【ダイヤのA:238話】最新話ネタバレ!悔しさをバネにもっと強くなりたい天久

最新話ネタバレ

2021年1月6日に週刊少年マガジン6号に掲載された「ダイヤのA」(寺嶋裕二)の最新話【238話】のネタバレと感想をまとめました。

天久らしくないフォアボールに、田原監督は天久にまだ序盤だと声をかけ深呼吸をするように言いました。

御幸と天久の二度目の対決が始まります。

このメンバーで甲子園で戦いたいと投げた天久のボールを、御幸はバッドに当てました。

【ダイヤのA】全話ネタバレ

▼ダイヤのA act2の最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む!

【ダイヤのA:238話】最新話ネタバレ

切り替え

御幸の打球は、ダースとの星田がキャッチする。

星田は二塁に送って1アウトになった。

そして天久は一塁のカバーに走り、ゲッツーになった。

青道のランナーは三塁まで進んだが、点を取ることはできなかった。

市大三高のメンバーは、ゲッツーに沸いている。

そしてエースの天久は吠えていた。

続くバッターの前園も、サードゴロで打ち取られる。

スリーアウトとなった。

天久の前に、青道は4回も無失点となった。

関は前園の足が大丈夫なのかとつぶやく。

前園は試合に出る者として、やるべきことをやるだけだと言う。

御幸は沢村に、良いボールがきてるから気負うなと声をかけた。

「もう少し我慢して」と御幸は言った。

沢村は大丈夫、仕切り直していこうと声を出す。

天久の気持ちの変化

5回表が始まる。

沙村は4回を投げ、球数は38球だ。

2安打無四球。

少し気負いが出たが、先頭バッターの高見はセカンドゴロで仕留める。

1アウトで続く8番の天久、そして9番の宮本も三者連続でセカンドゴロ。

御幸は市大三高の全員が、右方向に打ち返すことに気づいていた。

かなり引きつけて、球筋を見ていた。

天久は1点を取れたのは大きかったと、沢村を見つめる。

観客席に真田がいることに気づいた天久。

敵同士であっても、刺激しあってたかめあえるのだ。

少なくとも天久はそう感じていた。

そして勝ったことで、より負けたくないと思った。

もっと先へ行ける

5回裏になり、青道の攻撃が始まる。

青道の右バッターは、外のスライダーを捨てる選択をした。

市大三高とは逆に、内よりの球を積極的に狙っていく。

1アウトで東条が二塁に進む。

8番の金丸がバッターボックスに立つ。

チームを背負うことが、まだ天久はよくわからない。

過去の試合の後悔を、気持ちを忘れなければ…

天久はもっと上にいけると思っていた。

もっとその先へと強い気持ちで、天久はボールを投げた。

そして金丸から三振を奪い、バッターアウトになったのだった。

ダイヤのA act2など好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ダイヤのA act2【238話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、「ダイヤのA act2」のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【ダイヤのA act2】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらます!

U-NEXTなら「ダイヤのA」のアニメも全話無料でイッキ見できます。

感想

天久がこの試合の主役になっているなと、今回読んで思いました。

沢村も素晴らしいピッチングを続けています。

1点差が大きな壁になっているように感じました。

先制したことで、天久には気持ちに余裕があるように見えます。

沢村の気持ちが折れたわけではないのですが、メンタル面での影響はあるはずです。

青道には早く点を取って欲しいです。

しかし天久が無双の状況で、簡単に攻略できそうにありません。

御幸相手にゲッツーできたことで、市大三高にさらに勢いがついていました。

天久に”覚悟”が芽生えています。

この試合中に、天久はさらに進化をしそうです。

天久の成長と青道の意地、どちらが勝利を手繰り寄せるのか楽しみです。

まとめ

以上、「ダイヤのA」【238話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ダイヤのA」【239話】ネタバレあらすじの掲載は1月13日の予定になります。

「ダイヤのA」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ダイヤのA【最新話】ネタバレまとめ