【ケンガンオメガ:108話】最新話ネタバレ!まるで殺し合いのような戦いをする清秋とニコラ

2021年5月20日に裏サンデーで配信された「ケンガンオメガ」(サンドロビッチ・ヤバ子/だろめおん)の最新話【108話】のネタバレと感想をまとめました。

ジャンはニコラを尊敬していて、ニコラが世界の主人公だと思っていました。

ニコラを殺してしまったジャンは、自分がニコラだったんだと信じてしまったのです。

清秋はニコラに抱きつき、首元に噛み付き正義執行だと言いました。

▼ケンガンオメガの最新刊を読むならFODがお得!▼FODでケンガンオメガを無料で読む※最大900円分の漫画が無料で読めます!

【ケンガンオメガ】全話ネタバレ

【ケンガンオメガ:108話】最新話ネタバレ

清秋の正義執行

ニコラの首から血が吹き出す。

大久保は、だからヤバいと思ったんだと叫ぶ。

コスモがやられた時と同じだった。

清秋はそのまま噛みちぎってしまう。

ニコラは、清秋は苦しんで死にたいんだと感じた。

清秋はニコラの攻撃を、左腕で防ぐ。

すでに麻痺は治っていたのだ。

そして清秋は拳をニコラの頭に振り落として、正義執行をした。

そのままニコラは顔面から地面に叩きつけられた。

実況者は、これで決着かと言った。

無惨な姿になってしまうニコラと清秋

倒れたニコラは、清秋の左足に指を突き刺す。

すると清秋は、左足の先の感覚が無くなり倒れてしまう。

清秋は、ニコラの往生際の悪さに呆れる。

ひざまずく清秋の首元に、ニコラは殺破手を繰り出す。

清秋は両手で防御をするが、ニコラは両腕で殴り始めた。

カウント中の攻撃は禁止されているが、ニコラは攻撃を止めない。

このままではニコラの反則負けか、没収試合になる可能性が出てきた。

清秋は両腕を麻痺されてしまう。

それでも清秋は頭突きの乱れ打ちで、ニコラに反撃していく。

頭突きは自分へのダメージもあり、清秋の攻撃は正気の沙汰とは思えない。

腕の感覚が戻った清秋は、制圧の壁の構えを取る。

ニコラは血だらけの顔で笑みを浮かべ、しねとつぶやいた。

赫は、そういうことなのかと思う。

ニコラは殺すためでなければ、本気が出せないのだ。

殺しが禁止されている煉獄では、ニコラが結果を出せないのは仕方がない。

ロロンによる強制終了

ニコラの攻撃を避けた清秋は、顔面に掴みかかる。

しかしニコラに顔面を蹴られてしまう。

再び2人が倒れてしまい、カウントが始まった。

カウントが始まっても、2人は止まらない。

このままでは2人は止まらず、どちらかが命を落とすと思ったありさ。

ありさは総員集合だと言い、2人を引き離すことを決めた。

俺がやるとステージに上がったロロン。

ロロンは2人の顔面を叩いて、強引に引き剥がした。

2人を簡単に吹き飛ばすロロンに、王馬は強いと驚く。

「試合は終わりで異論はないな?」とロロンは言ったのだった

ケンガンオメガなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ケンガンオメガ【108話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、FODプレミアムの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、ケンガンオメガのコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<FOD公式サイト>
FOD公式サイト【ケンガンオメガ】をFODで今すぐ読む※無料期間中に最大900円分の漫画が無料で読めます!

感想

ニコラと清秋の戦いは、見ていられないほどの残酷さでした。

お互いに死を恐れていない上、相手が死ぬことをなんとも思っていません。

ありさが試合を止めなかったら、確実にどちらかが死んでいたはず。

そしてあの2人を簡単に吹き飛ばすロロンには、驚かされました。

試合終了になりましたが、勝敗はどうなるのでしょうか。

拳願会にとっては、とても重要な勝敗です。

2人の試合はどのような決着になるのか、次回も楽しみです。

まとめ

以上、「ケンガンオメガ」【108話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ケンガンオメガ」【109話】ネタバレあらすじの掲載は5月27日の予定になります。

「ケンガンオメガ」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ケンガンオメガ【最新話】ネタバレまとめ