炎炎ノ消防隊【248話】最新話ネタバレ!パワーアップしたジョヴァンニが狙った人物

最新話ネタバレ

2020年12月23日に週刊少年マガジン4・5号に掲載された「炎炎ノ消防隊」(大久保篤)の最新話【248話】のネタバレと感想をまとめました。

ジョヴァンニから大災害についての話を聞いても、ユウたちは信じられません。

リサからジョヴァンニの体は全て”蟲”だと聞いたヴァルカンは、磁場を乱しました。

そしてジョヴァンニの本体が分かり、ヴァルカンは惨めだと言いました。

【炎炎ノ消防隊】全話ネタバレ

▼炎炎ノ消防隊の最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼週刊少年マガジンをU-NEXTで今すぐ無料で読む!31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえる!

炎炎ノ消防隊【248話】最新話ネタバレ

ジョヴァンニからのプレゼント

「私が惨め?」と笑うジョヴァンニ。

ジョヴァンニはヴァルカンに、詰めが甘いと言う。

再び蟲を始めたジョヴァンニだったが、以前よりもパワーアップしていた。

「私を報いたご褒美にプレゼントだ」とジョヴァンニは話す。

するとユウの悲鳴が聞こえてきた。

ユウは蟲に襲われていたのだ。

ジョヴァンニは苦しむユウを見て笑っている。

ユウの悲鳴は、桜備や火縄にも聞こえていた。

桜備は防衛線を下げて、内部に応援を送るように指示を出す。

そして火縄が、急いでヴァルカンたちの元へと向かった。

新たなバレル

火縄が門の前に着いた時、すごいスピードでカロンが現れた。

カロンは門の前に立ちはだかる。

「大災害は星の浄化で、この地獄を終わらせる」と叫ぶカロン。

火縄は退けと言いながら、たくさんのバレルを地面にぶちまけた。

そして武器を組み立てていく火縄。

火縄が持っていたのは、灰島から素材支援を受けられるようになって作られた新型バベルだった。

”弾速暴走”を撃つと、前は一撃でダメになっていた。

あのバレルなら…

頼れるリヒト

火縄は”弾速暴走”で、カロンに撃ち込んでいく。

激しい攻撃を受けながらも、カロンは笑みを浮かべている。

「ようやく気づいたのか」と言うリツ。

足止めを食らっていたのは、私たちではないとリツは話す。

第8のメンバーの表情が変わった。

リヒトはヴァルカンに、何度も呼びかける。

ユウが異形へと変わってしまい、リサは戸惑っていた。

ジョヴァンニは笑っている。

リヒトの呼びかけに気づいたヴァルカンは、ユウが蟲に襲われたことを伝える。

磁場で方向感覚を操る以外の方法で、蟲を統率する方法について尋ねるヴァルカン。

「助けてくれ」とヴァルカンは知恵を求める。

リヒトはそのためにいると言い、任せて答えたのだった。

炎炎ノ消防隊など好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、炎炎ノ消防隊【248話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、「炎炎ノ消防隊」のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【炎炎ノ消防隊】をU-NEXTに無料登録して今すぐ読む※無料トライアル期間中に解約すれば一切料金はかかりません。

U-NEXTなら「炎炎ノ消防隊」のアニメも全話無料でイッキ見できます。

感想

火縄は新たなバレルを使い、カロンと戦っています。

カロンは誰よりも大災害への思いが強いです。

バレルでどこまでダメージを与えられるのか、とても気になりました。

ジョヴァンニは最後までしぶといやつです。

ユウを狙うところが、卑怯だなと思いました。

蟲に襲われたユウの姿は、人間ではなくなってしまいました。

リヒトは任せてくれと言ってくれました。

とても頼もしく感じます。

ユウの命がかかっているので、リヒトの知恵が重要になってきます。

ヴァルカンとリヒトの絆に、次回は期待したいです。

まとめ

以上、「炎炎ノ消防隊」【248話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「炎炎ノ消防隊」【249話】ネタバレあらすじの掲載は1月6日の予定になります。

「炎炎ノ消防隊」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ 炎炎ノ消防隊【最新話】ネタバレまとめ