【ブルーロック:134話】最新話ネタバレ!本当はストライカーになりたかった愛空

2021年6月9日に週刊少年マガジン28号に掲載された「ブルーロック」(金城宗幸/ノ村優介)の最新話【134話】のネタバレと感想をまとめました。

馬狼のプレーはU-24日本代表だけでなく、味方のブルーロックさえも困惑させていました。

ボールを繋げたブルーロックは、雪宮が一瞬の隙を見つけシュートを撃ちます。

しかし”FROW”に入った愛空に止められてしまいました。

【ブルーロック】全話ネタバレ

▼ブルーロックの最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえる!

【ブルーロック:134話】最新話ネタバレ

愛空の過去

本当はストライカーになりたかった愛空。

恵まれた体格を活かせ、チームのためにポストプレーをなどと言う指導者たち。

誰かのため、チームのため。

指導者たちは、愛空にいつもそう言った。

愛空は監督に、世界一のストライカーになりたいと伝えたことがあった。

「俺がやりたいサッカーを試させて欲しいです」と言う愛空。

しかし監督はダメだと言った。

サッカーはチームで戦うスポーツだからと…

そのために指導者がいるから、”規律”を守らないなら試合には出さないと言われてしまった。

指導者は咲いていい芽にしか、水をあげないのだ。

計算できる花以外は、咲くことを許されない。

咲く場所も決められていて、気づいた時には皆同じ花になっている。

それは愛空も同じで、気づいた時には咲き方を忘れてしまったのだ。

変わった愛空の目標

少し経った時、愛空は監督にサッカーが楽しくないと伝えた。

「お前の未来は明るいぞ、プロになるのも夢じゃない」と監督は言う。

プロになってそこそこ稼いでそこそこ幸せな人生。

そんな人生では、愛空は満足できない。

世界一のストライカーになれるかと尋ねる愛空。

監督は可能性はあると答えたが、愛空はなれないと思うと言う。

なれると信じていた愛空は、すでに死んでしまっていた。

それは愛空自身のせいで、指導者のせいにはしたくない。

誰かのためが染み付いてしまった愛空は、ストライカーとしての人生を終える決意をした。

「世界一のディフェンダーになりたい」と言った愛空。

指導者たちが大量生産しているつまらないストライカー。

そんなストライカーたちを、愛空はディフェンダーとしてぶち壊したくなったのだ。

ブルーロックは芽なのか

ディフェンダーに転向した愛空は、目覚ましい活躍をしていく。

そしてU-20日本代表に選ばれた。

誰かのためにサッカーはしない。

自分のために花を咲かせる、そう愛空は決めたのだ。

もし日本で花を咲かせようとしている本物のストライカーが現れたら…

愛空は、その蕾を絶対に摘まないと誓った。

そして手を差し伸べ、咲けと言える人間になりたいと思った愛空。

愛空はスーパークリアをしながら、ブルーロックがその芽かもしれないと思った。

こぼれ球に反応したのは凛だった。

ボルテージが高まっている愛空。

敵や味方の配置、視界や次のポジションなどが全身で理解できる。

愛空が蓄積してきた全てが、全限界値に達したから視える世界だ。

これは”無敵”だ、そう愛空は感じた。

FLOWの愛空は最強

ボールを持った凛は、股抜きで相手を抜いていく。

しかしこっちだろと愛空が立ちはだかる。

愛空は凛を潰すのはキックの瞬間ではなく、”間合い”だと考えた。

相手を狩るために必要な一瞬の時間と空間。

狩るのは、その”間合い”の狭間なのだ。

そこに潔が加わる。

愛空はまた潔かと思った。

2人は自分のために動き合い、愛空がムカつくほど良いコンビ。

あと3年早くブルーロックのプロジェクトが始まっていたら…

愛空も一緒にストライカーを目指していただろう。

俺を超えてみろと思った愛空。

愛空は間合いが来ると感じた。

日本サッカーが生まれ変わるためなら、愛空は最後の壁になる。

そして愛空は、凛からボールを奪った。

”FLOW”の愛空は全方向に反応できて、凛も驚いてしまう。

ボールは冴に渡り、エンドロールの準備をしろと言われる。

愛空は冴にやっちゃえと言ったのだった。

ブルーロックなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ブルーロック【134話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、「ブルーロック」のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【ブルーロック】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

感想

愛空はいろいろ悩みながら、今日までサッカーをしてきていました。

日本代表のキャプテンに選ばれるほどなので、順調だったのかなと思っていました。

今回で印象が変わりました。

もし愛空がブルーロックにいたら、潔の良いライバルになっていたはずです。

この試合はお互いに良い刺激になりそうです。

ボールを持った冴は、そのままシュートを狙うのでしょうか。

ブルーロックとしては、なんとしても冴を止めなければなりません。

次は誰が”FLOW”に入るのか、今後の展開が楽しみです。

まとめ

以上、「ブルーロック」【134話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ブルーロック」【135話】ネタバレあらすじの掲載は6月16日の予定になります。

「ブルーロック」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ブルーロック【最新話】ネタバレまとめ