彼女、お借りします【162話】最新話ネタバレ!楽しそうな千鶴が抱えていたもの

最新話ネタバレ

2020年10月28日に週刊少年マガジン48号に掲載された「彼女、お借りします」(宮島礼吏)の最新話【162話】のネタバレと感想をまとめました。

千鶴とのストレッチが終わることには、和也の心拍数はマラソン完走後くらいのドキドキになっていました。

ボルダリングを楽しんでいた千鶴を見て、良い調子だと手応えを感じる和也。

幸せそうなおばあちゃんと孫とすれ違い、千鶴は少し辛そうな表情をしていました。

【彼女、お借りします】全話ネタバレ

彼女、お借りします【162話】最新話ネタバレ

蟹の攻撃力

テーブルには豪華な料理が並ぶ。

刺身にしゃぶしゃぶ、お寿司やコロッケ。

「蟹尽くしね」と楽しそうな千鶴。

しかし和也の表情は焦っていた。

本当にお金が足りるのか、不安になってお財布を確認する。

しゃぶしゃぶが7千円、刺身が3千円、お寿司が2千円。

これが蟹の攻撃力なのかと和也は痛感した。

「本当に平気なの?」と千鶴に聞かれ、計算通りだと和也は強がる。

この食事を乗り越えれば、あとはあまりお金はかからない。

千鶴に気兼ねなく楽しんでもらうためにも、和也は堂々と振る舞おうとする。

これで千鶴が笑顔になってくれるなら、安いものだった。

素敵な時間

千鶴はしゃぶしゃぶした蟹をタレにつけ、和也に渡してくれる。

驚く和也に、千鶴は一口目は食べてと言う。

レンカノの洗礼かと思いながら、和也は蟹を味わう。

口の中でほぐれ、プリプリの身の旨みが口いっぱいに広がっていく。

さらに千鶴の優しさと温もりが加わり、最高の味わいになっていた。

千鶴も美味しいと蟹を頬張っていて、和也ははこの笑顔で諭吉が救われると感じた。

料理を装ったり、お皿の整理をしてくれる千鶴。

全部やってくれる千鶴を見て、良い奥さんになりそうだと和也は思った。

そして千鶴がビールを注いでくれる。

豪華な食事にお酒、そして隣には気の利く美人な奥さん。

和也は王様気分に浸りながら、料理を楽しんだ。

薄くなった財布に涙目になる和也。

「今度から好きなものは蟹って答えるかも」と千鶴に言われ、和也は嬉しくなった。

何度千鶴を楽しませようとしても、いつも和也が楽しまされてしまう。

千鶴がデートを心から楽しんでくれたのか、和也には本当のことはわからない。

でも客である和也にできることは全部やれた。

千鶴の気持ちが少しでも軽くなったなら、それで良いと思った。

千鶴の震える背中

千鶴にこれで終わりか聞かれ、和也はもう1つだけやりたいことがあると答える。

和也が用意していたのは花火だった。

少し子供っぽかったか、でも夏デートの定番だと不安になってしまう和也。

千鶴が久々で楽しみと言うので、和也はほっとする。

線香花火を見つけ、おばあちゃんが大好きだったと話す千鶴。

そして千鶴が線香花火を始めたので、和也は水を汲みにいく。

小さい頃、おばあちゃんと線香花火をした時のことを思い出す。

千鶴がすぐに落としてしまうと、おばあちゃんが延長だとくっつけてくれた。

そして仕事から帰ってきたおじいちゃんも一緒に、みんなで線香花火を楽しんだ思い出だ。

和也が水を汲んで戻ってくると、千鶴の背中が震えていた。

震える背中を見た和也は、おばあちゃんが倒れた時に見せた千鶴の辛そうな

感想

デート中に何度か見せていた千鶴の辛そうな表情。

和也に気づかれないようにと、千鶴は明るく振る舞っていました。

線香花火で楽しかった思い出が蘇り、涙を堪えられませんでした。

ずっとデートを楽しんでいたと思っていた和也は、とても驚いているはずです。

和也は花火で、デートの締めくくりをするつもりだったと思います。

最後の最後で、千鶴が抱えていたものに気づいたのではないでしょうか。

レンカノの客かそれとも友達か、どのように千鶴に声をかけるのか悩むところです。

和也に声をかけられたら、千鶴は笑顔を作ると思います。

強がる千鶴に和也は寄り添えるのか、次回は注目したいです。

まとめ

以上、「彼女、お借りします」【162話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「彼女、お借りします」【163話】ネタバレあらすじの掲載は11月4日の予定になります。

「彼女、お借りします」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ 彼女、お借りします【最新話】ネタバレまとめ