【ダイヤのA:247話】最新話ネタバレ!白洲たち先輩に運命を託す

2021年3月24日に週刊少年マガジン17号に掲載された「ダイヤのA」(寺嶋裕二)の最新話【247話】のネタバレと感想をまとめました。

いつもと同じ狙えという指示を倉持に出した片岡監督。

この勝負に勝ったのは倉持で、1アウトランナー二塁となります。

そして小湊も沢村のためにバッドを振り、セカンド へと打ち返しました。

【ダイヤのA】全話ネタバレ

▼ダイヤのA act2の最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえる!

【ダイヤのA:247話】最新話ネタバレ

チャンスだったが

小湊の打球はセカンドを抜けていく。

倉持は次のベースを目指して走り出した。

外野が打球をキャッチして、ファーストへと投げる。

まずは一塁で小湊をアウトにした。

スタンドからは大きな歓声が上がった。

小湊のライトゴロは良い当たりだったが、一塁でアウトにしている。

そして倉持の俊足も封じ、ホームまで帰らせなかった。

市大三高の堅い守備に、青道はまたしても点を取れない。

青道を2アウトに追い込んだ市大三高のメンバーは、さらに気合が入っている。

天久は守り抜くぞとチームメイトに声をかけられ、頼れると思った。

その一方で青道のOBたちは、観客席からここからだとエールを送っている。

ここからの青道

2アウトで、ランナーは三塁。

その場面で打席に立つのは、青道の主軸である白洲だった。

ベンチに戻ってきた小湊に皆は、打球が速すぎただけだと励ます。

あとは先輩たちに任せようと…

青道はこれまで何度もチャンスを作っていた。

しかし点にはつながっていない。

白洲はエース天久を打ち崩せるのか、そう実況者は話す。

市大三高の外野人は、定位置についている。

田原監督は、天久にあと1つだと心の中でつぶやいた。

ここで8回を終えられれば、9回はランナーがいない状況で4番からになる。

白洲は前の打席で、ライト前にヒットを打っている。

しぶといバッターだが、どんな形でも討ち取ることを目標にしたバッテリー。

全ての球種を使って、白洲を揺さぶることにした。

でも天久は揺さぶりすぎて歩かせるのはと思ってしまう。

4番の御幸が天久を睨んでいたのだ。

それぞれの思惑

市大三高はランナーがいる状況で、御幸に回したく無いはずだと思っていた片岡監督。

白洲に勝負だ、狙っていけとエールを送る。

同点を目指す青道と、このまま守り抜きたい市大三高。

天久の初球はスライダーで、白洲はボールを見極めた。

続く2球目は白子がバッドに当てたが、ファールになってしまう。

白洲は焦るなと自分に言い聞かせる。

そして天久は白洲が低めに目がいっているから、高めもありだと考えた。

打順を待っている御幸は、俺に繋いでと祈っていた。

白洲は3球目を打ち返すために、思い切りバッドを振ったのだった。

ダイヤのA act2など好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ダイヤのA act2【247話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、「ダイヤのA act2」のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【ダイヤのA act2】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらます!

U-NEXTなら「ダイヤのA」のアニメも全話無料でイッキ見できます。

感想

市大三高の守備は鉄壁ですね。

小湊の打球はとても良かったのですが、アウトになってしまいました。

2アウトですがランナーは三塁にいます。

まだチャンスは残されています。

白洲が出塁できれば、次のバッターは御幸です。

まずは同点に追いつきたいので、ここは繋がってほしいです。

ラストシーンの白洲は打ち返していそうですが、どうなったのでしょうか。

とてもきたら展開で、次号が待ち遠しいです。

まとめ

以上、「ダイヤのA」【247話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ダイヤのA」【248話】ネタバレあらすじの掲載は3月31日の予定になります。

「ダイヤのA」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ダイヤのA【最新話】ネタバレまとめ