【 BUNGO-ブンゴ-:264話】最新話ネタバレ!知多戦に向けて作戦を立てる文吾達

最新話ネタバレ

2021年4月8日に週刊ヤングジャンプ19号に掲載された「BUNGO-ブンゴ-」(二宮裕次)の最新話【264話】のネタバレと感想をまとめました。

知多翔洋と富士ケ丘との二回戦。

逆転を許してしまった富士ケ丘、最後の攻撃。

2アウトから皆浦が出塁。

続く碓井はメンバーへの思いを胸にバッターボックスに立つ。

しかし最後はアウトになってしまい試合は終わってしまった。

河村までつなぐことができなかった。

次の試合の相手が、知多翔洋であることが分かった静央シニア。

袴田はブンゴと判野の相性が最悪だと解析。

試合でいかに勝負を避けるかが重要だと言う。

そんな袴田に文吾は一つ質問があると切り出した。

【BUNGO-ブンゴ-】全話ネタバレ

▼BUNGO-ブンゴ-の最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTで週刊ヤングジャンプを無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえる!

【BUNGO-ブンゴ-:264話】最新話ネタバレ

知多翔洋戦へ向けて

文吾は袴田を呼び止めて二人で話をする。

「1つ、質問していいか」それを聞いた静央のメンバーは立ち止った。

それに対して「二人で話したくて、皆は先に行ってて」と言った。

静央のメンバーは「先にバス戻ってる」と言いバスに戻った。

文吾は聞いた。

袴田が言っていた、ど真ん中直球だけでねじ伏せる夢のような世界が実現できても判野は敬遠するか。

袴田は驚き言葉を失う。

二人の会話を河村が遠くから見つめる。

河村は話しかけずに「対戦できなかったことは残念だけど後悔はしていない」そう言い球場を後にした。

作戦会議

明日行われる静央戦にむけて知多翔洋のメンバーは作戦会議をしていた。

「明日の静央戦の作戦を言う」

「富士ケ丘戦とは逆で野田を避ける」と言った監督に対して抑えられると言う。

その代わり、アウトを取れる可能性が高い石浜、神谷、尾野、小谷野でアウトを取るという作戦を立てた。

攻撃はいつもどうり樹里の前にランナーを溜めるという作戦だった。

監督はこれまでの文吾の戦績を見て警戒している。

しかし袴田は手首をけがしてしまい出場できない。

ここを徹底的に突くと言った。

米村の不安

静央の宿舎では米村が頭を抱えていた。

袴田が手首をけがしてしまい、自分が変わりで出ることになり不安で頭を抱えていた。

それを見たメンバーは「体調悪いのか?どうしたんだと?」と声をかけていた。

すると米村は「こっ怖くて..!」と答えた。

米村は自分では袴田の変わりが務まるわけないと思っていた。

知多は自便が弱点だと思っていて狙われると思っていた。

まさにその通りだった。

知多翔洋は米村を狙っていた。

米村は「自分のせいで負けたらどうしよう」と言った。

そうなってしまったら先輩達に申し訳ない。

その話を文吾たちは外で聞いていた。

文吾はそんなことは思っていなかった。

米村にあんな思いをさせてしまったら申し訳ないと思っていた。

どれだけ失敗しても最終的にはランナーを返さなければ失点しないし負けることもないと。

文吾は「安心させたいな」といいそれを無言で見つめる袴田。

エースを自覚してからの文吾は明らかに違うなと袴田は感じていた。

期待感もあるが同時にすべてを壊してしまいそうな危うさも感じていた。

BUNGO-ブンゴ-など好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、BUNGO-ブンゴ-【264話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、「BUNGO-ブンゴ-」のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【BUNGO-ブンゴ-】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

感想

安心させたいと言った時の文吾はめちゃくちゃかっこよかったです!

袴田が感じていた危うさってのは近藤も言ってたやつですよね

知多翔洋戦でその危うさが見れるのか….次回も楽しみです!

まとめ

以上、「BUNGO-ブンゴ-」【264話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「BUNGO-ブンゴ-」【265話】ネタバレあらすじの掲載は4月15日の予定になります。

「BUNGO-ブンゴ-」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ BUNGO-ブンゴ-【最新話】ネタバレまとめ