地獄楽【118話】最新話ネタバレ!蓮を倒すことはできないのか

最新話ネタバレ

2020年11月9日に少年ジャンプ+で配信された「地獄楽」(賀来ゆうじ)の最新話【118話】のネタバレと感想をまとめました。

蓮との戦いが始まりますが、そう簡単には倒せな相手です。

まずは画眉丸が船に乗り込み、その後佐切など皆もやってきて総力戦になります。

画眉丸たちはやらなければ死んでしまう覚悟で、蓮のいる船に乗り込んでいました。

地獄楽【全話】ネタバレ

▼地獄楽のコミックスを読むならU-NEXTがお得!▼U-NEXTで今すぐ【地獄楽】を無料で読む!※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

地獄楽【118話】最新話ネタバレ

画眉丸たちが考えた消尽作戦

蓮のタオは強大で、差がありすぎるため画眉丸たちの攻撃は通じない。

今蓮船の運航と炎の制御、そして人形の操作をしている。

さらに戦闘でタオを消費させれば、タオの差を縮められる。

蘭戦との時と同じように、タオを消費させて叩く。

それが蓮を倒す唯一の手段なのだ。

タオを消耗させるのは画眉丸・剣龍・杠・ヌルガイが担当。

4人で力を合わせて、蓮に立ち向かうことになった。

まずは杠が忍法凝甲と忍法操り粘糸で、3人の兵士を作る。

陽のタオが2人と、陰のタオが1人。

全身全霊をかけた消尽作戦だった。

皆で戦う

本命は佐切と士遠の”相克”だった。

1人のタオでは蓮に通じないかもしれない。

それでも2人分なら、蓮にも通じるはずなのだ。

佐切はあまり熱さに、肺が焼けそうだと感じた。

杠の作り出した兵士は、蓮に倒されてしまう。

その隙をついて、杠は蓮の横から近づき頭を突き刺した。

しかし蓮に吹き飛ばされてしまう杠。

何度倒されても、死ななければ進めないとしても…

今度はヌルガイが、士遠から教わった剣術で蓮に立ち向かっていく。

試一刀流奥義篠つく雨で、ヌルガイは蓮の左腕を切り落とそうとする。

切り落とせなかった蓮の左腕が、ヌルガイに襲いかかる。

絶対に逃さない

厳鉄斎が蓮の左腕を切り落として、ヌルガイを助けた。

上空から画眉丸が、石隠れ流秘技で蓮に襲いかかる。

そして地上からは厳鉄斎が、無慈眼流超必殺技空岳割り天帝おろしを繰り出す。

画眉丸と厳鉄斎が同時に前後から、蓮の体を攻撃した。

今だと合図を出す画眉丸。

試一刀流秘剣・展覧試しの型二輪月で、佐切と士遠が蓮を腹から真っ二つに斬る。

蓮はこれが人間の底力かとつぶやく。

明日を生きるために、今日を死ぬというふざけた愚考。

そうでなければ、掴めないものがあるのだ。

倒せないのか

蓮が手を叩くと、体が元通りに戻ってしまう。

佐切は何が起きたのか理解できない。

士遠は倒れてしまった。

「人間が真仙に敵うと本気で思っていたのか」と蓮は話始める。

その愚かさや、人間の脆さが蓮は腹立たしかった。

仙人は現世のことわりに触れる者だ。

そんな仙人が触れられないものは、あの世のみ。

「もうすぐ手が届く、倭国の供儀をもって」と言う蓮。

蓮の腕が6本に増えていたのだった。

地獄楽など好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、地獄楽【118話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、地獄楽のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

▼地獄楽のコミックスを読むならU-NEXTがお得!▼U-NEXTで今すぐ【地獄楽】を無料で読む!※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

感想

総力戦で挑んだ画眉丸たち。

それでも蓮を倒せませんでした。

士遠やヌルガイなど、皆は倒れるまで力を出し切って戦っています。

もう一度戦う体力が残っているのか…

真仙との圧倒的な力の差を前に、画眉丸はどう戦うつもりなのでしょうか。

ここで諦めてしまったら、その先には死しかありません。

しかし蓮を倒す方法があるとは思えない状況です。

画眉丸たちがどんな作戦を考えるのか、次回は注目したいです。

まとめ

以上、「地獄楽」【118話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「地獄楽」【119話】ネタバレあらすじの掲載は11月16日の予定になります。

「地獄楽」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ 地獄楽【最新話】ネタバレまとめ