【ゴールデンカムイ:279話】最新話ネタバレ!菊田が抱えていた弟への後悔

最新話ネタバレ

2021年5月20日に週刊ヤングジャンプ25号に掲載された「ゴールデンカムイ」(野田サトル)の最新話【279話】のネタバレと感想をまとめました。

金子に結婚したいと言われた杉本は、住む世界が違うのでと断りました。

その後菊田は、杉本に全てを忘れるように言います。

菊田はお疲れと言い、杉本に軍帽を返してと言いました。

【ゴールデンカムイ】全話ネタバレ

▼ゴールデンカムイの最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTで週刊ヤングジャンプを無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえる!

【ゴールデンカムイ:279話】最新話ネタバレ

菊田の後悔

杉本はこの軍帽が、日清戦争で亡くなった菊田の弟のものだと勇作から聞いていた。

弟のことで自分を責めているのか、そう杉本は菊田に尋ねる。

菊田は、弟を陸軍に送ったのは自分だと話す。

家が貧乏だったので、陸軍に行けばご飯が食べられると…

「俺が誘わなければ死ななかった、俺が殺したも同然だ」と言う菊田。

杉本が陸軍に入ろうと思ったきっかけは、菊田だった。

それでも最後は自分で決めたので、どんなことがあっても菊田を恨むわけがない。

杉本に自分を許したらと言われた菊田は、まるで弟に言われたように感じた。

「俺は不死身なので簡単には死にません」と言う杉本。

菊田はため息をついた後、杉本に軍帽をあげると言った。

杉本は勇作に令嬢とのことを伝えてと、菊田にお願いする。

勇作の件は陸軍全体の問題になっている。

菊田は陸軍にいられなくなるので、杉本に忘れろと言いその場で別れた。

ウイルクからの伝言

陸軍第一師団司令部では、団長の奥田が菊田と話していた。

菊田は第七師団へ転属が決定。

転属の理由は考えろと言う奥田。

「鶴見が暴走しないよう監視して、中央に報告しろ」と奥田は言った。

菊田の背後には、尾形が立っていた。

奥田は尾形も同じで、共倒れしないようにお互いの邪魔はするなと言った。

1904年の二〇三高地で、杉本は勇作の死を目撃してしまう。

倒れている勇作と目が合うところで、杉本は目を覚ました。

アシリパたちは人皮を床に並べ、法則を見つけようとしている。

共通する同じ音の漢字があるが、ホロケウオシコニ以外は囮だと言うアシリパ。

ホロケウオシコニの音を表す漢字は、一枚に4文字以上は入っている。

皮を重ねると、文字の間隔が合うものがあった。

漢字に詳しくないアシリパのために、ウイルクは漢字の暗号を使ったのだろう。

「和人と協力して金塊を見つけろ、そんなウイルクの伝言では?」と言う土方。

解けてしまった

アシリパはポウタロウからもらった金貨を見せる。

その金貨には、刺青人皮に似ている文様があった。

何か重要な意味があるかもしれない、そうアシリパは考えたのだ。

その一方で鶴見は解けたと言い、月島たちはざわつく。

菊田はこれが金塊のありかなのかと言う。

「これからが本番だ」と言う鶴見。

すると鶴見は、菊田の胸を撃ち抜いたのだった。

ゴールデンカムイなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ゴールデンカムイ【279話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、「ゴールデンカムイ」のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【ゴールデンカムイ】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

U-NEXTなら「ゴールデンカムイ」のアニメも全話無料でイッキ見できます。

感想

菊田と杉本の過去に何があったのか、全てが明らかになりました。

意外な繋がりだなと思いました。

もし菊田と出会っていなかったら、杉本は陸軍に入っていなかったかもしれません。

杉本の人生を変えた出会いでした。

鶴見は、なぜ菊田を突然撃ったのでしょうか。

金塊のありかを突き止めた直後の行動で、その理由が気になります。

このまま菊田は命を落としてしまうのか、次回は注目したいです。

まとめ

以上、「ゴールデンカムイ」【279話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ゴールデンカムイ」【280話】ネタバレあらすじの掲載は5月27日の予定になります。

「ゴールデンカムイ」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ゴールデンカムイ【最新話】ネタバレまとめ