地獄楽【114話】最新話ネタバレ!メイの決意は固かった

最新話ネタバレ

2020年10月12日に少年ジャンプ+で配信された「地獄楽」(賀来ゆうじ)の最新話【114話】のネタバレと感想をまとめました。

「陽のタオ2人と、陰のタオ1人しか残らない」と、桂花はメイたちに伝えました。

本宮水門前にやってきたメイと杠は画眉丸や佐切たちと合流します。

船が瓦礫で動かせず困っていると、覚悟を決めたメイは蛾に変身しました。

地獄楽【全話】ネタバレ

地獄楽【114話】最新話ネタバレ

考える必要はない

始皇帝の望みは、仙薬だけだ。

それなのになぜこれだけ多くの人間を、この地に連れてきたのかと尋ねるメイ。

「仙道とは陣地を越える、難しいことは考えるな」と始皇帝は答えた。

そして蓮は、房中術は恥ずかしいことではないと話す。

メイが抱いていた赤ちゃんたちも、いずれ同じ修行をするのだ。

「そのために生まれた、疑問を持ってはいけない」と言う蓮。

気にするな、悩むなと蓮は言い続けた。

メイの思い

「私はうんざりした」とメイは話す。

逃げて目を背けて、自分は無力で抵抗しても無駄だと言い聞かせた。

そんな弱い自分に本当にうんざりしていたメイ。

逃げ続けた自分に…

蛾に変身したメイは、羽で風を起こし瓦礫を一掃していく。

十禾は「あの一番速い船に乗って、幼女ちゃんが航路を開く」と叫ぶ。

杠もメイの覚悟を無駄にしてはダメだと、船に走っていく。

佐切がメイのなを呼ぼうとした時、画眉丸がメイと叫んだ。

「普通に暮らしたいのではないのか?」と画眉丸は問いかける。

鬼尸解を解かなければ、メイは死んでしまう。

画眉丸にそう言われ、メイは人間の姿に戻った。

佐切はメイを抱きしめて、「もう無茶はしないで、みんなで方法を考えましょう」と伝える。

ありがとうとごめんなさい

そしてメイは画眉丸にも抱きつく。

佐切と画眉丸にお礼を言うメイ。

「これは私のケジメで、向き合わなければなりません」とメイは話す。

画眉丸を見て勇気をもてた。

そして佐切には、髪の毛をとかしてくれたお礼を言う。

メイが手を叩くと、姿が見えなくなった。

みんなが驚いていると、画眉丸が幻術だと気づく。

佐切はメイの名前を叫ぶ。

蛾の姿のメイは、羽で風を起こして船を動かしていく。

佐切は涙を流しながら、メイの名前を読んでいた。

「ありがとう、ここまで連れてきてくれて、これまでの全てもごめんなさい」とメイはつぶやく。

お父さんや仲間たちに、メイはごめんなさいと謝った。

そしてメイは、蓮に背中を切られた時のことを思い出す。

「気づけなくてごめん、止められなくてごめん」とメイは蓮に謝る。

画眉丸たちが乗る船を送り出した後、メイは瞳を閉じたのだった。

感想

メイの覚悟は、かなり固いものでした。

画眉丸と佐切の説得が届いたのかと思ったのですが…

2人と抱き合うメイの表情は、最後を覚悟したものでした。

最後はちゃんと笑顔で別れたのは、メイの強さだなと思います。

メイとの別れはとても悲しいです。

一番辛いのは佐切かもしれません。

画眉丸はメイとの別れを、無駄にはしないと信じています。

メイが持っている力を全て使い、海に出してくれた船。

その船は蓮に追いつくことができるのでしょうか。

そして蓮を追う巌鉄斎が、ラストに描かれていました。

単独行動をしている巌鉄斎が今どこにいるのか気になります。

ここからどんな展開が待ち受けているのか、次回の更新が楽しみです。

まとめ

以上、「地獄楽」【114話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「地獄楽」【115話】ネタバレあらすじの掲載は10月19日の予定になります。

「地獄楽」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ 地獄楽【最新話】ネタバレまとめ