【エデンズゼロ:111話】最新話ネタバレ!アンドロイドと人間の恋

最新話ネタバレ

2020年9月23日に週刊少年マガジン43号に掲載された「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」(真島ヒロ)の最新話【111話】のネタバレと感想をまとめました。

四煌星ウィッチと水の精霊ラグナ・ヒューゼルトの協力を得て、シキは炎の洞窟を攻略しました。

最奥で見つけたマザーの標とは、マザーのエーテルのことでした。

このマザーのエーテルを辿ることにより、いつの日かマザーの元へ到達できるのです。

エデンズゼロ【全話】ネタバレ

【エデンズゼロ:111話】最新話ネタバレ

マザーの遺物

マザーのエーテルに触れたシキは、海中神殿の仲間たちの元へ戻る。

シキが使っていた水中で息をするための星水晶が虹色に光っている。

どうやら星水晶の中にマザーのエーテルが入ったようである。

マザーの標に到達するまでは口を噤んでいたナディアが饒舌に語り始める。

海中神殿にあった宝はマザーの一部であった。

マザーの一部はエーテルを発生させるため、このエーテルを辿るとマザーに到達する可能性があるようだ。

宇宙にはマザーの一部「遺物」が無数にあるようだ。

「複数の遺物を見つけていけばマザーに辿り着くかもしれない」とシキは希望に満ちた目をする。

「可能性はある」と何かに想いを馳せるナディア。

神妙な顔で話を聞くウィッチ。

レベッカは、手がかりの糸の細さに嘆く。

ピーノとハッピーが「手がかりゼロから前進した」と励ます。

とりあえず、ワイズが海中神殿のマザーのエーテルを全て星水晶に吸収させようとする。

ラグナが馬鹿にして溜息をつく。

ここにマザーのエーテルが残っているということは「先人が吸収しようとしてもできなかったことだろう」とラグナは推測する。

ナディアがラグナの推測を肯定する。

レベッカの苦悩

次の星に出発することを決めたシキ。

人間の寿命を認識していないピーノは「アンドリューに会えるといいね」とナディアに告げる。

その言葉を好感を持って受けとめるナディアも人間の寿命を認識していないようだ。

笑顔のナディアにかける言葉を見失うレベッカ。

ウィッチの優しさ

辛そうにするレベッカを見たウィッチは、ナディアにアンドリューが死亡していることを告げる。

理解できないナディア。

アンドリューは戻ってくると約束したからである。

ウィッチを咎めるレベッカ。

同じアンドロイドであるウィッチは、真実を隠すことだけが優しさだとは考えていないようである。

ここに来る前に墜落した小型船にあった白骨死体がアンドリューであるとウィッチは告げる。

シキはアンドリューだと気付いていなかった。

アンドリューに起こった真相

死体がどうやって戻ってきたのかホムラが疑問に思う。

ウィッチは墜落船にあったメモリーチップを見つけていた。

ピーノがアンドリューの映像を見せる。

アンドリューの映像を見てうっとりした表情を見せるナディア。

アンドリューは無事遺物を取り戻し、レッドケイブの近くまで戻ってきていた。

アンドリューは「1年も待たせた」と言う。

「愛している」の言葉を最後に、衝突音と共に映像が途絶える。

ウィッチが状況を解説する。

どうやら隕石が衝突して、船が軌道をそれてしまったようである。

そして、船はこの星に戻るのに200年もかかってしまったのである。

アンドロイドと人間の恋

絶望した表情を見せるナディア。

おもむろに走り出すがケーブルの長さが邪魔をする。

ナディアは、ケーブルを無理やり引きちぎり駆けていく。

心配してナディアを追うシキたち。

アンドリューの亡骸の前で泣き崩れるナディア。

人間の命はアンドロイドと比べれば非常に短いのである。

そのようなアンドロイドが「人間を愛するのは間違っているのか」と問うナディアに、ウィッチは「間違っていない」と答える。

ケーブルを繋がないと命を保てないと心配するワイズ。

アンドリューのいない世界に生きる気がないナディア。

アンドリューの魂は「生きている人の心の中にある」とウィッチは言う。

ナディアは機械に心なんてないと考えていたが、ウィッチは「誰かを愛する気持ちこそ心」と告げる。

そろそろケーブルを繋げなければ危ないと焦るワイズ。

レベッカが「大丈夫」と推測する。

アンドリューは「遺物を取り返した」と言っていた。

つまり、この墜落船に遺物があるということである。

燭台のような遺物が光りだす。

朽ちていた海中のアンドロイドたちが動き出す。

アンドリューのために涙を流すナディアを見て、ラグナは「本物の涙」と評する。

遺物が戻ってきたことにより水が引いていき、海中神殿が地上に現れた。

赤い空を眺め、かつてアンドリューと共に生活した日々に思いを馳せるナディア。

ナディアの想いを恋と表現するレベッカ。

シキの方を見て頬を染めながら「そういうのじゃない」と否定する。

まったく意味が分かってないシキ。

次の星へ

ナディア、蘇ったアンドロイドたち、大凧に手を振られながら、次の星へ向かうシキたち。

どうやら雑魚だと思っていた大凧は、海中神殿の番人だったようである。

時喰が200年を食べて、ナディアとアンドリューが邂逅できたらいいのにと沈んだ表情を見せるレベッカ。

感想

やはりアンドリューのお話がありました。

旧型のナディアはアンドリューの命令(?)通り帰ってくると言われれば、帰ってくるものだと認識していたのでしょう。

人に憧れるピーノが人間の寿命に気付いていないというのが小さな伏線なのかなと思いました。

人間に憧れて心に近いものを得てきたピーノですが、まだ先は遠そうな感じですね。

逆にウィッチの表情や言動を見ると、かなり人間に近いアンドロイドですね。

アンドリューを想うナディアを見るウィッチは、誰のことを考えていたのでしょう。

何も伝えてくれなかった魔王ジギーのことを考えていたのかもしれませんね。

まとめ

以上、「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」【111話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」【112話】ネタバレあらすじの掲載は9月30日の予定になります。

「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ エデンズゼロ【最新話】ネタバレまとめ