【ダイヤのA:225話】最新話ネタバレ!沢村のナンバー9が魅せる

最新話ネタバレ

2020年9月9日に週刊少年マガジン41号に掲載された「ダイヤのA」(寺嶋裕二)の最新話【225話】のネタバレと感想をまとめました。

先発が沢村だとわかり、田原監督は春の借りを返すつもりでした。

マウンドに立つ沢村はバックの皆さんお願いしますと、熱いスピーチをします。

御幸はナンバー9を初球から投げさせました。

【ダイヤのA】全話ネタバレ

【ダイヤのA:225話】最新話ネタバレ

今のはストレートなのか

沢村の投げた初球を千丸はストレートだと読む。

千丸の打球はサードゴロになり、まずは1アウトとなった。

沢村はうなずきながら、ナンバー9の手応えを感じている。

田原監督は今のはストレートなのかと引っかかる。

千丸がベンチに戻ると、今のはストレートだったか聞かれた。

そう思ったけど、思ったより切れていなかったのか…

分からないと千丸は答えた。

沢村の新たな引き出し

続くバッターは2番サードの森だ。

沢村はゾーンで勝負してくる投手で、追い込まれるまではストレート狙いだと考えていた。

球速以上のキレを持つ球のため、降り遅れないように意識している。

森は体の前で捕まえようとバットを振った。

初球は空振りでストライクになる。

なぜかバットの下をすり抜けるボールに、市大三高は驚く。

沢村のまた違う引き出しだと、天久は思った。

2球目のインコースを狙ったカットはファールになり、森は追い込まれる。

戦闘を打ち取れた分、沢村は腕が振れていると御幸は思った。

この回は徹底してナンバー9を投げることにした。

森はなんとか打ち返したが、セカンドゴロでアウトになる。

上々の立ち上がり

観客は「ナイスボール」と、沢村のピッチングを褒める。

高速のスプリットなのか、田原監督はそう思った。

スプリットは前の試合でも投げていたが、スピードはもっと落ちていた。

沢村は、この数日でカスタムをしてきたのか…

御幸はしっかりゾーンに投げ込めていて、低めにくれば空振りも取れると感じていた。

これまでの縫い目を外す握り方から、人差し指を縫い目にかける握りに改良。

これによってボールに最後まで力が伝わるので、球速を維持できるようになった。

おまけにツーシームのように右打者からは逃げるボールになる。

スプリットとツーシーム、その両面を併せ持つのがナンバー9なのだ。

3番センターの宮川は、どんな変化かは分からないが軸はストレートだと考える。

それを叩けばクリーンナップだと、ストレート狙いだ。

沢村は宮川への初球はチェンジアップで、ストライクになる。

続く2球目はナンバー9。

宮川はバッドに当てたがファーストゴロで、前園が拾いそのままベースを踏んでアウトになった。

沢村は市大三高の打線を3人で抑える、上々の立ち上がりとなったのだった。

感想

沢村のナンバー9は、市大三高を驚かせました。

投げている沢村は、かなり気分が良いはずです。

バッターがナンバー9を見破るのは、もう少し時間がかかるのかなと思いました。

市大三高が苦戦している間に、青道高校が点を奪えるのか楽しみです。

ですが天久だけは、ワクワクしていました。

自分のピッチングに自信があるようにも見えます。

次回は天久がマウンドに上がります。

どんなピッチングを見せてくれるのか、次回も楽しみです。

まとめ

以上、「ダイヤのA」【225話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ダイヤのA」【226話】ネタバレあらすじの掲載は9月16日の予定になります。

「ダイヤのA」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ダイヤのA【最新話】ネタバレまとめ