ!凛と冴がすれ違い始めたきっかけ

2021年3月24日に週刊少年マガジン17号に掲載された「ブルーロック」(金城宗幸/ノ村優介)の最新話【124話】のネタバレと感想をまとめました。

ハーフタイムになって、絵心は得点できた理由を説明しました。

小さい頃、凛にとって冴はとてもかっこいい兄だったのです。

凛なら俺の次に強くなれると言って、頭を撫でてくれたこともありました。

【ブルーロック】全話ネタバレ

▼ブルーロックの最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえる!

【ブルーロック:124話】最新話ネタバレ

兄弟の目標

同じチームでサッカーをしていた凛と冴。

チームメイトたちは2人を止められず、あの兄弟は化物だと言う。

冴は今のコースが甘いと指摘する。

凛は冴とするサッカーが楽しくて、2人なら無敵になれると思っていた。

冴と世界一になる、そう凛は信じていた。

練習終わりに、凛たちは海辺でアイスを食べる。

「サッカーしているとき何を考えている?」と聞く冴。

凛はゴールのことだけ考えていると答えた。

冴は直感に頼りすぎるなと言う。

そして凛は、冴じゃ無いと物足りないと話した。

もし俺がいなくなったらどうするんだと言う冴。

凛は代わりを探すと答えた。

冴は俺を誰だと思っているんだよと不満そうだ。

でも冴は明日からスペインに行き、世界一のクラブでサッカーをすることが決まっていた。

「”世界一のストライカー”になるから当然だよ」と言う凛。

冴は先に行くだけだから、凛も来るようにと言った。

2人で世界一になることが、兄弟の目標だったのだ。

冴に追いつきたい凛

冴と離れるのは寂しかった。

でも冴に追いつくために、凛は航空で見送ったのだ。

世界一のストライカーになると言って、冴はスペインへと飛び立った。

次に冴と会う時、世界で戦える人間になるために練習を頑張った。

でも凛が求めるプレーをしてくれないチームメイトたち。

冴がいないサッカーは窮屈で不自由だけど、いないなら凛が冴の代わりになればいいのだ。

自分に物足りないものは何なのか考え、凛はチームを勝利へと導いた。

夢をかけた勝負

練習終わり、凛は一人でシュート練習をする。

今のコースは甘いと冴が指摘した。

2人が会うのは4年ぶりで、凛は冴にニュースを見ていると伝える。

「世界は広くて、俺よりすごい人間がいるんだ」と話す冴。

冴は夢を変え、世界一のミッドフィルダーを目指すことにしたのだ。

凛はストライカーだろと聞く。

それは世界を知らないから言えるんだと冴は言う。

勝手に諦めた冴に、凛は一緒に戦おうと言ってくれたのにと思いをぶつける。

冴は自分がミッドフィルダーになるから、凛が世界一のストライカーにと言った。

「俺は世界一のストライカーの弟なんだ」と叫ぶ凛。

そんなかっこ悪いことを話す冴は見たくなかったと言う。

凛が一緒に夢を見ていたのは、こんな冴ではなかった。

冴はぬるいと言い、凛はまだ分かっていないと話す。

そして1on1で勝負をして、凛が勝てばもう一度一緒に夢を見ると言った冴。

でも冴が勝ったら、兄弟の夢は終わるのだった。

ブルーロックなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ブルーロック【124話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、「ブルーロック」のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【ブルーロック】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

感想

凛にとって、冴は本当に憧れの兄だったのが分かります。

だからこそストライカーを諦めたことが、納得できなかったんだと思います。

でも冴を世界一のチームでプレイをした結果、夢を変えています。

だからこそ勝負を提案したはずです。

仲が良かった兄弟ですが、少しずつずれ始めてしまいました。

この勝負がどうなってしまったのか、とても気になります。

今の関係性を見ると、この頃より悪化しています。

兄弟の過去に何があったのか、次回も目が離せません。

まとめ

以上、「ブルーロック」【124話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ブルーロック」【125話】ネタバレあらすじの掲載は3月31日の予定になります。

「ブルーロック」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ブルーロック【最新話】ネタバレまとめ