DAYS【366話】最新話ネタバレ!水樹が選んだ聖蹟の切り札

最新話ネタバレ

2020年10月28日に週刊少年マガジン48号に掲載された「DAYS」(安田剛士)の最新話【366話】のネタバレと感想をまとめました。

最後の3年生がいるからこそ感じるプレッシャーのせいで、思い切って前に出ることができない大柴たち2年生。

途中交代の国母が思い切ったプレーをして、聖蹟は勢いを取り戻します。

ついに聖ボールになり、生方は行けと叫びました。

DAYS【全話】ネタバレ

DAYS【366話】最新話ネタバレ

聖蹟のチャンス

国母と速瀬が前線までボールを運んでいく。

中には君下が待っていた。

生方はチャンスだと叫ぶ。

桜高のベンチは、猿橋に止めろと叫んでいた。

君下が競り勝つ。

そして前には風間と柄本が待っていた。

2人とも君下からパスをもらう準備はできている。

君下はどっちにパスを出すのか、観客たちは注目する。

そして君下が自分で攻めていける場所でもあった。

限界

成神にスライディングでボールを奪われ、君下は倒れてしまう。

指をくわえて見ていられない成神。

勝利は偶然で、転がっては来ないのだ。

そして成神は犬童へとパスを繋げる。

犬童の前には臼井が立ちはだかっている。

すると犬童は逆サイドの芹沢にパスを出した。

芹沢は盾を狙っている。

詰めなきゃいけないのはわかっている灰原だが、足が震え動けない。

生方は、灰原の足がもう残っていないことに気づいた。

最強の守護神

芹沢は走ってきていた猫谷にパスを出す。

猫谷にオフサイドの判定は出ず、抜け出しにかかる。

猪原が体を張ったプレーで、猫谷を止めた。

その時猫谷の膝は、猪原の顔面にぶつかっていた。

聖蹟のベンチは、猪原のファインプレーに沸いている。

観客たちは膝が入っていたので、猪原は大丈夫かとざわつき始めた。

脳震盪を起こしているのか…

生方の表情も青ざめていく。

今帰仁も不安そうに、倒れている猪原を見つめる。

すると猪原が、大丈夫だと立ち上がった。

キャプテン水樹の決断

桜高ボールで試合が再開する。

聖蹟はチャンスをものにできず、ピンチを招いてしまった。

サイドが厳しく、攻撃どころか首尾もおぼつかない状況だ。

残りの交代枠は1枚。

加納は残り少ない時間を考えると、下手にいじりたくないのはわかると言う。

君下が時計を確認すると、88分28秒だった。

今テコ入れをするべきなのか、生方は迷っていた。

交代選手を入れることで、バランスが崩れる可能性もある。

もし交代させるなら速水か、それとも灰原か…

交代すれば時間も稼げる。

この際PK戦でもと思ってしまう生方。

すると水樹が交代だと言い出した。

水樹は、灰原と速瀬は変えられない気がすると言う。

そして来須に、やれるだろと確認する水樹。

なぜ自分なのかと来須は驚く。

観客たちがどよめく。

聖蹟は4人目の1年生・来須を、この大事な場面で送り出すのだ。

来須にミスは許されない。

時間的に絡めて2プレーで、下手すれば一瞬で潰されてしまう。

交代を知った君下は、笑みを浮かべていたのだった。

感想

ここで来須が交代することになりました。

水樹がなぜ来栖を選んだのか、その理由が気になってしまいます。

来須の表情は今までで一番カッコ良くて、期待せずにはいられません。

君下は何かを思いついたような表情でした。

残り時間は約1分半です。

その短い時間で君下がどう攻めようとしているのでしょうか。

ついに決着がつくのか、次回が待ち遠しいです。

まとめ

以上、「DAYS」【367話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「DAYS」【368話】ネタバレあらすじの掲載は11月4日の予定になります。

「DAYS」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ 【DAYS】最新話のネタバレまとめ