【炎炎ノ消防隊:237話】最新話ネタバレ!森羅は本物のヒーローなのだ

最新話ネタバレ

2020年9月30日に週刊少年マガジン44号に掲載された「炎炎ノ消防隊」(大久保篤)の最新話【237話】のネタバレと感想をまとめました。

”アドラ”が近くなり、発火能力が強くなっている森羅。

フェアリーに弄ばれてしまい、森羅はどうすることもできません。

そこにショウがやってきて、「ヒーローだと世界に知らしめろ」と言いました。

【炎炎ノ消防隊】全話ネタバレ

【炎炎ノ消防隊:237話】最新話ネタバレ

本物のヒーローは誰か

森羅は本物のヒーローなのだ。

それなのに何者かが、森羅のことを悪魔に仕立て上げた。

大災害は人類のイメージの爆発だ。

森羅の活躍で人類に希望を持たせれば、希望のイメージが膨らんでいく。

そして世界の滅亡を止めることができる、そうショウは話す。

「兄は悪魔ではない、誰が本物のヒーローか知らしめるんだ」とショウは話す。

そして森羅も悪魔ではない、ヒーローにならなければならないと言う。

人に罰を与え、贖罪を科す者がヒーローであるわけがない。

鬼の出現

カメラマンは、森羅とショウが戦っているのに気づいた。

「頑張れ」と叫ぶカメラマン。

消防隊は砲撃をするが、レーザーを跳ね上げてしまった。

そして森羅も柱に拘束キックをするが、久しぶりだったせいか外してしまう。

ラフルス一世はラートムと唱え、森羅を攻撃していく。

その衝撃で吹き飛ばされる森羅。

森羅は一度離れて、体勢を整える。

もう一度ラートムと唱えるラフルス一世。

ラフルス一世が口を開けると何かが飛び出す。

周りのトゲが消え、新たな強力な熱源が8体確認される。

その熱源の正体は”鬼”だった。

森羅の周りを飛ぶ8体の鬼。

1体でも鎮魂するのは大変なのに8体も…

第8特殊消防隊は、援護準備を始める。

悪魔を乗り越えた森羅

森羅がまっすぐ前を見て、ラフルス一世を睨みつける。

するとラフルス一世が、大きく口を開けた。

そして大きな音とともに、全ての熱源が焼失した。

第8特殊消防隊のメンバーは、森羅の成長に驚く。

「ようやく悪魔を乗り越えた」とアーサーはつぶやいた。

ショウは、森羅が本物ヒーローだと信じている。

ヒーローは一撃で決める、そうショウは言ったのだった。

感想

ショウは森羅が本物のヒーローだと信じています。

そう信じてくれるショウの存在は、森羅に取って心強いはずです。

森羅も自分は悪魔ではないと、ヒーローになる覚悟を決めました。

第8特殊消防隊のメンバーもそうですが、森羅は周りの人に恵まれています。

森羅はただ睨んだだけで、8体の鬼を退治しました。

アドラが近づいている影響だと思いますが、まだまだ強化している部分がありそうです。

森羅の成長には、第8特殊消防隊のメンバーも驚いていました。

その中でアーサーがつぶやくシーンは、2人の関信頼関係が見えます。

ショウは、森羅が一撃で決めると信じています。

覚醒したヒーローに敵はない、そうラストに書かれていました。

いよいよ次回は決着がつくようです。

森羅がヒーローだと世間に知らせる戦いになります。

どのようにして決着がつくのか、次回も楽しみです。

まとめ

以上、「炎炎ノ消防隊」【237話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「炎炎ノ消防隊」【238話】ネタバレあらすじの掲載は10月7日の予定になります。

「炎炎ノ消防隊」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ 炎炎ノ消防隊【最新話】ネタバレまとめ