【ケンガンオメガ:103話】最新話ネタバレ!拳願会と煉獄が次に送り出すのは誰か

2021年4月15日に裏サンデーで配信された「ケンガンオメガ」(サンドロビッチ・ヤバ子/だろめおん)の最新話【103話】のネタバレと感想をまとめました。

「最後まで柔道で戦ってくれてありがとう、僕が勝ちます」と速水は言い、嵐山の顔面を殴り続けました。

戦いを終えた速水は、嵐山や兄よりも強くならないといけないと思います。

拳願会4勝、煉獄4勝で残る試合は5戦となりました。

▼ケンガンオメガの最新刊を読むならFODがお得!▼FODでケンガンオメガを無料で読む※最大900円分の漫画が無料で読めます!

【ケンガンオメガ】全話ネタバレ

【ケンガンオメガ:103話】最新話ネタバレ

龍鬼の覚悟

座っている龍鬼に、刹那は戻らないのと聞く。

龍鬼はまた殺してしまい、一夫や光我にも嫌われたから戻れないと答えた。

刹那は龍鬼に自己中心的だと言い、自分も同じだと話す。

「何度も過ちを犯して、愛する人を失ってしまった」と言った刹那。

そして刹那は、龍鬼はまだやり直せるから顔を上げてと伝える。

愛する人のために、修羅の道を進む覚悟はあるか。

そう刹那は龍鬼にささやいた。

赫の思い

嵐山は治療室へと運ばれて行く。

赫は、嵐山が負けるのは誤算だと思っていた。

嵐山が最強なのは間違いないのに、キングへの次期挑戦者が速水のような若造に負けてしまったのだ。

「勝敗は実力だけで決まるわけではない」と話すロロン。

ロロンは、勝負はこれからだと言った。

お見通しのロロンに、赫は味方でよかったと思う。

ニコラはロロンたちに、ルールの変更があるらしいと伝えにきた。

ルール変更

「次の試合から、先攻後攻がなくなるようです」と一夫が言う。

試合ルールに変更はなく、あくまで選手選考順の変更だ。

次の試合から先行だった拳願会。

一夫はラッキーだと言った。

大久保は納得がいかないようで、煉獄に対して怒っていた。

一夫はたぶん乃木が、圧をかけたはずだと話す。

水面下では、今も駆け引きが続いていたのだ。

拳願会は次の試合に誰を出すか、話し合いを始める。

お互いに4勝で、勝利までは3勝しなければならない。

王馬は誰でもいいから、勝てばいいだけだと話す。

若槻は清秋の使い所が問題だと思った。

なるべく清秋を試合には出したくないが、最後まで縺れた場合最終戦を任せることになるだろう。

そこで若槻は一夫に、最終的な決定権を持っていることを確認した。

次の対戦が決まる

豊田はルール変更を受けて、乃木もエグいことをするなとつぶやく。

でもどこか嬉しそうな出光。

乃木は優等生タイプだと思っていた出光は、意外と楽しませてくれると言う。

そして出光は、次は誰なのかとステージを見つめる。

ステージに現れたのはニコラだった。

赫はロロンの決定に不満はないが、ニコラで勝てるのかと思ってしまう。

ニコラはA級戦績4勝9敗で、過去にはB級に降格した事も…

ムラが激しいニコラだが、ロロンはハマった時の強さに期待していたのだ。

そして拳願会が送り出したのは、清秋だった。

大久保は、清秋のようなサイコパスを出していいのかと言う。

清秋に最後を任せるよりは、今がベストなのだ。

三朝は光我に、清秋を反面教師にした方がいいと伝えた。

いくら強くなっても、清秋のようになったら終わってしまうからだった。

ケンガンオメガなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ケンガンオメガ【103話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、FODプレミアムの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、ケンガンオメガのコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<FOD公式サイト>
FOD公式サイト【ケンガンオメガ】をFODで今すぐ読む※無料期間中に最大900円分の漫画が無料で読めます!

感想

嵐山の敗戦で、赫は焦っていました。

拳願会は連勝できれば、一気に勢いがつきそうです。

そんな重要な試合は、ニコラと清秋の対戦となりました。

強くなりすぎてしまった清秋と、ムラがあるがハマれば強いニコラ。

どんな展開になるのか読めない分、とても試合が楽しみです。

普通に考えれば清秋が勝ちそうですが、簡単にはいかないのが裏格闘です。

次回はどちらが最初に仕掛けるのか注目したいです。

まとめ

以上、「ケンガンオメガ」【103話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ケンガンオメガ」【104話】ネタバレあらすじの掲載は4月22日の予定になります。

「ケンガンオメガ」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ケンガンオメガ【最新話】ネタバレまとめ