【ダイヤのA:244話】最新話ネタバレ!エースである沢村の強い気持ち

2021年2月24日に週刊少年マガジン13号に掲載された「ダイヤのA」(寺嶋裕二)の最新話【244話】のネタバレと感想をまとめました。

今大会で初めてモードに入った沢村。

カットボール改を試合で初めて試した御幸は、こういう場面で投げ切るの沢村なんだと思いました。

そして川上は、右腕を上げガッツポーズをしていました。

【ダイヤのA】全話ネタバレ

▼ダイヤのA act2の最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえる!

【ダイヤのA:244話】最新話ネタバレ

川上への思い

まずはワンアウトを奪い、青道の選手たちは1つずつと声を出す。

沢村の背中を見ている川上は、あいつは絶対に諦めないと思った。

これが青道のエースなのだ。

降谷は川上に、ここでは終わらせないと伝える。

「勝てば続くので」と言った降谷。

そして降谷は、川上の隣で投球練習を始めた。

川上の顔には笑みが浮かんでいた。

青道の層の厚さ

青道投手陣の三本柱について、田原監督は考えていた。

これほど投手層の厚いチームは、全国でもなかなか無いだろう。

しかしどれほどの投手を揃えていても、マウンドには1人しか立てない。

1対1の投げ合いなら、天久は誰にも負けないと思っている田原監督。

「クライマックスは近い、まずは出塁してチャンスを作ろう」と田原監督は声をかける。

バッターボックスに立つ宮本に、エールが贈られる。

沢村の球威は、落ちないまま。

そこで考えた宮本は、スリフィンガー分短くバッドを持った。

沢村の投球はストライクだ。

アウトローいっぱいのコースに投げられている。

バッドを短く持っていたら、届かないコースだった。

カウント1-2からの4球目を投げる沢村。

宮本はバッドを振るが、空振り三振でアウトになってしまう。

まだ通過点

青道のメンバーは、沢村をナイスボールと声援で後押ししていく。

市大三高の打順は1番に踊り、入り方に気をつけなければならない。

沢村は、次だと思っていた。

1番の千丸は、バッドを構えながら考えていた。

前半は変化球を多く投げていた沢村だが、ここにきてストレートを増やしている。

ツーアウトになった中、千丸は狙えると思っていた。

沢村が投げた初球に合わせて、千丸はバッドを振る。

しかしボールは御幸の手元へ…

まだ通過点で、全国制覇へ向けて走り出したばかり。

チームの代表者として、ここに立っている。

千丸は沢村の投げるボールに、手を出せない。

青道の魂は軽くない、そう強い気持ちで投球をする沢村。

そして千丸もアウトにした。

沢村は一人分じゃないと思いながら、ガッツポーズをしたのだった。

ダイヤのA act2など好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ダイヤのA act2【244話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、「ダイヤのA act2」のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【ダイヤのA act2】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらます!

U-NEXTなら「ダイヤのA」のアニメも全話無料でイッキ見できます。

感想

沢村は気合十分で、好調をキープできています。

読んでいて、沢村はこの試合の主人公になっているなと思いました。

このまま最後まで投げ切るのか、片岡監督の采配が気になります。

今の沢村を支えているのは、川上への強い気持ちかなと感じました。

ここで負けてしまったら、今のチームは終わってしまいます。

勝ち進めば、まだこのチームで戦えます。

川上のケガの様子次第では、マウンドに立てる可能性もあります。

降谷と同じように、沢村もこんなところで終わらせないと思っているはずです。

試合も終盤になり、1点が重要になってきます。

どちらが先に点を取るのか、とても楽しみです。

できれば青道に同点に追いついて欲しいですが、なかなかチャンスを活かせていません。

次回は青道がチャンスを作れるのか、注目したいです。

まとめ

以上、「ダイヤのA」【244話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ダイヤのA」【245話】ネタバレあらすじの掲載は3月3日の予定になります。

「ダイヤのA」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ダイヤのA【最新話】ネタバレまとめ