【エデンズゼロ:114話】最新話ネタバレ!ポセイドン・ネロの部隊と争いに発展するシキたち

最新話ネタバレ

2020年10月14日に週刊少年マガジン46号に掲載された「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」(真島ヒロ)の最新話【114話】のネタバレと感想をまとめました。

緑の惑星フォレスタに到着したシキたちは、人間が機械に支配されている現状を目の当たりにしました。

偶然、同じ星にいたカウチポから魔王ジギーがフォレスタを変えたことを知らされます。

シキは機械と仲良くしたいのですが、仲間の危機を見捨てるような男ではありません。

ポセイドン・ネロの支配域で魔王ジギーとシキたちが何をするのかに注目です。

エデンズゼロ【全話】ネタバレ

【エデンズゼロ:114話】最新話ネタバレ

潜入に向いてないシキたち

自分よりも何倍も大きな機械の一撃を難なく止めたシキは、逆に機械を投げ飛ばした。

大騒ぎになってしまったため、大勢の機械が集まってきた。

遺物探しどころではなくなってしまったので、全員で強行突破することにした。

シキが逃げ道を確保すると、レベッカ、ホムラ、ワイズが援護する。

カウチポも美味いものの為には命を張ると機械にかぶりつく。

クリーネとジンの気持ち

エデンズゼロではシスターがクリーネを診察していた。

芳しくない表情を見せるシスター。

そんなシスターの表情を察したのかクリーネは「治らなくていい」と吐露する。

クリーネはエデンズゼロのメンバーを好きになったため、病気が治って出ていくのが嫌なのである。

「そのまま居れば良い」とシスターはフォローしますが、ジンが頑固な性格のために揉めそうなのである。

シスターがクリーネの病気についてジンに尋ねた時、ジンは何も語らなかった。

直接クリーネに聞こうとすると、ジンはシスターの胸倉を掴み「クリーネの過去を詮索するな」と威圧してきたのだ。

気の強いシスターも一歩も引かず一触即発の危機であった。

ジンは「クリーネが過去を思い出したなら、制御装置でも病気を抑えられなくなる」と悲しそうに懇願した。

お互いのことを思いやる兄妹に、何やら思案に耽るシスター。

エデンズゼロの危機

突然、エデンズゼロに緊急警報が鳴る。

フォレスタに多くの攻撃用ドローンがやってきたようである。

ハーミットがシキたちが機械に襲われていることを告げる。

警戒しなければならないのに、シキたち戦闘員は皆出払っている。

船が沈むと困るのでラグナ、シキ、クリーネたちが協力を願い出る。

「全員友達だ」とモスコがシキの真似をする。

めずらしくシスターではなくハーミットにつっこまれるモスコ。

116機以上のドローンが接近してきた。

ドローンは小さすぎてエデンズゼロの砲撃では倒しきれない。

各自で小型戦闘機に乗って対応することにする。

まともな機械とモラの蛮行

強行突破したシキたちはアクアウイングへ向かっていた。

目前で妙な機械を見つけた。

「争いたくない」という機械に出会う。

どうやらまともな機械も多数存在するようである。

ネロの部隊により多くの機械が殺されたようだ。

「助けて」と懇願する機械に、「任せろ」と笑顔で返すシキ。

その刹那、ネロの遊撃隊モラの狙撃により破壊された。

「自分に感謝しろ」と高笑いするモラ。

激怒するシキ。

粘着性物質でシキたちは拘束される。

感想

シキたちとエデンズゼロ組の両方で危機が訪れましたね。

エデンズゼロ組はラグナやジン、クリーネたちが仲間になっていく様子が描かれるのかもしれません。

クリーネがすでに懐いていますし、ジンはクリーネのおまけでついてくるでしょうから心配はしていませんけれど。

ただ、クリーネの過去がかなり重たいものみたいですね。

ヴァルキリー編みたいな悲劇がまた描かれるのでしょうか。

さて、シキたちがあっさりモラに拘束されました。

今後強敵ばかり出てくるとはいえ、幹部クラスに手も足もでないようでは先が思いやられます。

まとめ

以上、「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」【114話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」【115話】ネタバレあらすじの掲載は10月21日の予定になります。

「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ エデンズゼロ【最新話】ネタバレまとめ