【ケンガンオメガ:106話】最新話ネタバレ!凛が突き止めたニコラの正体

2021年5月6日に裏サンデーで配信された「ケンガンオメガ」(サンドロビッチ・ヤバ子/だろめおん)の最新話【106話】のネタバレと感想をまとめました。

ニコラは過去に特殊部隊に所属していて、そこで民間人の大量虐殺を起こし裏社会へと姿を隠しました。

試合ではニコラの最高反射速度を、清秋はわずかに上回っていたのです。

凛は写真のニコラを見て、資料で見たニコラではないと気づきました。

▼ケンガンオメガの最新刊を読むならFODがお得!▼FODでケンガンオメガを無料で読む※最大900円分の漫画が無料で読めます!

【ケンガンオメガ】全話ネタバレ

【ケンガンオメガ:106話】最新話ネタバレ

ニコラの技は毒ではなかった

ニコラが別人だと言う凛に、ネルネールは本当なのかと聞く。

凛は間違いないと答えた。

資料で見たニコラと、写真のニコラの雰囲気は似ている。

でも違うと凛は感じた。

ギロームに何のためにと聞かれた凛は、私の判断では話せないと伝える。

凛は1つの可能性を考えていた。

それは煉獄のニコラが蟲の成りすましの可能性だ…

ニコラの拳が当たった清秋の額から、血が流れている。

清秋の視界は右側しか無い。

突然左側の視界が戻った。

さっきの左腕の感覚がなくなった時と、同じだと清秋は思う。

もしニコラが毒を使っているなら、すぐに回復するはずがない。

そう思った清秋は、神経なのかと気づく。

ニコラは神経を狙って攻撃をして、神経に圧をかけて一時的に麻痺を起こす。

その結果体の一部が焼失したように感じてしまうのだ。

相手が感覚を失うタイミングは、ニコラも正確には把握できないはず。

そう清秋が考えているなら、正解だとニコラは思う。

ニコラの追い討ち

ニコラの右拳を、清秋は避ける。

一夫は、清秋なら捌くこともできるはずなのにと驚く。

清秋の動きを見たニコラは、また毒が回っていると気づいた。

神経を狙った攻撃だと思った加納は、あれではいつもの防御では防げないと考える。

相手の麻痺するタイミングはコントロールできないニコラ。

でもニコラにとって、それは大したことではないのだ。

清秋を麻痺させればどうせ勝てるから…

1回の麻痺は10秒から40秒ほどだ。

ニコラは毒を追加させようとするが、清秋は麻痺している方の肩をニコラの顔面に当てた。

地面にニコラが倒れると、ダウンだと解説者が言う。

ニコラは清秋に手を差し出して、こっちにおいでと言った。

なぜか清秋も倒れてしまい、2人ともダウンになってしまった。

ニコラは殺破手で清秋の横隔膜を麻痺させて、呼吸困難にさせたのだ。

容赦ないニコラ

カウントされていき、清秋は立ち上がろうと試みる。

すると立ち上がっていたニコラが、清秀を蹴り飛ばす。

ありさはダウン中の追撃はダメだと、ニコラを注意した。

息を乱しながらも、清秋は立ち上がった。

ニコラはヘヴィー級とミドル級の違いはと、清秋に質問をする。

答えは攻撃力だと言ったニコラは、殴りながら2問目を出した。

ヘヴィー級とミドル級で変わらないものはと問うニコラ。

左肺と心臓を攻撃された清秋は、膝から崩れ落ちる。

2問目の答えは耐久力で、一定の重量を超えると打たれ強さはほぼ同じなのだ。

人を殺すのにミドル級の攻撃力があれば、十分だとニコラは話す。

ニコラの正体

ニコラは煉獄のため、データをすぐに取り寄せることができない。

去年のダークウェブの件もあり、凛の証言だけでデータは持ち出せないだろう。

凛は何かが引っかかっていた。

これまでも蟲の成りすましは発覚しているが、本物とスペックが近い素体をベースにしていた。

そして見分けがつかないほど外見も作り上げていた。

でも今回は雰囲気は似ているが、面識のない凛がすぐに別人だと気づいたほどだ。

フランス政府が追っているニコラに、成りすますメリットはあるのだろうか。

ギロームからニコラが写る全ての写真を借り、凛は顔を確認するがはっきりしていないものばかり。

この写真はとギロームが凛に渡す。

それを見た凛の表情が変わった。

凛が知っているニコラは、その写真に写っていた男なのだ。

彼はジャン・リュックで、ニコラと同じ部隊に所属していた。

ニコラは空を見上げて、ジャンを殺した夜を思い出していたのだった。

ケンガンオメガなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ケンガンオメガ【106話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、FODプレミアムの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、ケンガンオメガのコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<FOD公式サイト>
FOD公式サイト【ケンガンオメガ】をFODで今すぐ読む※無料期間中に最大900円分の漫画が無料で読めます!

感想

ニコラの技が毒ではなく、神経の麻痺だと気づいた清秋。

仕組みが分かっても、清秋は防ぐことができませんでした。

視界や手足などの感覚が無くなってしまうのは、殴り合いでは致命傷です。

麻痺の継続時間は長くても40秒です。

何度も繰り返されると、ダメージは蓄積されていきます。

ここからどうなっていくのか、とても気になります。

凛は、ジャンがニコラに成りすましていると気づきました。

ニコラが言っていた夜に、何があったのでしょうか。

なぜ成りすますことになったのか、その過去が知りたいなと思いました。

まとめ

以上、「ケンガンオメガ」【106話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ケンガンオメガ」【107話】ネタバレあらすじの掲載は5月13日の予定になります。

「ケンガンオメガ」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ケンガンオメガ【最新話】ネタバレまとめ