【ダイヤのA:250話】最新話ネタバレ!天久と御幸の戦いがついに決着

2021年4月21日に週刊少年マガジン21号に掲載された「ダイヤのA」(寺嶋裕二)の最新話【250話】のネタバレと感想をまとめました。

今までで1番のピッチングをしている沢村に、御幸は相棒としてピッチングで応えようとしていました。

田原監督はここを乗り切って、ベンチに戻ってこいと天久にエールを送ります。

御幸はしっかりと見極め、フルカウントになりました。

【ダイヤのA】全話ネタバレ

▼ダイヤのA act2の最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえる!

【ダイヤのA:250話】最新話ネタバレ

御幸と天久の熱い戦い

ツーアウトでランナー1塁、そしてフルカウントになった。

御幸は際どいコースを、しっかりと見極めている。

天久も決めにいったコースだったはず。

観客たちはエースと4番の熱い戦いに、盛り上がっていた。

御幸は、回転までしっかりと見えていた。

青道のベンチからは、御幸に決めろとエールが送られる。

自分のペースで打席に立てている御幸。

田原監督はフルカウントになってしまったが、ボール球で勝負すれば良いとサインを出す。

そして御幸に手を出させたら最高だ。

もし歩かせてしまっても、次のバッターに集中すればいいのだ。

さすが4番御幸

市大三高のバッテリーは、最後までしっかりと攻めることを確認する。

天久はもう一度同じコースに投げ、御幸に見極めてみろと勝負をすることにした。

そして天久が構えるのと同時に、1塁にいたランナーが走り出す。

打順を待つ前園や、ベンチからエールを送る選手たち。

天久が投げたボールを、御幸はしっかりと見てバットを振った。

御幸の打球は空高く飛んでいく。

そして外野の上を越えていったのだ。

1塁ランナーがホームベースに戻ってくる。

青道は8回の2アウトから、連続タイムリーでチャンスを手にした。

御幸は4番の役目を果たして、青道の逆転に貢献したのだ。

チームで掴んだ1点

天久の投手としての本能が、勝負を求めてしまった結果の失投だろう。

その失投を見逃さなかった御幸はさすがだ。

難しいボールを見極めるゆとりが出たのは、同点に追いついていたからだ。

御幸のタイムリーヒットは、青道がチームで掴んだ一打だった。

沢村の嬉しそうな姿を見た御幸は、心の中で待たせたとつぶやいた。

次のバッターの前園に、もう1本と仲間から声がかけられる。

前園は涙を拭って、バッターボックスへと向かった。

最高のメンバーともっと戦いたい。

その思いを胸に、前園はバッドを振ったのだった。

ダイヤのA act2など好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ダイヤのA act2【250話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、「ダイヤのA act2」のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【ダイヤのA act2】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらます!

U-NEXTなら「ダイヤのA」のアニメも全話無料でイッキ見できます。

感想

本当に御幸は頼れる4番です。

沢村が、さすが我らのキャプテンと叫びたくなる気持ちもわかります。

ここまで天久から思うようにヒットが打てなかった分、この連続タイムリーは嬉しいです。

青道に勢いがつく逆転です。

次のバッター前園も打ち返したラストでした。

理想は前園も出塁ですが、市大三高の守備は堅いです。

次回は青道がさらに点差を広げられるのか、期待したいと思います。

まとめ

以上、「ダイヤのA」【250話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ダイヤのA」【251話】ネタバレあらすじの掲載は4月28日の予定になります。

「ダイヤのA」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ダイヤのA【最新話】ネタバレまとめ