【ダイヤのA:226話】最新話ネタバレ!天久の見せつけるピッチング

最新話ネタバレ

2020年9月23日に週刊少年マガジン43号に掲載された「ダイヤのA」(寺嶋裕二)の最新話【226話】のネタバレと感想をまとめました。

沢村はナンバー9で三振を奪い、最初のバッターをアウトにしました。

御幸は沢村がしっかりゾーンに投げ込めていて、低めにくれば空振りも取れると感じます。

そして沢村は市大三高の打者を3人で抑える、上々の立ち上がりとなりました。

【ダイヤのA】全話ネタバレ

【ダイヤのA:226話】最新話ネタバレ

頼もしい沢村

ベンチに戻っていく後輩達を、OB達は最高のスタートだと褒めていた。

1球もストレートがなく、御幸も思い切ったと称賛。

今の沢村を見て、やってくれそうだと感じる。

奥村は御幸と沢村のバッテリーは、向いている方向が同じなのかもしれないと思った。

市大三高の打線を見た時、芯を外して当てさせられればと言っていた沢村。

沢村があの時からイメージを描いていたんだと、奥村は気づいた。

「頼もしい」と奥村はつぶやいた。

一回裏守備につく市大三高は、春とほぼ同じメンバーだった。

マウンドにはプロが注目する天久が立つ。

天久は薬師との試合では、1人で投げ切り2失点。

準々決勝ではベンチを出ずに、この試合と結晶に照準を合わせていた。

負けていられない天久

1人目のバッターは1番の倉持。

天久はエンジンが温まるのが遅く、なんとか早めに塁に出たい。

スロースターターとずっと思われているのが、天久は面白くなかった。

天久は今日そのイメージを払拭すると、初球を投げる。

倉持は、天久の人を見下したニヤケ顔が気に入らなかった。

打球をセンター前に打ち返す倉持。

倉持が出塁して、歓声が響く。

御幸と沢村は、ガッツポーズをしていた。

天久は初球から151kmの大台に乗せている。

それを一振りではじき返した倉持。

倉持は左打席に専念して、これまでの打率は4割3分8厘だ。

好調なのがわかる積極的な打撃だったと、峰は評価する。

続くバッターはセカンドの小湊。

倉持が出塁していることで、観客達は期待せずにはいられない。

ここからどう攻めるのか、どうかき回すのかとOB達は注目する。

初球から見せる天久

天久はこまめに牽制を入れるタイプではないと、好きがあれば初球から盗塁を狙う倉持。

そんな倉持の油断した瞬間を狙われ、天久は1塁へ送球。

気づいて戻る倉持だったが、アウトになってしまった。

天久があんなに素早い牽制をするのか…

もしかしたら天久は球を持っていない右手を見せて、倉持の警戒を説いていたのではないかと気づくOB。

ここぞというときのために、天久は取っていた。

だから天久は牽制しないと思われていることが、嫌だったのだ。

決めつけられると逆らいたくなる天久。

ランナーがいなくなり、天久は気分が良くなる。

そして小湊もすぐにアウトにしようと思った。

沢村も初回から見せていたと、天久も惜しみなく見せつけていく。

まだ天久にリズムは作らせないと考え、甘くきたら打ち返すつもりの小湊。

天久の初球はストライクになったのだった。

感想

天久も負けずに、初回から見せつけてきました。

沢村のピッチングに刺激されたようです。

1アウトの青道は、ここから出塁できるのか注目です。

どちらが先に点を取って試合のペースを握るのでしょうか。

天久も沢村も好調なので、バッター次第かなと思いました。

小湊の出塁は厳しそうだなと感じたので、せめて天久の球数を稼いで欲しいところです。

天久はどんなピッチングで初回を投げ切るのか、次回も楽しみです。

まとめ

以上、「ダイヤのA」【226話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ダイヤのA」【227話】ネタバレあらすじの掲載は9月30日の予定になります。

「ダイヤのA」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ダイヤのA【最新話】ネタバレまとめ