【 BUNGO-ブンゴ-:271話】最新話ネタバレ!三科らしい直球で小谷野は三球三振

BUNGO最新話ネタバレ

2021年6月10日に週刊ヤングジャンプ28号に掲載された「BUNGO-ブンゴ-」(二宮裕次)の最新話【271話】のネタバレと感想をまとめました。

高校野球に関わる各校のスカウトや選手が注目する静央と知多翔洋の第4回戦が開幕し、初回はエース石浜文吾(ブンゴ)が強打者伴野樹里を制する。

石浜文吾は初めての先発であるが、負傷した正捕手の袴田浩に代わった米村や置かれた状況に応じた投球をする。

石浜文吾は次の伴野樹里との対決に向け、「新型」を完成させることに挑戦する。

初回後攻の1番打者は小谷野。

三科の挑戦的な第1投が小谷野を怖気させる。

【BUNGO-ブンゴ-】全話ネタバレ

▼BUNGO-ブンゴ-の最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTで週刊ヤングジャンプを無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえる!

【BUNGO-ブンゴ-:271話】最新話ネタバレ

三科の一投目を分析する小谷野』

1回表、知多翔洋は2死走者3塁で強打者伴野の場面を作るが、ブンゴの好投により無得点に抑える。

後攻のトップバッターである小谷野は三科の一投目に際し、ピッチャープレートの思いっきり端から投げるなと思った。

投げ込まれた球は、速さもあり、迫ってくる軌道に「当たる」と思ってしまう。

バットを振ることもできなかったがコースはストライク。

シュート成分がとても強いストレートだと分析する。

初めて見る軌道にどう対処すればよいのか、考える小谷野。

伴野の引退がかかっていた三科らしい直球

小谷野を怖気づかせた直球について、三科は3年前の出来事を思い出していた。

三科と伴野が投球練習をしていた時、OBから投球についての指導を受けた。

そのOBは、甲子園に出場し、大学野球でも活躍し、ドラフトにかかる直前までいったこともある人であった。

三科の直球はシュート気味ながら、捕手の伴野も球威やコースを最高だと思っていた。

しかし、OBはシュートがかかるのは投げ方が悪いからなので、肘を高く上げて振り下ろすように投げるよう助言した。

OBの考える理想の直球というのは、糸を引いたように真っ直ぐ伸びるものであった。

助言に従って、投げ方を変えたものの、球は走らず、制球もままならなかった。

結果が出ないことに、絶望していた時、元の投げ方に戻そうと伴野が声を掛ける。

三科がその理由を問うと、伴野は球質が落ちていると答える。

続けて、「投げ方が良くなかろうと、理想の直球でなかろうと、以前のフォームで投げた三科らしい直球が最高だった」と言う。

更に「結果が出なければ、野球を辞める」と言う伴野に対し、三科は「大袈裟な」と言ってしまう。

伴野は確証のない言い方ではあるが「良い結果が出る」と言う。

それだけ、三科沙良の直球は最高だと確信していた。

三科の直球の衝撃

伴野の助言を受け入れて三科らしい直球が小谷野に投げ込まれる。

小谷野は、なすすべもなく、またしても見逃しストライクとなる。

観客席から見ていた大府第一高校スカウトの渡部は角度の素晴らしさを絶賛する。

東光学園部長の近藤も攻めるコースが打者には厳しいと分析する。

攻める静央のベンチでも、三科の得意の投球パターンであること、厳しい内角攻め、見慣れない軌道、攻略されるまで続けそう、と分析していた。

イメージできても打てない小谷野

小谷野は連続の見逃しストライクとなりながらも、打ち返すイメージを模索していた。

やっと、攻略イメージが湧いたことで、気合を入れると、三科も打ち返してみろとばかりに3投目を放る。

更に、キレのある球に、今度こそ当たると思い、のけぞってしまう。

小谷野はバットを振ることもできず、三球三振となってしまう。

小谷野の打席を見ていた観客席の桜花高校の東堂や加賀、翔西高校の吉見と今津も三科の投球に感心していた。

投手でもある吉見は、投球する立ち位置によって同じ球種でも、バッターにとって印象がかなり違うと分析していた。

ベンチのブンゴも三科の投球の凄さを目の当たりにする。

バットを振ることもなく三球三振となったことで首を垂れてベンチに戻る小谷野に2番打者の神谷真琴(マコト)が声を掛ける。

小谷野に、「自由にやっておいで」と言って送り出した手前、マコトは尻拭いをする覚悟で打席に向かう。

神谷に対して、三科は、「男女平等」、「エグる」と言いながら厳しい視線を送る。

BUNGO-ブンゴ-など好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、BUNGO-ブンゴ-【271話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、「BUNGO-ブンゴ-」のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【BUNGO-ブンゴ-】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

感想

小谷野らしいバッティングをしてこいと言われて送り出された先頭打者は、なすすべもなく見逃しの三球三振。

そのキレのある直球は、三科の球を受け続けてきたからわかる伴野ならではのアドバイスの賜物です。

堅実な守備と粘り強いバッティングで、女性でありながらレギュラーを張っているマコトに一矢報いて欲しいと思います。

まとめ

以上、「BUNGO-ブンゴ-」【271話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「BUNGO-ブンゴ-」【272話】ネタバレあらすじの掲載は6月17日の予定になります。

「BUNGO-ブンゴ-」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ BUNGO-ブンゴ-【最新話】ネタバレまとめ