【ケンガンオメガ:101話】最新話ネタバレ!速水が何度も立ち上がれる理由

2021年3月25日に裏サンデーで配信された「ケンガンオメガ」(サンドロビッチ・ヤバ子/だろめおん)の最新話【101話】のネタバレと感想をまとめました。

何度投げられても立ち上がる速水は、まだ笑っていました。

一夫は2人の実力差に驚き、このままでは速水が殺されると慌ててしまいます。

速水が三角絞めをすると、嵐山は決着をつけようと言いました。

▼ケンガンオメガの最新刊を読むならFODがお得!▼FODでケンガンオメガを無料で読む※最大900円分の漫画が無料で読めます!

【ケンガンオメガ】全話ネタバレ

【ケンガンオメガ:101話】最新話ネタバレ

攻めと攻防

三角絞めされた嵐山は、良い動きだと褒める。

そして嵐山は速水の足をつかんで、そのまま力技で外した。

しかし右腕と首はまだ抑えられたまま。

速水はガードポジションに切り替え、仕掛けるタイミングを狙っている。

「無理攻めも必要だが、今は耐える時だ」と話す嵐山。

そして嵐山は、速水の首と右腕も振り解いた。

大久保は、バウンドに警戒しろと叫ぶ。

速水はクローズガードをするが、少しずつ嵐山に詰められていく。

一夫もガードを固めてと伝える。

嵐山は打たないと思っていたロロン。

それが嵐山の弱点だが、最大の強みでもあった。

嵐山は速水のガードを攻略してしまう。

速水は笑いながら、自信をなくしてしまうと言った。

そして嵐山はサイドに回るが、速水が下から投げ飛ばす。

速水の反撃かと思われたが、嵐山は速水から離れた。

ころころ変わる戦況

嵐山は速水を蹴り飛ばすが、両腕でしっかりとガードされていた。

吹き飛ばされた嵐山は、体制を整える。

すかさず二発目の蹴りで攻める速水。

嵐山の顔に当たったはずなのに、足を掴まれ速水は地面に叩きつけられてしまった。

速水も負けずに頭突きでやり返す。

嵐山がのけぞったので、速水は顔面を蹴り飛ばした。

しかし再び嵐山に顔面から投げられてしまう。

ありさがカウントを始める。

嵐山はカウントはいらないと言う。

「死ぬほど痛いけど気分は最高」と笑い、速水は立ち上がった。

完成した最強の兵・速水

若槻と加納は、速水の姿を見て”アイツ”にそっくりだと思っていた。

速水勝正は完成したと喜んでいた。

目黒正樹は格闘家として、すごい才能を持っていた。

しかし狂気に飲まれてしまい、真の実力を発揮できなかった。

もし正樹が狂気をコントロールできていたら…

勝正は、正樹がついに覚醒したと喜ぶ。

利用していた蟲たちに、勝ったんだと心の中でつぶやく。

蟲の技術で、勝正は最強の兵を手に入れたのだ。

勝正はやれと叫ぶ。

本物を超えたクローンの速水の真骨頂は、ここからなのだった。

ケンガンオメガなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ケンガンオメガ【101話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、FODプレミアムの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、ケンガンオメガのコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<FOD公式サイト>
FOD公式サイト【ケンガンオメガ】をFODで今すぐ読む※無料期間中に最大900円分の漫画が無料で読めます!

感想

速水が何度投げられても立ち上がれていた理由がやっと分かりました。

さすがにここまでくると、血だらけでも笑う速水に狂気を感じてしまいます。

虫の技術を利用して最強の兵を作り出した勝正は、かなり気分が良さそうです。

でも最強の兵である速水を、なぜ大学では同好会に入れたのか気になります。

もっと早く覚醒できたかもしれません。

ちょっと気になる部分もありますが、今回の試合はスピード感があるので楽しいですね。

次回は覚醒した速水が攻めていくのか、注目したいと思います。

まとめ

以上、「ケンガンオメガ」【101話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ケンガンオメガ」【102話】ネタバレあらすじの掲載は4月1日の予定になります。

「ケンガンオメガ」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ケンガンオメガ【最新話】ネタバレまとめ