ケンガンオメガ【90話】最新話ネタバレ!加納と呂天の違いが明らかになる

2021年1月7日に裏サンデーで配信された「ケンガンオメガ」(サンドロビッチ・ヤバ子/だろめおん)の最新話【90話】のネタバレと感想をまとめました。

三鬼拳”百足”の呂天と加納の戦いは、加納のペースで進んでいきます。

「あの男の技”無形”を支え」と加納は呂天に言いました。

アランは蟲組が言う”虎の器”が、彼のことなのかと思いました。

▼ケンガンオメガの最新刊を読むならFODがお得!▼FODでケンガンオメガを無料で読む※最大900円分の漫画が無料で読めます!

ケンガンオメガ【全話】ネタバレ

ケンガンオメガ【90話】最新話ネタバレ

本物の呂天

呂天と加納は、同じ構えで同じ動きをしている。

これは偶然なのだろうか…

王森は無形を使う加納を見て、加納と同じ技の使い手かとつぶやく。

滅堂も蟲は1匹ではなかったと言う。

「奴もなり変わりか、事前の調査ではシロだったが」と話す乃木。

二階堂はそれはあり得ず、あの男は呂天本人だと言う。

滅堂も本物だと思っていた。

背乗りをするのは、蟲の下級戦闘員や諜報部隊の連中だ。

一方上級戦闘員のほとんどが戸籍と同一人物。

「本物であるからこそ、蟲と見破れない」と話した滅堂。

別人を演じ続ければ、いずれは無理がくる。

私は違うと言う呂天。

喜怒哀楽・愛憎善悪が本当の呂天だからこそ、今日まで誰も正体に気づかなかった。

加納と呂天は、”同じ地獄”を生き抜いた同志でもある。

「俺の手で地獄へ送り返す」と呂天は話した。

蠱毒

加納はやはり呂天も生き残りかと思った。

”蠱毒”を知っているだろう。

そう加納に言ってきた男がいた。

ある場所に集められた加納たちは、1人になるまで殺し合うように言われる。

房は完全な密室になり、次に扉が開くのは3ヶ月後。

身につけているものは大事にしろと言われる。

加納たちが手首につけている輪は、生存をチェックする機能が付いている。

水・食料・空気。

一人が1ヶ月生き抜くギリギリしか無い。

「期待している、俺が直々に鍛えた愛弟子だからな」と言う男。

男は頑張れ、勝ち抜けば正規戦闘員だと伝える。

犠牲なくして手に入るものなどない。

「犠牲を払え」と言ったのは、もう一人の十鬼蛇二虎なのだった。

理解できない

加納に武術を教えたのは十鬼蛇二虎だ。

十鬼蛇二虎は、十鬼蛇王馬の師匠だった二虎とは明らかに別人だった。

二虎とはかつて臥王鵡角の弟子だったもののコードネーム。

臥王鵡角の孫を自称する臥王龍鬼は、何か知っているのだろうか。

まずは呂天だ。

「知っていること全て話してもらう」と言う加納。

加納が顔面を殴ろうとすると、呂天の頭がニュルッと避ける。

そして呂天の拳が加納の顎に当たった。

2人は殴り合いを繰り広げる。

光我は何が起きているのか分からない。

拳眼を持っている光我は、攻防を捉えることはできる。

しかし理解が追いつかないのだ。

超一流の思考は、理解を置き去りにしてしまう。

崩れる加納

2人とも攻撃をかわしていた。

加納はチャンスだったのに、突然動きを止めた。

王馬は止めて正解だと言う。

2人のスタイルは王馬と違い、狙いが全て読めるわけではない。

「もし止めていなかったら加納は負けていた」と言う王馬。

光我はなんとか2人の動きを追えていたが、攻防の意味が分からない。

これが拳願仕合のトップだった男なのか…

無形VS無形。

試合開始から5分が経過したが、互角の攻防が続いている。

呂天の拳が、加納の顔面に当たった。

それは崩れる合図だった。

呂天に押され、加納は後ろに下がる。

加納は無形で退き、大久保は嘘だろと驚く。

加納と呂天の違い

「質の違いを理解したか?」と言う呂天。

呂天は蠱毒房を生き抜いて正式な十鬼蛇二虎の弟子になった。

出奔した加納とは”技の深度”が違うのだ。

そして呂天は、十鬼蛇二虎が二虎流を棄てたと言う。

その理由は究極の技法である無形が、完成した他にない。

完全なる無形の体現者である呂天。

不完全な無形の加納と、同列だと思うなと呂天は叫ぶ。

「舐められたものだ」と構えをとる加納なのだった。

ケンガンオメガなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ケンガンオメガ【90話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、FODプレミアムの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、ケンガンオメガのコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<FOD公式サイト>
FOD公式サイトFODでケンガンオメガを無料で読む!※無料期間中に最大900円分の漫画が無料で読めます!

感想

同じ無形で戦っていた加納と呂天。

呂天のいう”技の深度”が、重要になってくるのかなと思いました。

ほぼ同じ体格で同じ無形の2人。

最後は気力の勝負になるかもしれません。

ラストに描かれていた加納は、まだまだ戦えそうです。

拳願会にとって落とせない1戦でもあります。

加納がここからどう戦っていくのか、次回も楽しみです。

まとめ

以上、「ケンガンオメガ」【90話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ケンガンオメガ」【91話】ネタバレあらすじの掲載は1月14日の予定になります。

「ケンガンオメガ」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ケンガンオメガ【最新話】ネタバレまとめ