【 BUNGO-ブンゴ-:270話】最新話ネタバレ!考える投球に目覚める石浜文吾

最新話ネタバレ

2021年6月3日に週刊ヤングジャンプ27号に掲載された「BUNGO-ブンゴ-」(二宮裕次)の最新話【270話】のネタバレと感想をまとめました。

高校野球に関わる各校のスカウトや選手が注目する静央と知多翔洋の第4回戦が開幕し、初回から、注目の投手、石浜文吾(ブンゴ)と強打者、伴野樹里の対決となる。

石浜文吾は初めての先発であるが、負傷した正捕手の袴田浩に代わった米村のふんばりもあって、四球で1人塁に出すも、無得点に抑える。

伴野樹里に対しては、石浜文吾は新型の抜け球をうまく使った配球で仕留める。

【BUNGO-ブンゴ-】全話ネタバレ

▼BUNGO-ブンゴ-の最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTで週刊ヤングジャンプを無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえる!

【BUNGO-ブンゴ-:270話】最新話ネタバレ

米村を気遣ったブンゴの配球

1回表、知多翔洋は2アウトながら3塁に走者を進め、強打者伴野による初得点の好機を作る。

しかし、ブンゴは新型ど真ん中直球と変化球をうまく使うことで、伴野を見逃し三振に仕留める。

場内放送が、知多翔洋が初回、好機を作るも無得点に終わったことを告げる。

野田監督は初回を無得点に抑えて戻った米村に「良かった」と声を掛ける。

ベンチに戻ったブンゴに瑛太は、ど真ん中直球で決めると思ったのに投げなかったことが意外であったと声を掛ける。

袴田も、同じように思っていた。

ブンゴは、袴田と瑛太を前にその時の投球のことを語る。

米村に初めて投げた時、はじいてしまったこともあって、また、捕球できなかったことを心配していた。

状況も、3塁に走者がいるので、そんなことになれば1点取られてしまう。

自分の投球ミスでも米村が責任を感じてもいけないし。

伴野を抑える確率が高いのは、新型の抜け球を投げ、その軌道にカーブを乗せる配球だと考えたのである。

カーブの調子も良かったし。

自分はいい球を投げることしか考えてなかったけど、瑛太や袴田はいつもそんなことをもっと深く考えていたと思うとすごいと二人をたたえる。

もっと、配球など勉強しないといけないと言う。

その言葉にブンゴの貪欲な向上心を瑛太と袴田は感じる。

ブンゴ達の会話を横で聞きながら、野田監督は正捕手の袴田が出場できないピンチでも成長の糧にしていることに思わず感心して、声を漏らす。

ブンゴとの対決を振り返る伴野樹里

守備に入るため、装具を着けながら伴野は先ほどの打席を振り返っていた。

冨士ケ丘シニアの河村幸一の話だと通常の直球はシュートの変化をしており、左投手と右投手で違う。

しかし、ブンゴの直球は文字通り「まっすぐ」というか、ライジングカットした、食い込んでくる軌道。

それが、今回、若干内角になるはずのところに、外角高めに浮き上がってきた。

ブンゴがボールの握りを変えて何かを試そうとしているのではないかと疑う。

支度の礼を言いながら、真ん中付近に来るなら思いっきりぶっ叩くだけだからありがたいと思う。

投げミスなら場外までぶっ飛ばしてやると気持ちを引き締める。

ブンゴも水分を補給しながら、伴野との初戦は虚をつけただけであり、同じことは通用しないと自覚していた。

そして、この試合中に「新型」を完成させたいと思っていた。

三科から1番打者小佐野への第1投

場内放送は、1回表、静央シニアの攻撃を告げる。

1番打者は三塁手小谷野。

袴田から「いい1番打者でなくてもいいから」と声を掛けられる。

他のチームメイトも、「小佐野らしく暴れて来い」とか「ミスをしてもマコト(神谷真琴)がケツ拭きする」とか、声を掛ける。

マコトからも「自由にやっておいで」と声を掛けられと、小谷野は「心強い」と声を返す。

気を良くした小谷野はバット回しを披露し、球場を沸かす。

小谷野のバット回しをマスク越しに見て伴野は心の中で「天才」と思う。

ピッチャの三科は、騒然とした状況を「うるさい」と言いながらも、小谷野のことを気に入っていた。

三科は左打者席の小谷野に対しピッチャープレートの右端から振りかぶって第1投。

速さとキレのあるコースに「当たる」と小谷野は思う。

主審は「ストライク」のコール。

小谷野は、今のコースはボールだと思っており、ストライクだったことに驚く。

三科は、小谷野に対し、もっと踏み込んでくるよう挑発する。

小谷野は三科のエグさに怖さを感じる。

BUNGO-ブンゴ-など好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、BUNGO-ブンゴ-【270話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、「BUNGO-ブンゴ-」のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【BUNGO-ブンゴ-】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

感想

ブンゴは今回、伴野との対決を通じて、袴田と瑛太がこれまで状況に応じていろいろ考えていたことの凄さを実感します。

しかし、逆に袴田と瑛太もブンゴの貪欲な向上心を感じます。

ブンゴの才能を見出した野田監督もそんな成長をうれしく思っています。

ブンゴは伴野との次の対決のため、更に「新型」の完成を目指しています。

ブンゴも楽しみですが、三科からの挑発的な第1投に対し、小谷野らしさで1番打者の務めに期待します。

まとめ

以上、「BUNGO-ブンゴ-」【270話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「BUNGO-ブンゴ-」【271話】ネタバレあらすじの掲載は6月10日の予定になります。

「BUNGO-ブンゴ-」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ BUNGO-ブンゴ-【最新話】ネタバレまとめ