ケンガンオメガ【73話】最新話ネタバレ!ムドーという男の正体

最新話ネタバレ

2020年9月3日に裏サンデーで配信された「ケンガンオメガ」(サンドロビッチ・ヤバ子/だろめおん)の最新話【73話】のネタバレと感想をまとめました。

光我はユリウスたちに圧倒され、言葉を失ってしまいます。

ユリウスと闘った若槻は、この程度では倒されたないと確信していました。

そしてムドーの右手を掴んだユリウスは、ムドーの腹を殴りました。

ケンガンオメガ【全話】ネタバレ

ケンガンオメガ【73話】最新話のネタバレ

大戦士の血を受け継ぐ男

ニュージーランドのフィヨルドランド国立公園。

公園の地形は、氷河によって削られ形成されている。

そしてもう一人、ある男によって…

ジョナ・ムドーはマオリ族伝説の勇者だった。

外敵を退けた逸話は数知れず、マオリ族の精神的な指導者でもある。

今も語り継がれている最強の武人なのだ。

ムドーはニュージーランドの守護者だった。

そして大戦士の血を受け継ぐ男。

それが”破壊獣”のトア・ムドーなのだ。

期待されるムドー

ムドーは隼と同じで、中国の裏格闘技団体”英雄故事”から引き抜かれた。

ミドル級と無差別級のチャンピオンを同時に引き抜いた。

それがきっかけで、チャイニーズマフィアと揉めたことも…

マオリ族の戦士の末裔で、ムドーの思考は東洋武術に通じるものがある。

エドワードはドームの地下にある温水プールにいた。

気に入ったエドワードは、出光に「ここは素晴らしい」と伝える。

出光の遊び心を気に入っているのだ。

その点では拳願会にも勝っている。

「上に来ないのか?」と出光に聞かれ、「この試合はモニターで十分」とエドワードは答えた。

試合が動く

ムドーの腹を殴ったユリウスは、何かに気づいた。

腹に拳が入っていかない。

ムドーにやり返されてしまい、ユリウスは地面に叩きつけられる。

そしてムドーは踏み潰そうとするが、ユリウスは左手で受けた。

ユリウスは立ち上がり、ムドーを殴っていく。

連続で繰り出されるユリウスの拳に、観客たちは「死ぬぞ」と騒ぎ始める。

対決を見ていた王馬は、「これはヤバい」と若槻に言う。

ユリウスの拳は、ムドーの顔面をとらえた。

しかしムドーの呼吸する山が炸裂して、顔面を殴り返される。

その衝撃で吹き飛ばされるユリウス。

蟲の正体

レフェリーのありさは、カウントをしていく。

このままダウンしてしまうのか…

王馬は「やはりこうなった」とつぶやく。

ムドーは力の流れを変えて、ユリウスのパンチのダメージを捌いていた。

最後のムドーの裏拳は、ユリウスの攻撃の威力をそのまま跳ね返したのだ。

「その技は」と驚く若槻。

王馬も確証はなかったが、似ているのは間違いないと思っていた。

ムドーが使っている技は、二虎流・操流ノ型にそっくりなのだ。

最初にユリウスが倒された時、拳が胴体に不自然なほどめり込んでいた。

もしそれが”脱力”だとすれば、全身の筋肉を緩めてダメージを散らしていた。

まさかムドーは煉獄に入り込んだ”蟲”なのか…

倒れているユリウスに、ムドーは「背負ったものの重さが違う、お前は戦士ではない」と言ったのだった。

感想

このままユリウスも倒されてしまうのでしょうか?

エドワードがモニターで十分と言っていたのは、こうなることを予測していたのかも知れません。

あのユリウスがここまで相手にされないのか…

なぜムドーが二虎流の技を使えるのか、とても気になります。

ムドーの過去にまだ何かありそうです。

そしてユリウスは立ち上がれるのか、次回も楽しみです。

まとめ

以上、ケンガンオメガ【73話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回のケンガンオメガ【74話】ネタバレあらすじの掲載は9月10日の予定になります。

「ケンガンオメガ」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ケンガンオメガ【最新話】ネタバレまとめ