【ケンガンオメガ:107話】最新話ネタバレ!ニコラを尊敬しすぎたジャンの末路

2021年5月13日に裏サンデーで配信された「ケンガンオメガ」(サンドロビッチ・ヤバ子/だろめおん)の最新話【107話】のネタバレと感想をまとめました。

ニコラは神経を狙って攻撃をして、神経に圧をかけて一時的に麻痺を起こしていました。

ギロームからニコラが写る全ての写真を借りた凛は、写っているジャンが知っているニコラだと気づきます。

試合中のニコラは空を見上げて、ジャンを殺した夜を思い出していました。

▼ケンガンオメガの最新刊を読むならFODがお得!▼FODでケンガンオメガを無料で読む※最大900円分の漫画が無料で読めます!

【ケンガンオメガ】全話ネタバレ

【ケンガンオメガ:107話】最新話ネタバレ

ジャンとニコラ

戦場でタバコを吸っているジャンに、ニコラは今日も無事だったなと声をかける。

ジャンはニコラの親友で、一緒に地獄を乗り越えた地を超えた兄弟だった。

部隊に名前はなく、ニコラたちは存在しない秘密部隊だ。

配属された時点で個人データは消され、死んでも何も残らないようになっている。

そんな部隊に集められたのは、ニコラ以外は身寄りのない人ばかり。

ジャンはニコラを尊敬していて、自らここにきたニコラは英雄だった。

ニコラは軍のキャリアを捨て、苦難の道を選んだ勇者なのだ。

ニコラはジャンにとって支えになっている。

ジャンは、ニコラが世界の主人公だと思っていた。

ジャンの世界の主人公

ある晩、ニコラはジャンに死ぬには良い夜だと言った。

政府は一枚岩ではなく、ここで死んでも誰も気づかないと話すニコラ。

周りで死んでいるたくさんの人は民間人。

ニコラは、邪魔だから殺したと言う。

「ずっとこの日を待っていたんだ」とニコラは笑った。

ジャンは涙を流しながら、ニコラに殴りかかった。

ずっとニコラを崇拝していたジャン。

ニコラは強くて美しくて、ジャンの世界の主人公だった。

そんな主人公のニコラを、ジャンは自分の手で殺してしまったのだ。

目の前で血だらけで倒れているニコラは、もう動かなくなっていた。

なぜニコラが死ぬのか、ジャンは分からない。

「そういうことか、さよなら親友よ」とつぶやいたジャン。

清秋による正義執行

ジャンは、ニコラは自分だったと思ったのだ。

そしてニコラになりすまして、今清秋と戦っているのだ。

ニコラの蹴りが決まり、清秋はよろけてしまう。

そこをニコラに攻められ、清秋は再びダウンになってしまった。

清秋は手を麻痺されていたのか、防御ができていなかった。

観客席にいた瞬花は、清秋に正義を見失わないでとエールを送る。

カウント3で立ち上がった清秋だったが、ニコラに顎を殴られてしまう。

王馬はニコラのダメージが回復していて、このままでは厳しいと思った。

ニコラはチャンスを見逃さず、清秋に連続攻撃をしていく。

すると清秋はニコラに抱きつき、首元に噛み付いた。

ニコラの首元からは血が吹き出している。

正義執行だと清秋は言ったのだった。

ケンガンオメガなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ケンガンオメガ【107話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、FODプレミアムの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、ケンガンオメガのコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<FOD公式サイト>
FOD公式サイト【ケンガンオメガ】をFODで今すぐ読む※無料期間中に最大900円分の漫画が無料で読めます!

感想

なぜニコラが偽物だったのか、その謎がやっと解けました。

ジャンは、本当にニコラを尊敬していました。

その気持ちが大きくなりすぎてしまった結果、その手でニコラを殺めてしまったのです。

自分こそがニコラだと思い込んでしまったジャン。

ジャンは真っ直ぐな性格なんだろうなと思いました。

試合では、清秋が正義執行をしました。

一気に試合が動きそうです。

次回はこのまま決着となるのか、とても楽しみです。

まとめ

以上、「ケンガンオメガ」【107話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ケンガンオメガ」【108話】ネタバレあらすじの掲載は5月20日の予定になります。

「ケンガンオメガ」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ケンガンオメガ【最新話】ネタバレまとめ