【ケンガンオメガ:91話】最新話ネタバレ!夏忌が知っている呂天のヤバさ

2021年1月14日に裏サンデーで配信された「ケンガンオメガ」(サンドロビッチ・ヤバ子/だろめおん)の最新話【91話】のネタバレと感想をまとめました。

喜怒哀楽・愛憎善悪が本当の呂天だからこそ、今日まで誰も正体に気づきませんでした。

2人は殴り合いを繰り広げますが、光我は2人の攻防を理解し切れません。

超一流の思考は、理解を置き去りにしてしまうのでした。

▼ケンガンオメガの最新刊を読むならFODがお得!▼FODでケンガンオメガを無料で読む※最大900円分の漫画が無料で読めます!

【ケンガンオメガ】全話ネタバレ

【ケンガンオメガ:91話】最新話ネタバレ

怪しい呂天の動き

構えをとる加納に、呂天は走り込んでいく。

呂天の拳を受け止めた加納。

そして加納は体を下げ、呂天の拳を避け腹にパンチを決めた。

加納は、さらに連続で殴りかかる。

光我は滅多打ちする加納を見て、これは勝っただろと叫ぶ。

呂天は人間とは思えない首の動きで、加納の攻撃を避けていた。

これが”武の極致”なのかと思った呂天は、ぬるいと感じた。

一夫は呂天が、脱力でダメージを流していることに気づく。

加納に敵は何かを狙っているから、手番を握らせてはダメだと忠告する一夫。

呂天と夏忌

エドワードに首元を掴まれている夏忌は、落ち着こうと説得していた。

蟲組は報連相ができていないから、気に入らないと言うエドワード。

夏忌は謝るが、夏忌自身も何も聞いていなかった。

「何か隠しているだろ?痛い思いをしたくはないだろ?」とエドワードが問いかける。

何も隠していないと夏忌は訴え、呂天が蟲だとは知らなかったと答える。

夏忌は呂天に、俺の下につけと言ったことがあった。

十鬼蛇二虎は、言って終えば”外様”だ。

その下についていても、蟲の中核には食い込めない。

夏生はいずれ蟲の頭領になるから、どっちを選ぶべきか分かるだろと言う。

「蠱毒から逃げた男には相応しくない」と呂天は話す。

夏忌は蠱毒は替えがきく兵隊がやっていればいいと言う。

すると呂天は、夏忌は替えどころか蟲に不要だと言ったのだ。

交渉決裂だと言った夏忌は、仲間に殺せと指示した。

呂天はあっさりと男たちを倒して、夏忌に生かしてやろうと言った。

「我ら蟲のために励め」と話した呂天。

夏忌はどんな犠牲を払ってでも、あのとき殺すべきだったと思っていた。

形成逆転

呂天は、蟲への忠誠心など持っていない。

だからこそ呂天は危険なのだ。

加納の拳をかわした呂天は、反撃を始める。

攻守が入れ替わり、加納は凌いでいく。

光我が人の戦いに驚いていると、王馬が加納は反撃を狙っていると言う。

一瞬の隙を見逃さなかった加納が、呂天の顔面を蹴りで狙った。

呂天は蹴りを避けて、加納を地面に叩き落とす。

2人はそのまま掴み合いになる。

加納は呂天に投げ飛ばされてしまった。

一夫はあの”滅堂の牙”がと驚いている。

倒れている加納を、呂天は容赦無く踏みつけていく。

加納は両手で受け身を取っている。

もうお終いかと叫ぶ呂天。

すると加納は、貴様はもう終わりだと言ったのだった。

ケンガンオメガなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ケンガンオメガ【91話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、FODプレミアムの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、ケンガンオメガのコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<FOD公式サイト>
FOD公式サイトFODでケンガンオメガを無料で読む!※無料期間中に最大900円分の漫画が無料で読めます!

感想

蟲である呂天は、頭のネジが外れているほど危険です。

夏忌がかなり恐れていることから、そのヤバさが伝わってきました。

呂天は蟲ですが、蟲への忠誠心はありません。

だからこそやりたいように戦っているようです。

かなりピンチの加納ですが、呂天に終わりだと言っています。

王馬も加納は反撃を狙っていると…

このまま終わりではなさそうですが、どう逆転するのでしょうか。

呂天はあまりダメージを受けてなさそうです。

長期戦で戦うつもりなのかなと思いました。

次回はどんな戦いが見れるのか、更新が楽しみです。

まとめ

以上、「ケンガンオメガ」【91話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ケンガンオメガ」【92話】ネタバレあらすじの掲載は1月21日の予定になります。

「ケンガンオメガ」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ケンガンオメガ【最新話】ネタバレまとめ