ダイヤのA【232話】最新話ネタバレ!天久と倉持の武器がぶつかり合う

最新話ネタバレ

2020年11月4日に週刊少年マガジン49号に掲載された「ダイヤのA」(寺嶋裕二)の最新話【232話】のネタバレと感想をまとめました。

天久は冷静なピッチングで、青道の打線を抑えていました。

金丸の打球はレフトに飛んでいき、ツーベースヒットになります。

続くバッターの沢村は送りバントを成功させ、倉持へと繋げました。

ダイヤのA【全話】ネタバレ

▼ダイヤのA act2の最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む!

ダイヤのA【232話】最新話ネタバレ

手強い倉持

青道は2アウトだが、ランナーは3塁にいる。

外野に抜けたら先制点が入るチャンスな展開だ。

バッターボックスに立つ倉持の足なら、内野安打でも先制が狙える。

ランナーを3塁に迎える状況で、一番迎えたくないバッターは倉持かもしれない。

初回はストレートを弾き返している倉持。

基本はストレートを狙ってくるはずだ。

天久は下手に当てられると、安打になる可能性もあると考えていた。

ここは狙って、三振を取りにいくことにした天久。

冷静な天久と倉持

初球からバッドを振った倉持。

しかしアウトコースに飛んでしまい、ファールの判定になった。

キャッチャーは、スライに当てたと思った。

市川三高のベンチでは、倉持がすり足に変えていることについて話している。

これが青道の2巡目で、簡単に討ち取れるバッターなどいないのだ。

倉持がバッドを短く持っているのに、天久も気づいていた。

逆に怖さを感じる中、天久はインコース低めに投げる。

外れてボールになってしまうが、急速は150kmと表示されていた。

3球目はインハイに真っ直ぐ投げたが、倉持がバッドに当てファールになる。

そこを当てるんだと思った天久。

倉持はつい手を出してしまった。

結果が欲しい

青道のベンチからは、倉持にエールが送られる。

ボールゾーンにどうやって倉持に手を出せるか…

天久の2球目のインローは布石だ。

くさい所も、全部食らいついていくことにした倉持。

これが打ち返せるかと、天久はインコースのひざもとへスライダーを投げた。

形なんかどうでも良い。

倉持は、今だけは結果を求めることにした。

バッドはボールを捉え飛んでいく。

セカンドへ転がっていくボール。

倉持は必死に一塁へ駆けていく。

審判の判定はアウトで、スリーアウトチェンジになった。

無駄なアウトかどうか

天久はこのピンチを、得意のスライダーで切り抜けた。

天久は100%空振りを狙いに、インコースのボールゾーンへ投げていた。

あの当たりでギリギリだったため、市大三高の守備は倉持の脚に驚いている。

悔しさをにじませる倉持。

御幸は相手にプレッシャーをかけられていると思った。

倉持のアウトが無駄だったかは、試合が終わればわかるだろう。

沢村が惜しかったと声をかけると、倉持は「そんなフォローはいらない、期待しとけ」と言う。

青道は気持ちを切り替え、守備へと向かったのだった。

ダイヤのA act2など好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ダイヤのA act2【232話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、「ダイヤのA act2」のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【ダイヤのA act2】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらます!

U-NEXTなら「ダイヤのA」のアニメも全話無料でイッキ見できます。

感想

倉持の脚はさすがです。

あと少しだったので、倉持はかなり悔しかったと思います。

その悔しさをバネにして、次は塁に出てくれるのではないでしょうか。

次回は4回表から始まります。

天久に負けないピッチングで、沢村は守り抜けるのか注目したいです。

先制点は与えたくない相手です。

御幸がどんなサインを出すのか、そして沢村は好調をキープできるのか。

次号は休載なので、続きが待ち遠しいです。

まとめ

以上、「ダイヤのA」【232話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ダイヤのA」【233話】ネタバレあらすじの掲載は11月11日の予定になります。

「ダイヤのA」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ダイヤのA【最新話】ネタバレまとめ