DAYS【361話】最新話ネタバレ!水樹がキャプテンマークを託したのは誰なのか

最新話ネタバレ

2020年9月23日に週刊少年マガジン43号に掲載された「DAYS」(安田剛士)の最新話【361話】のネタバレと感想をまとめました。

みんなで繋げたボールが、水樹に渡りシュートを撃ちました。

そのボールは大きな弧を描き、ゴールネットを揺らします。

俺はキャプテンなんだ、みんなに囲まれた水樹はそう思ったのだった。

DAYS【全話】ネタバレ

DAYS【361話】最新話ネタバレ

喜ぶ聖蹟だったが

聖蹟にとって大きな1点となった水樹のシュート。

2-2の同点に追いつく。

完璧なコースと、これ以上ないスピードだった水樹。

あの水樹は誰も止められない。

「水樹が決めた」と観客達も盛り上がる。

柄本はすごいと興奮していた。

そして風間も「求められたら結果を出す、さすがキャプテン」と言う。

君下は技を盗まれたことに怒っていた。

聖蹟のチームメイトみんなが、水樹のプレーに湧いている。

みんなに囲まれていた水樹は「足が少し痛い」と伝える。

それを聞いた臼井は、「そういうことか」とつぶやいた。

選手交代

観客達がざわつき始めた。

聖蹟のメンバーチェンジが発表され、誰と交代するのかみんなが注目する。

交代するのは7番の水樹だった。

ゴールを決めたばかりの水樹を下げることに、観客達は何を考えているんだと驚く。

トラブルかケガか、それとも再発か…

「これ以上は足を引っ張るから下がる」と水樹が話す。

聖蹟は誰が抜けても、誰が出ても変わらないのだ。

水樹の言葉を、柄本たちはきちんと受け取る。

歩いて交代する水樹の姿に、観客はそこまで重症ではないのかと思う。

試合を見ていた碇屋は、負け確だと言う。

キャプテンマークを託した水樹

水樹は臼井に「すまない」と声をかける。

すまなそうではないところが、水樹らしいと臼井は笑う。

臼井は「キャプテンマークは置いていけ」と伝える。

キャプテンマークを渡そうとする水樹に、臼井は冗談じゃないと拒否した。

水樹は「お前に任せた」と柄本に渡したのだ。

聖蹟のチームメイトが驚く中、風間は嬉しそうな表情になる。

水樹と交代したのは、国母だった。

グラウンドから出る時、水樹はサッカーの神様にいいねのポーズで挨拶する。

水樹から突然キャプテンマークを渡された柄本。

柄本は戸惑っていて、みんなに助けを求めようとうろうろしている。

しかしみんなに無視されてしまう。

「何をしているんだ、イエローが出るぞ」と国母が怒鳴る。

そして国母は起こりながら、柄本の左腕にキャプテンマークを付けた。

チームメイトは似合わないと爆笑。

「絶対ムリです、代わってください」と柄本は言う。

風間は似合うと思っていた。

試合を見ていた誰もが、この展開に驚く。

「思った通りだ、キャプテンマークが似合う」と水樹は言ったのだった。

感想

まさか柄本にキャプテンマークを託すとは…

読んでいて驚いてしまいました。

水樹は将来キャプテンになる男だと、柄本のことを見込んでいました。

その思いは今も変わっていないようです。

試合時間は残り5分。

柄本がみんなに指示を出していくのか、とても楽しみです。

次号のタイトルが”全員で勝利へ”と書かれています。

いよいよ決着がつきそうです。

聖蹟は決勝点を決めることができるのか、次号が待ち遠しいです。

まとめ

以上、「DAYS」【361話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「DAYS」【362話】ネタバレあらすじの掲載は9月30日の予定になります。

「DAYS」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ 【DAYS】最新話のネタバレまとめ