【怪獣8号:24話】最新話ネタバレ!怪獣の襲撃の違和感に気づいたカフカ

最新話ネタバレ

2020年1月29日に少年ジャンプ+で配信された「怪獣8号」(松本直也)の最新話【24話】のネタバレと感想をまとめました。

カフカは候補生から防衛隊員になり、ミナに隣で戦うにはまだ程遠いと言われました。

ミナから保科が推していたと聞き、カフカは驚きます。

立川基地の上空8000メートルでは、怪獣が新たな脅威を引き連れてやってきていました。

【怪獣8号:24話】最新話ネタバレ

怪獣の襲撃

保科は怪獣8号について考えていた。

怪獣8号から、人間のような違和感があったと思い出す保科。

さらに人間の言葉を話し、人間に化ける9号の登場。

怪獣に何が起きているのか…

保科に1%くらい期待していると言われたカフカ。

カフカは頬を叩き、保科の思いに応えたいと思った。

ようやく第一歩だとつぶやき、カフカは明日のために寝ることにした。

カフカが屋上から立ち去ろうとした時、上空からたくさんの物体が落ちてきた。

怪獣の狙い

保科は、何事かとオペレーションルームに確認する。

基地の敷地内に数十体の怪獣が出現したと報告。

現状から判断すると、怪獣は上空から襲撃していた。

推定強度は6.4や6.3など、各個体が全て本獣クラスだった。

夜間警備隊は、総員戦闘態勢に移行するように指示を出す保科。

非番の隊員たちにも緊急出動をかけ、各自戦闘準備にかかるよう指示が出される。

可能な限り怪獣を演習場に引き込む。

保科は、絶対に基地の外に出すなと伝えた。

とはいえ外の被害の報告はまだ上がっていない。

怪獣の狙いは防衛隊基地なのか、そう保科は考えた。

カフカが気づいた違和感

目の前で起きた出来事に、カフカは驚いていた。

基地が火の海に包まれている。

現れたのは翼竜系怪獣で、厄介なのが出たとカフカは思った。

翼竜系怪獣なら、この状況はおかしいと気づいたカフカ。

カフカは、保科に気になることがあると報告する。

翼竜系怪獣は毎年10体前後の報告がされている。

その全てに共通している特徴があった。

その特徴とは、全て単独行動なのだ。

しかし今回は群れで現れている。

「そうなると考えられることは1つ」と保科が言う。

プライドの高い翼竜系怪獣を束ねてしまうほど、目的を持って行動する超強力なリーダーの存在。

保科の前に、新たな人型の怪獣が現れた。

怪獣はターゲット確認と笑う。

そして保科はカフカとの連絡を切ったのだった。

怪獣8号など好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、怪獣8号【24話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、怪獣8号のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

▼怪獣8号のコミックスを読むならU-NEXTがお得!▼【怪獣8号】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

感想

保科の期待に応えたいカフカは、さらに強くなれそうです。

ミナと直接会話できて、とても嬉しそうでした。

カフカがやっと防衛隊員になれたのに、慶に浸っている時間は短くなってしまいました。

新たな人型の怪獣が現れました。

防衛隊が知らないだけで、もっといる可能性もあります。

この怪獣も人間の姿になるのでしょうか。

ハラハラする展開となっています。

カフカが怪獣8号になって、保科を助けるのかなと思ってしまいました。

怪獣8号が実はカフカだったと、そろそろ誰かにバレそうです。

次回は、この怪獣と保科の対決になりそうです。

保科がどのように怪獣と戦うのか、次回も楽しみです。

まとめ

以上、怪獣8号【24話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の怪獣8号【25話】ネタバレあらすじの掲載は2月5日の予定になります。