【怪獣8号:29話】最新話ネタバレ!諦めろと言われ続けた保科

最新話ネタバレ

2021年3月19日に少年ジャンプ+で配信された「怪獣8号」(松本直也)の最新話【29話】のネタバレと感想をまとめました。

変身していないのに察知能力が発動したカフカは、怪獣と戦う保科のことが気になってしまいました。

全開放してから10分が過ぎていた保科は、もって後1分だと思います。

それでも保科は戦い続けましたが、怪獣に投げ飛ばされてしまいました。

【怪獣8号】全話ネタバレ

▼怪獣8号のコミックスを読むならU-NEXTがお得!▼【怪獣8号】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

【怪獣8号:29話】最新話ネタバレ

諦めろと言われ続けた保科

保科は小さい頃、防衛隊は諦めるように言われたことがあった。

小此木の涙ながらの呼びかけに、保科は大丈夫だと答える。

しかし保科はかなりのダメージを受けているのか、血が流れていた。

シールド全開で立ち向かった保科だったが、全開放も解けてしまっている。

保科が外の状況を、小此木に確認する。

住民の避難完了まで後少しで、余獣との戦いも好転していると報告する小此木。

それを聞いて安心した保科は、務めを果たすために戦いを続ける。

でも保科の体は、戦える状況ではなかった。

保科は怪獣の体に刀で斬りかかる。

怪獣はその刀では倒されないと言う。

そんなことは保科が一番分かっていた。

ミナだけは違った

父親や上司から諦めろと言われていた保科だったが、ある人だけは違った。

保科が刀のスペシャリストだと聞いたミナ。

ミナに呼び出された保科は、いつものように諦めろと言われると思っていた。

「その力が必要だからうちの部隊に来てほしい」とミナは手を伸ばした。

これから先強敵が現れるかもしれない。

ミナは保科と違って、刃物が苦手だった。

だからミナが敵を射抜く時に、保科に道を切り開いてもらいたいと思っていたのだ。

そんなミナに留守を任されている保科は、戦うことを諦めるわけにはいかなかった。

死んでも大事なものを守るんだと思いながら、保科は攻撃を続けていく。

しかし怪獣に捕まってしまった。

役目を果たした保科

怪獣の拳の中にいる保科を見て、カフカはレノの言葉を思い出す。

レノは無理はしないでと言っていた。

カフカはレノに、ごめんと先に謝る。

「ここで変身したらダメだ」とレノは止めようとする。

それでも仲間を見捨てられないカフカは、変身しようとしていた。

よく耐えたと言う声が、カフカたちに聞こえてくる。

それは保科の声で、勝ったと言っていた。

すると怪獣の左腕が肩から外れ、大きな音を立てながら落ちていく。

副隊長である保科の務めは、隊長のミナへつなぐことだった。

ミナは小此木に申請省略だと伝える。

そしてミナは、戦力全開放96%で武器を構えたのだった。

怪獣8号など好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、怪獣8号【29話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、怪獣8号のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

▼怪獣8号のコミックスを読むならU-NEXTがお得!▼【怪獣8号】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

感想

保科は父に諦めろと言われても、刀を続けていました。

その結果副隊長になっています。

過去の努力が実を結んでいて、本当に良かったです。

保科が怪獣に追い詰められてしまい、さすがにヤバイかなと思ってしまいました。

それでも最後まで戦い続けていて、誇れる副隊長です。

ついにミナが戦場にやってきました。

戦力全開放96%のミナがどれほど強いのか、とても楽しみです。

ミナなら大怪獣クラスを、瞬殺してしまうのかなと期待したいです。

まとめ

以上、怪獣8号【29話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の怪獣8号【30話】ネタバレあらすじの掲載は4月22日の予定になります。

「怪獣8号」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ 怪獣8号【最新話】ネタバレまとめ