【キングダム:675話】最新話ネタバレ!桓騎軍に後退なし

最新話ネタバレ

2021年4月1日に週刊ヤングジャンプ18号に掲載された「キングダム」(原泰久)の最新話【675話】のネタバレと感想をまとめました。

対趙国戦では王翦、桓騎、楊端和の三軍が侵攻しています。

王翦と桓騎の双方から呼ばれた飛信隊は、王翦に組み込まれることを願いながら北上していきます。

一方、彩華と結婚して子供まで授かった王賁は一足先に戦場に到着していました。

玉鳳隊は桓騎が担当する険地「影丘」の攻略を命じられたのです。

多数の戦死者が出る厳しい戦場で玉鳳隊は成果を上げられるのでしょうか。

【キングダム】全話ネタバレ

▼キングダムの最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTで週刊ヤングジャンプを無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえる!

【キングダム:675話】最新話ネタバレ

桓騎兵も痛みを分かち合え

影丘前線に到着した王賁が死屍累々の状況を眺めている。

関常は「そもそも影丘を攻略しようとしている戦略が間違っている」と文句をつける。

同じく番陽も「桓騎に伝令を送り戦略の見直しを願うべきだ」と提案する。

対策が決まる間もなく、六大将軍桓騎の大参謀にして紳士の摩論が現れた。

つっこみを期待して嫌味たらしく自己紹介した摩論だが、堅物の玉鳳たちに完全に無視されて残念がる。

さて、摩論は桓騎の戦略を説明する。

だが、その説明を最後まで聞かず、関常は作戦の練り直しを要求する。

「はい?」とふてぶてしい顔を崩さず関常の方を向く摩論。

関常もまったく引かず「影丘を狙うのは無謀ではなく馬鹿だ」と言い放つ。

摩論は一笑して「そのようなやり方で桓騎は成果を上げてきた」と告げる。

理解など不要。

これは命令だ。

そのように宣告する摩論に関常は「了承しかねる」と反論するが、摩論は「却下する」と平行線のままだ。

見かねた王賁が口を挟む。

桓騎の意図は分かる。

影丘を突破した後に中央、右翼の援護に向かえば一気に勝敗は決まるだろう。

だが影丘を抜く兵力が全然足りない。

王賁は「中央軍から兵力を回せ」と要求する。

それもただの兵ではなく「桓騎兵」を要求する。

もしも王翦の命令だったなら

王賁は気付いていたのだ。

影丘に回されたのは他から集められた兵たちだ。

「別にそれは悪いことではない」と亜花錦が漏らすが、関常が「だまってろ」と叱りつける。

「大将なら死地に送る兵の差別をするな」と王賁は睨みつける。

飄々とした摩論は「桓騎兵はまとめていた方が強い」と語る。

「それに差別しているのは王賁の方だ」と告げる。

なぜなら、もし影丘攻めが王翦の命令だったなら、王賁は文句一つ言わずに従ったはずだから。

痛いところを突かれた関常たちは口をつぐむ。

ニヤリと笑った摩論は再び影丘を攻めるように指示を出す。

摩論はさらに「もし桓騎が平陽に辿り着けなければ玉鳳隊の責任だ」とまで言い放った。

桓騎の狙い

前線に到着した飛信隊だが、特に指示もなく待機状態にあった。

玉鳳隊の状況が報告され、危機感を募らせる。

その頃、玉鳳隊は桓騎軍左翼で影丘攻めを開始していた。

王賁には冷徹に命令を出していた摩論だが、桓騎には「王賁でも影丘は抜けない」と報告する。

桓騎は「かもな」と意にも返さない。

摩論は釈迦に説法かもしれないが「左翼の王賁が崩壊すると桓騎軍そのものが危険になる」と念を押す。

思い切って「後退しては?」と軽く進言してみる。

「かもな」と答えた桓騎は中央と右翼に伝令を指示する。

喜んだ摩論に伝えられた伝令は「もう少し前に押し出せ」だった。

「ええ?」…まったく摩論の意図は組み入れられなかった。

桓騎が囮になっているのか?

三軍の中で突出した桓騎軍を狙って趙国大将軍扈輒が動き出した。

およそ15万になる軍隊が桓騎軍に向けて出発したのである。

扈輒の動きを知った摩論が慌てる。

本当は他の軍に突出させて、美味しいところを桓騎軍が食べる予定だったのだ。

「逆に王翦に美味しいところを食べられる」と悔しがる摩論は「仕方ないが今なら後退できる」と進言する。

その摩論の意見を意に返さず、桓騎はさらに「前進」を告げる。

キングダムなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、キングダム【675話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、「キングダム」のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【キングダム】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

U-NEXTなら「キングダム」のアニメも全話無料でイッキ見できます。

感想

影丘攻めという無謀な戦略に表立って反旗を翻す関常は中々の胆力ですが、下手すると責任が王賁に及ぶので冷や冷やですね。

あいかわらずアホっぽく見えて本質をついてくる亜花錦が頼もしいです。

また活躍しそうな感じがします。

さて、王賁が左翼に組み込まれてました。

危機に陥っている桓騎も引く気配はありません。

まさかあの桓騎が囮を引き受けるとも思えませんが、その真意はどこにあるのでしょうね。

まとめ

以上、「キングダム」【675話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「キングダム」【676話】ネタバレあらすじの掲載は4月8日の予定になります。

「キングダム」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ キングダム【最新話】ネタバレまとめ