地獄楽【123話】最新話ネタバレ!画眉丸の作戦はうまくいくのか

最新話ネタバレ

2020年12月28日に少年ジャンプ+で配信された「地獄楽」(賀来ゆうじ)の最新話【123話】のネタバレと感想をまとめました。

蓮の攻撃に、画眉丸と佐切は息を合わせた攻撃で立ち向かいます。

タオは陰陽の葛藤によって保たれ、どちらかに傾き過ぎれば弱まります。

蓮の心を怒りで満たすことが、画眉丸の狙いでした。

地獄楽【全話】ネタバレ

▼地獄楽のコミックスを読むならU-NEXTがお得!▼U-NEXTで今すぐ【地獄楽】を無料で読む!※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

地獄楽【123話】最新話ネタバレ

チャンスは一瞬

まずは徐福を破壊することで、蓮を怒りで満たす。

そして怒りで蓮のタオが滞った隙を狙って、佐切が蓮の丹田をきる。

成功するタイミングは、一瞬しかない。

画眉丸は忍法火法師を使う。

火鉢・花冠・大陸の婚礼の装束などが、徐福の前に置かれて用意されていた。

杠は蓮の目的が、師匠の徐福を甦らせることだと言っていた。

それを思い出した画眉丸は、夫婦だと気づく。

そして画眉丸は、攻撃の手を止めた。

侍だから

画眉丸の作戦を成功させるためには、全てのタイミングが同時でなければならない。

タイミングが早ければ、蓮に攻撃を防がれてしまう。

そして、遅ければ蓮に再生される。

チャンスは一瞬で、逃せば全てが終わってしまうのだ。

画眉丸は、結の笑顔を思い出していた。

少し躊躇ってしまう画眉丸。

そんな画眉丸の背後にいた珠現が立ち上がる。

侍ならば、常住死身になって家職を果たすべき。

珠現はそれが侍である山田家の誇りだと、刀を構える。

まるで背後に衛善がいるようだ。

死ぬまでは考えない。

無二無三に、死ぬことを見つけた。

付知など、たくさんの仲間の顔を思い出す珠現。

そして珠現は、衛善の魂と共に刀を振り下ろした。

決着なのか

珠現が徐福を刀で真っ二つに斬った。

船に激しい衝撃が響く。

蓮は悲しい表情になる。

そしてタイミングを見逃さなかった佐切が、しっかりと蓮の丹田を壊す。

佐切は、蓮をお腹で真っ二つに斬った。

蓮の上半身は、船の骨組みにぶつかりながら海へと落ちていく。

海から佐切も出てくる。

画眉丸は柱にしがみつき、珠現は船上に倒れている。

そして珠現の上半身は、海の底へと落ちていくのだった。

地獄楽など好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、地獄楽【123話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、地獄楽のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

▼地獄楽のコミックスを読むならU-NEXTがお得!▼U-NEXTで今すぐ【地獄楽】を無料で読む!※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

感想

タイミングを合わせて、蓮の丹田を破壊することができました。

ここまでそれぞれが悩んだり、苦しんでいました。

蓮の攻撃によって、失った仲間もいます。

その過程を思い出すと、作戦が成功してほっとしました。

あの蓮が丹田を破壊されただけで、死ぬのでしょうか…

自分の目的のためなら、どんなことでもする蓮です。

このままあっさり決着がつくとは思えません。

しかし蓮と戦った画眉丸たち3人は、もうギリギリの状況です。

最終話も近そうですが、まだ何かありそうだなと思いました。

面白い作品なので、まだまだ読んでいたいです。

次回はどんな展開が待っているのか、更新が待ち遠しいです。

まとめ

以上、「地獄楽」【123話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「地獄楽」【124話】ネタバレあらすじの掲載は1月4日の予定になります。

「地獄楽」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ 地獄楽【最新話】ネタバレまとめ