【ケンガンオメガ:111話】最新話ネタバレ!徳道に劉の発勁が効かない理由

2021年6月10日に裏サンデーで配信された「ケンガンオメガ」(サンドロビッチ・ヤバ子/だろめおん)の最新話【111話】のネタバレと感想をまとめました。

試合が始まるとサンボVS中国拳法になり、滅堂は面白そうだと言いました。

「感情の起伏が弱点、劉が冷静さを欠けば勝てないだろう」と言うロロン。

タックルをした徳道は劉に顔面を殴れますが、頑丈なので一発なら耐えられるのでした。

▼ケンガンオメガの最新刊を読むならFODがお得!▼FODでケンガンオメガを無料で読む※最大900円分の漫画が無料で読めます!

【ケンガンオメガ】全話ネタバレ

【ケンガンオメガ:111話】最新話ネタバレ

追い詰める徳道

柔道で実績を残したある格闘家は、サンボを学ぶためにロシアへと渡った。

しかしロシアでは柔道の技術が通用せず、勝てなかった。

勝てない原因は力の使い方の違い。

柔道は曲線的な柔らかい動きに対して、サンボは直線的で力強い動きだった。

柔道が劣っていたわけではなく、性質の違いだ。

サンボを極めるためには専用の鍛錬が必要で、それは筋力だった。

徳道の拳が劉の顎にクリティカルヒット。

さらに劉の手首を掴んでいた徳道は、そのまま投げ技で地面に叩きつける。

受け身が取れなかった劉は、ダウンしてしまう。

ありさがカウントを始める。

劉は焦るなと自分に言い聞かせながら、深呼吸を意識する。

カウント9でなんとか立ち上がった劉。

打撃では劉が有利だが

深呼吸をして、劉は仕切り直した。

徳道の拳は馬力はあるが、素人の打撃だ。

劉は化勁で流せると考えた。

打撃で負けない自信があった劉は、打撃戦へと持ち込む。

体格差では徳道が有利だが、打撃では劉の領域だ。

アドバンテージは劉にあった。

そして劉の蹴りが、徳道の顔面にヒットする。

反応できなかった徳道は、よろけて体勢を崩してしまう。

そこを見逃さなかった劉は、徳道の腹を右手で殴る。

決まったと手応えを感じる劉。

次の瞬間、徳道が両手で劉の顔面を掴んだ。

「最悪の気分だが、また耐えられた」と徳道が言う。

そして徳道は顔面を掴んだまま、劉を地面に叩きつけた。

ロロンが考えた2人の差

徳道に発勁が効かず、劉はなぜ倒れないんだと困惑している。

ロロンは、紙一重だと思っていた。

発勁を2度食らった徳道は、すでに倒れていてもおかしくないダメージを負っている。

それでも徳道が立てているのは、駆け引きで劉を上回ったから。

ありさのカウントは進んでいく。

劉の発勁の威力はロロンも認めているが、技の威力で勝てるような相手ではない。

急所を狙っていた劉だが、だからこそ狙いが分かりやすかった。

狙われている場所が分かれば、徳道は備えられる。

徳道は急所をわずかにずらして、ダメージを軽減させていたのだ。

普通ならそれでも終わりのはずだが、徳道の打たれ強さがあって成立する戦法だった。

発勁が徳道に効かず、劉は負けるのかと思ってしまう。

ナイダンのことを思い出した劉は、再び立ち上がった。

怪力で頑丈、さらに投げ技を使う徳道。

劉は徳道のスタイルが、ナイダンと似ていることに気づく。

それなら勝てると思った劉は、徳道に二段蹴りを食らわせたのだった。

ケンガンオメガなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ケンガンオメガ【111話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、FODプレミアムの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、ケンガンオメガのコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<FOD公式サイト>
FOD公式サイト【ケンガンオメガ】をFODで今すぐ読む※無料期間中に最大900円分の漫画が無料で読めます!

感想

劉と徳道は体格差はありますが、総合的には互角なんだなと思いました。

徳道は打たれ強さでダウンはしていませんが、ダメージは蓄積しています。

何度も発勁を受けていれば、いつか倒れる時がやってきます。

そして劉は、ナイダンと徳道のスタイルが似ていることに気づきました。

この気づきで、試合の流れは変わりそうです。

劉がなぜ勝てると思ったのか、その理由に次回は注目したいです。

まとめ

以上、「ケンガンオメガ」【111話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ケンガンオメガ」【112話】ネタバレあらすじの掲載は6月17日の予定になります。

「ケンガンオメガ」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ケンガンオメガ【最新話】ネタバレまとめ