炎炎ノ消防隊【253話】最新話ネタバレ!大災害を前に困惑する消防隊員たち

2021年2月3日に週刊少年マガジン10号に掲載された「炎炎ノ消防隊」(大久保篤)の最新話【253話】のネタバレと感想をまとめました。

火縄は弾道制御で、ドラゴンへとカロンの一撃を放ちました。

ドラゴンとの再戦はすぐやってくるはずで、アーサーはやり残したことがあると言います。

現世とアドラが繋がった影響で、星は異常を起こしていました。

炎炎ノ消防隊【全話】ネタバレ

▼炎炎ノ消防隊の最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえる!

炎炎ノ消防隊【253話】最新話ネタバレ

始まった大災害

皇国の各地で、大規模な火災が発生。

被害者の数は把握できない。

パーンは、上空の目玉はなんだとつぶやく。

火鱗はこれが大災害で、彗星線が燃えていると言った。

まるで聖典にある通りの光景に、市民たちは戸惑っていた。

遥か昔人類は星の怒りに触れ、世界は炎に包まれた。

それが大災害の日だった。

神罰だと言いながら、人々は逃げ惑う。

炎は猛々しく燃え上がり、人間が積み上げた文化を燃やし尽しす勢いだった。

コニャゴに市民をどこへと聞かれ、フォイエンは安全な場所へと指示を出す。

「安全な場所はあるのか」とカリムが言う。

レッカはこれを望んでいたのか。

これがレッカの目指した世界で、進行した道なのかと言うカリム。

止められなかった

タマキは、これで”焔ビト”を鎮魂できたのかと聞く。

桜備はひとまず終わったと答える。

ボロボロのオグンがこれで白装束の企みは、大災害は防げたのかと尋ねる。

マキは目に涙を浮かべながら、カロンの信念を超えられなかったと言った。

リヒトはヴァルカンたちと合流する。

ヴァルカンにユウはと聞かれ、リヒトは誰とも会っていないと答えた。

リサは目の前の光景に驚く。

「我々が目指した結末だ」とアローが言う。

リヒトは、一体化が起きたと説明する。

イメージと現実が一つになり、星の半分が燃えていると…

ハウメアが聞いていたもの

狂気・受動・無関心・激怒・破滅・恐怖・嫌悪・絶望。

ハウメアは、聞こえますかと話しかける。

これはハウメアが聞いてきた、人類の集団的無意識だ。

この世にある希望は、楽観とも言える諦めでしか無いのだ。

真の希望などないのだ。

全ての物は生まれた瞬間から、滅びへと向かっている。

それは人も星も同じだ。

ハウメアは、想像してと言う。

想像はあらゆる可能性を生み出し、あらゆる可能性を消すということ。

進もうと言うハウメア。

絶望は特別ではないから…

ドッペルゲンガー

町では消防隊員たちが、人々に避難の指示を出していた。

「世界はお終いだ」とつぶやく消防隊員。

諦めるなと声をかけられても、その消防隊員はお終いだと言う。

するとその消防隊員にそっくりな焔ビトが現れ、消防隊員を襲い始めた。

そして消防隊員は、自分にそっくりの焔ビトに燃やされてしまう。

焔ビトをみたパーンは、ドッペルゲンガーとつぶやいたのだった。

炎炎ノ消防隊など好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、炎炎ノ消防隊【253話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、「炎炎ノ消防隊」のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【炎炎ノ消防隊】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

U-NEXTなら「炎炎ノ消防隊」のアニメも全話無料でイッキ見できます。

感想

ついに恐れていたことが起きてしまいました。

桜備たち消防隊員たちも、目の前の光景に言葉を失っています。

なんとか人々を守ろうとしています。

カリムの言うように、安全な場所はもうないのかもしれません。

町ではドッペルゲンガーの焔ビトが出現しています。

これも大災害の影響によるものなのかもしれません。

まだ希望は残されているのか、不安になってしまいます。

このまま世界は炎に包まれてしまうのか…

これからどうなっていくのか、次回も楽しみです。

まとめ

以上、「炎炎ノ消防隊」【253話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「炎炎ノ消防隊」【254話】ネタバレあらすじの掲載は2月10日の予定になります。

「炎炎ノ消防隊」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ 炎炎ノ消防隊【最新話】ネタバレまとめ